2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

募集馬見学ツアー

「夏より早い店終い」グレイシャスギャル(未勝利で引退)

2019_03_31_img_9999_19

固くて、後脚が緩くて、ダメでした。それにしても例え母馬の馬名の一部とはいえ、時代は巡って死語となった「ギャル」の文字を馬名に入れてはいけません。完全なクラブ側のミス、馬名をHPで見た時、ガッカリし、興味がなくなりました、こういうのは行けません、苦しみながら名前を考えた方にも非礼です。馬名は文化と言いながら死語を登用するのはイケマセン。投資価値のない2年間弱でした。

「キャロットクラブ募集馬見学ツアー、立ち止まって考える編」その4

56

56、カイゼリンの18

(静止画像です。品質悪いです。傾斜など補正していません。やや上から撮っています。新たな発見を。)

58

58、ケルシャンスの18

59

59、ヴィートマルシェの18

60

60.グランデアモーレの18

611

61.シンハライトの18

62

62、スパニッシュクイーンの18

63

63.シーザリオの18

64

64.リラヴァティの18

65

65.ジュモーの18

69

69、アンレールの18

71

71、オリエンタルポピーの18

82

82、シーズンズベストの18

「キャロットクラブ募集馬見学ツアー、立ち止まって考える編」その3

42

42、ポロンナルワの18

(静止画像です。品質悪いです。傾斜など補正していません。やや上から撮っています。新たな発見を。)

43

43、ヴィアンローズの18

44

44、オーサムフェザーの18

45

45、ウィングステルスの18

46

46、アディクティドの18

47

47、シシリアンブリーズの18

48

48、リリサイドの18

49

49、カニョットの18

50

50、シェアザストーリーの18

51

51、バイラオーラの18

53

53、エルミラドールの18

54

54.フィールザレースの18

 

「キャロットクラブ募集馬見学ツアー、立ち止まって考える編」その2

24

24、ヴィータアレグリアの18

(静止画像です。品質悪いです。傾斜等補正していません。やや上から撮っています。新たな発見を。)

27

27、エンシェントヒルの18

28

28、フォルテピアノの18

29

29.イグジビットワンの18

31

31、マンドゥラの18

34

34、ディアマイベイビーの18

361

36、ヒカルアモーレの18

37

37、アビラの18

391

39、マイティースルーの18

 

 

 

「キャロットクラブ募集馬見学ツアー、立ち止まって考える編」その1

1

1.ヒストリックスターの18

(静止画画像です。品質は悪いです。傾きなどは補正していません。やや上から撮っています。でも新たな発見を。)

ツアーでは写真を撮ることより、動画を撮ることの方が、ミラーレスに持ち替えてから多くなりました。見返してみると新たな発見もありました。動画は業者に頼んでいるので掲載するなとのツアーバス内でのお達しでした、全く逆の考えがゴルフの米ツアーなど外国のイベント、今年開催の米ツアー日本開催でも同様、アスコットでも同様で、ひょっとするとあまりに神経質になると時代逆行に。介護生活時代にキャロットの動画が検索画面から見られたのでひっそり楽しんで、生活の何かの糧にと入会し、その際ツアー参加者のSNS画像は大いに参考になりました。あの日の彷徨っていた私がみて参考になるように発信しております。

2

2.スノースタイルの18

3

3、ラドラーダの18

41

4、アヴェンチュラの18

5

5、サンブルエミューズの18

6

6、クルミナルの18

7

7、アゼリの18

8

8、ディラデラノビアの18

11

11、フロアクラフトの18

14

14、マリアライトの18

15

15、ケイティーズハートの18

18

18、ディアデラマドレの18

19

19、アートプリンセスの18

20

20、ヒルダズパッションの18

「なるほどのロードカナロア」バイラオーラの18

Img_6352

(バイラオーラの18)

(あくまでも私見です。)

牧場の誰かが話しているのを遠目に聞いていた話ですが、カナロア産駒って、均等に成長していくんだってことでした。なるほど今時点からそれは個体差はあって当然だけれど、体形から適距離とかが現時点である程度判断できるのかと思って聞いておりました。まっそれが解っていても使いたいときにその距離があるのかどうかが悩ましいところではありますが。

「振り返れば奴が光ってる」ディアデラマドレの18、マルティンスタークの18、オリエンタルポピーの18

Img_6567

(マルティンスタークの18)

(あくまでも私見です。)

さて、放牧地を帰る時に、振り返ると遭遇する馬がいます。良いなと思ってしまいます。前年はファッションプレートでした。足の病気で競走馬になれず残念でしたがドキッとする感じもツアーの醍醐味ではあります。

Img_6875

(ディアデラマドレの18)

Img_6880

(オリエンタルポピーの18)

「揺れますな判断が」カニョットの18、イストワールの18

Img_6365

(イストワールの18)

(あくまでも私見です。)

それぞれ兄妹を知っていて形が想像できるので、これはって思う存在というか、縁のある白老産なので、迷いますね。キャロットクラブでもサラブレッドクラブでも白老産が主に展示される早来ファーム、独特の明るさがあって好きな場所でもあります。イストワールは牡馬で買いやすい値段、姉も時間はかかったけれど強い勝ち方でした。カニョットは動画を見れば見るほど自身の点数が上がって、実馬は良かったとと思うし。。。

Img_6319

(カニョットの18)

「3か月の進化モーリス産駒」ブルーメンブラッドの18、スパニッシュクィーンの18

Img_6518

(ブルーメンブラッドの18)

(あくまでも私見です。)

サラブレッドクラブの6月ツアーでは、スラッとした脚に筋肉質な馬体が軽そうに乗っている感じのモーリス産駒ですが3か月たってみるとどの馬も馬体が充実したのか軽さが無くなって、凄味みたいなものが出てきていると。それがどう出るかは全く分からないのですが。

Img_6335

(スパニッシュクィーンの18)

「クセが好き」クルミナルの18、リリサイドの18

Img_6881

(クルミナルの18)

(あくまでも私見です。)

持ち馬のスティッフェリオは、とにかく無駄なことをしない馬にステイゴールド産駒なのに成長してくれました。秋天皇賞挑戦、アーモンドアイ等々にケチョンケチョンにされるかも。。。それは置いといて、彼が2歳3歳の時見学に行くと立たされた時に長い時間になってくると、片方の前脚で地面をたたいて怒ってるんですが、それで暴れることはなくて、それも年齢が過ぎてなくなっていって、無駄なことをしなくなったんで、他にもいたんでしょうけれど、そういう仕草をしてくれると嬉しくなってしまいますね。そんな2頭です。2回目登場のリリサイド第一希望と行きたいところですが値段がね。。。

Img_6871

(リリサイドの18)

より以前の記事一覧