2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

私の愛馬ゆるピカ日記

「10ポイントの見出しで」スティッフェリオ(引退)

G1img_89311_20200728173901

10ポイントの見出しで出るような馬になってほしいがテンポイントの命名の理由、10ポイントの見出しではあまりに小さくて、それでよいのかって思っていたけれど、スポニチのサイトに景気の良い見出しの下に小さく「引退」の報。良かったとまではいかないもののじわっとしたものがあります。こういうことだったのかって、あなたがテンポイントだったのかって。

進路は乗馬であるとか、仕方ないです、ディープ系がキンカメ系に大きく差をつけられて、残すところはこの兄弟以外というか濃くならないバステッドのクロスを試していないことなんですが、このまま試さずに終わるのも少しね。あの捲るような脚を持つ産駒が意外と簡単にできたかもしれないので。ほんとここからの無事を祈ります。

「幸せでしたよ。ありがとう。だからくれぐれもお大事に」スティッフェリオ(引退)

19022019_02_17_img_9999_187

(小倉大賞典)

放牧先で屈腱炎が見つかり、広範囲だそうで引退となりました。仕方ないですね。よく走ってくれました。最後の10月の淀でもしかすると会えると思っていましたが、何しろバステッドを3代目にもって日本で成功していたのはディープインパクトの次がこの馬のはずで、ディープがいわゆる馬体にしては大きな爪を持っていたのににたいして、この馬はそれなりの大きさだったのでその分瞬発力がなかったけれど。

19092019_09_22_img_9999_346

(オールカマー)

だけれどいまのところ成功していない母父ディープインパクト、母父ディープ産駒にこの馬を交配すると、例えば古くはルドルフとジャパンカップで競り合って負けなかったベッドタイムもバステッドの孫だし、欧州重厚系で日本の芝に相性が良くて、しかも世界も走れる血統もできるかもしれない血脈を他より薄くしないで済むことができるはすで、自分の持ち馬でありながら、馬体の形も含めて、もう一押しあれば種牡馬になれて競争生活よりも良い未来が待っているものと思っていただけに、なんとかならないかと思いますが。。。それが残念ですね。(バステッドの血が濃くならないが薄くならないクロスでの可能性は結構あると思うんですが)

G12015_11_03_img_4295

(1歳11月)

初めて参加したツアーは、長い15年の介護生活が終わった次の年、それで目移りして訳も分からず牧草地を焦って動きまわっていたところを、ヌッと横切っていって「大きな馬だな」と感じたけれど、数字はそれほどでなくて、それなりにそれで可能性を感じて。そこからズッと幸せでしたよ。だからありがとう。くれぐれもお大事に。

 

 

「10秒で終わった、本当にごめんなさい」スティッフェリオ(宝塚記念惨敗)

19022019_02_17_img_9999_60

この馬の特徴は前に馬がいなくても折り合えること、行く気になってるのは1コーナーまで、あとは前に馬がいなくても落ち着いて走れる。逆に馬群に入れると手前も変えられなくなる。それが特徴、それを生かしたのが3月5月のレース、そして右ムチ、それだけで好走できる。だから外枠、雨で内側が悪いのも、もまれない外枠を走るはずだから有利に運ぶはずでした。

雨が降って、内が不利になのに外枠から控えたのはいいけれど、馬の後ろに1コーナーも来ないうちに、閉じ込められるところを選ぶように入れてしまった。そこで終わりました。完全な騎乗ミスというより事前学習ゼロの騎乗、2か月間12本も調教時計を出して懸命に頑張ってきた馬には、ほんと申し訳ないと思えてくる大間違いの騎乗ミス、本当にごめんなさい。

菊花賞がスタート後3秒で終わる0点騎乗を論外としても、去年の宝塚記念、ほかに遠慮して1コーナー前に阪神に不慣れな関東の騎手が馬を抑え込んで20秒ほどで終わったレースよりひどい騎乗にはならないと思っていただけに、あまりにもひどすぎる内側に外枠から先行能力のある馬を、馬群の中で走るのが無理な馬をわずか10秒で馬群で走らせようとする騎乗は。。本当にごめんなさい。

なにしろ前走まで同じように走っていた馬が好走しているわけで、そんな中で大間違いの騎乗での惨敗、本当に本当にごめんなさい。

 

「右か左か」スティッフェリオ(宝塚記念へ)

2017_09_18_img_9999_1601709

スパっと好位から末脚が切れた福島記念は右ムチオンリーで好タイム勝ち、格下馬をなかなか抜けずやっと勝った小倉大賞典は左ムチオンリー、天皇賞にしても左ムチ入れて追いつかれ、そこから右ムチで盛り返して、1着馬はレースの疲労で宝塚記念にでてこれず。

騎乗予定の騎手での1週前の追切見ていると、追い出されから首を下げて反応が鋭かったが、左肩ムチ1発で首を上げて、格下に追いつかれていた。右回りだと、左ムチが主になる鞍上。なんとなくもういくら出来がよくっても大敗は見えてると思う。なんとかシンガリ負けだけは勘弁。お願いします。

それにしても、水曜日に上がりだけのCウッド、金曜日、日曜日に60秒を切る坂路。この中間追切だけで10本。調子は良い。だから左ムチだけは。そういうわけにもいかんやろけど。

「19位から始まろう」スティッフェリオ(宝塚記念へ)

G1img_47712

宝塚記念ファン投票19位でした。なぜか去年が総数110万、今年140万、そのなかで19位、出ない予定をしている10頭程度を抜くとファン投票での選出で宝塚記念出走となります。ここからここから。昔は天皇賞最上位馬よく来ていたんですが。それにすがっても仕方ないか。

体調はこの中間坂路で60秒を切る時計が、52秒台、51秒台も含めて6本既に出していて、もうAJCCを軽く上回り、有馬記念、天皇賞にこの週末で追いつくレベルに。来週、幸騎手騎乗での1週前追い、最終追いとさらに積み上げて。

いやらしいレースをしましょう。それを期待してる人がいるんですもの。ガンバルンヤデ。もうすぐ夏休み。だからとにかく無事で。

「涙の初登場19位」スティッフェリオ(宝塚記念ファン投票)

2019_06_23_img_9999_2111202005

宝塚記念第一回ファン投票で、19位に名前があったのにはビックリというか、感動というか、前年は、いわゆる100位までの中間発表の用紙の方をみて名前を探していたしそれが当たり前だったので、今年はJRAのHPの20位までのすぐに確認できるところにあるなんてって。

前年発表があるたびに宝塚も有馬もどんどん名前が下がっていったし、ダービーの結果で2強以外の馬が入ってくるとか抜かれるのは確実だから最初だけ喜ぶだけに終わるだろうけれど、ランキングも天皇賞同様最後まで粘ってほしいと。

出てこないだろうとわかってる馬を除くと多分10頭目か9頭目にいるので。。ファン投票選出ライン‼。。興奮しますね。写真は19年宝塚記念。

「ステイホームが終わったら」スティッフェリオ

Img_4745202005

やっと坂路での時計がながめられるようになって、何とか無事のようで、5月中はゆっくりでしょうけれど、それからビシッとやれればよいかなと勝手に思っております。フィエールマンが疲れが大きくてどうも宝塚にはでてこず、そうなるとまず北村騎手はクロノの先約がある、サートゥル、グローリー、ラッキーに外国人騎手、ブラストに川田、ミッキーに横山、金子さん最大3頭に従来からのジョッキーで、武騎手がキセキだろうし、函館も始まれば、移動制限もあれば、2歳戦で関東の方のノーザン勢の騎手の確保で今まで騎乗歴のある関東の2人の騎手はそれにあてはめられるはず(というかそういう技量があるので)とすると誰が鞍上なんだろうと、思っていたら幸騎手確保で、左ムチにトラウマのある馬だけに右回りの時は左ムチが多い騎手だけに心配だけれど、ま良かったと。

欧州長距離血脈のバステッド血を持つ本馬、これだけ通用しているということは希少で凄いけれどそれではまだ足りない、なんとか残れるならば、あとの未来に偉大な記録を残せる産駒を残せる可能性が他より高いかもしれないだけに、何とか頑張ってもらいましょう。

いままでのいろんなパターンで逃げたりしていたりしてわかったのは、他と大きく違うのは前に馬がいなくても折り合えることこれ大事、でもできる限り外に馬がいない方がいつの時も良い、プラス右ムチで伸びる、マスクは着用、前でも後ろでもいわゆる三密を避けれるポジションから、早めにまくって、コーナーワークの独特のうまさを利用して先へ先へ出て外からカブされないレースをした方がよいということかもと。結構次走のメンツは前に馬を置いて落ち着きたいやつが多いから、これを逆に利用できれば大いにチャンスが生まれるかも。

ひょっとしたら阪神で武騎手で勝った時、逃げながら内側を開けて外に来させないようにして、右ムチで最後まで抜かせなかったレースがあったけれど。。

前年、阪神競馬場ってどうしても関東の騎手は相性が悪いんで後手を踏んだ形になって、それにプラス過去2年夏を函館で夏を過ごしたんで、暑さも堪えただろうけれど、その後9月のレースも勝ったし、2月に休養したときにうまく成長できたんで、馬群にもまれなければ、多分前年より1秒は前進できるようなここ2走のスタッツなので、そうなると期待はできるので。でもスタートの時は天皇賞同様シンガリだけはって祈るだろうけれど。

写真はグリーンウッドを見学ときのもの、(一時は一度この中間もここで休養予定だったけれど、往来制限で関西馬は関西で出走し条件馬は着外なら外部で休養となるためなんか混んでいるようで、今回は厩舎で休養中)今年2月でなく以前のもの、彼は馬房が好きというか、誰かが来たんで顔を出してくるタイプじゃなくて、来そうだなって時から結構顔を出していたりして何があるか全部見ようとしてるというか、エンジョイタイプというか、とにかくまったり動くのが好きそう。馬房から出してもらいポーズをとると、すぐ帰りたがるし。馬房と競馬場が凄く近い函館で成長し、好成績だったのがなんとなくわかる。

 

「あの日から今日まで」スティッフェリオ(春の天皇賞は2着)

2017_07_23_img_9999_431707

1週前のCWでの動きが凄くよくって、最後13秒といっても併せた馬にゴール前まで相手なりに並走していってそこから少し追ったから遅くなっただけであり、時計的には札幌記念で踏ん張りぬいた時と同じ時計であり、それを1週前にほかの馬より余計に外を回ってそん色ない全体時計を最後相手が少しへばって併せてたら時計が遅くなったのにもかかわらずだして、坂路の時計も他に6本出していて、万全であり、調教的には文句がないと。

先着組に直線強風の風よけにされ、他より1キロ重かった前走日経賞、この中では彼が一番前にきてもおかしくないだろうと思っていて。加えると馬体の変化。ようやくようやく完成に向かいはじめてきた。

あとは斤量58キロと距離、結果論だけれど、日経賞までの少なくとも2走は、結局馬体が絞れていなかったと、そのために斤量増と贅肉分で余計に堪えたと。コーナー4つのレースで先行ばかりしてきたので 先行するとなんとなく4つのコーナーでレースを捨ててしまうというかそんなところもあるのかと前走差す競馬でコーナー4つ以外のレースを克服して思ったと。

マスク外したらあんまり首がアクションしなくなったり。そういうレースの実績が距離を不安にさせていただけで、唯一の長距離で淀の外回りの菊花賞の時は返し馬、レースをその時の鞍上がこれ以上ないっていうくらい無茶苦茶やったけれどそれでも4コーナーまで踏ん張ったので、馬体が440キロ台で、コーナー4つを意識しなくてもよい差す競馬ならこなせるのかと。事前には思っていて。

2017_07_23_img_9999_151707

なので、レース前2キロの馬体減に安堵、あとは北村騎手お願い、この写真の函館の時のように、たしかこの時は出遅れ気味、で短い直線を最後飛んできた感さえあった。勝ったのはルメール騎乗だったけれど。でもスティッフェリオで追い込む感覚を一番持っているのは彼だし。なんとか道中リズムよくいけるんじゃないのかって。

それと馬場が丁度よかったというか、良馬場だけれど、少し黒目の土が上がる馬場でパンパンの馬場といえない感じであり、この馬後ろ脚の蹄が楕円形でやや小さめ、日本で道悪をこなせるのは後ろ脚は丸形に近いほうがよいはず、逆に欧州ではこれが逆、楕円形のほうがオールマイティー、(自分が彼を種牡馬にしたい理由の一つはこれ、不利なのに走っている、でも今後、この蹄の特徴が強い馬には必要なはず)なので、良馬場で思い切り速くない状態は期待をもってレースまで待たしてくれた。

レースのファンファーレとともに最下位でないことを真剣に祈って、久しぶりに淀の天皇賞をテレビ観戦。4コーナーでやったと思い大声が出て、そのままゴールでガクガク身体がしながらガッカリするまで声が出ていた。テレビの前で大声が出たのはテンポイント以来かも。今までのレースっぷりからこのレースでミッキースワローにつけた差から考えるとひょっとしたらもう1馬身は前進できたと思うけれどそれは贅沢だろうし。とにかく無事で。ありがとう。

※5月4日追伸(1)レースを見返してみると、向こう正面強い向かい風なので、そこを一頭で走った本馬と、馬群の中にいた勝ち馬との差はあるはずで、馬場も差しが決まっていたように外が伸びるき均一馬場であり、そうなると自分が思っていたよりこの馬強いかも。

最後、右ムチばかりを批判する人もいるけど、それは左ムチでは4戦目までの左ムチ叩きまくって、行こうとする馬の口を引っ張りまくる騎乗による激痛で、馬にトラウマが残っているから左ムチはこの馬厳禁なんです。最後左ムチなら4着以下、最後の100手前で左ムチで騎手が失速を感じその後右ムチで再度盛り返した、まだ明らかにトラウマがあるんです。(追っていたら同じくらいの結果(2着ではあったと)だったかと。)最後の最後にこの弱点が出ました。仕方がないけれど凄く残念です。それがわかって2戦目後の時に随分抗議してるのに、何が正しいか感じられずに、クレーム扱いしてスルーし馬を中心にしなかった(ホースマンじゃなかった)当時のクラブ側の大ミスです。

 

「マスクをしよう」バイマイサイド(準オープン惨敗)

2019102019_10_14_img_9999_173_20200419161501

期待していて1番人気、でも初めてレースでマスクを外して。確かに前走ムーア騎手から進言はあったかもしれないけれど、周りを気にする馬、しかもずっとマスクをつけてきて好走してきているのに、それなのに取ってくるとは、追走の時のフォームが変だった。良く見えた追切ではマスクをしていたし、やはりレースだけ変えるのはいけないと感じて、話は違うけれど持ち馬で同じステイゴールド産駒のスティッフェリオもマスクを外したら首のアクションが小さくなって最後の止まり方が大きくなった。

12月のレースは接戦の2着、世界的に有名な外国人騎手は、日本の騎手と追い合ってそれで負けたんで、日本の騎手に自分が負けるわけないから負け惜しみでマスクの性にして言ってただけで、それを真に受けているのが情けない発送前だった。

マスクをしよう、みんな言ってる、人だけでなく馬だっていつもしてるマスクがなければ不安なはず。それがご時世なの。騎手でなく馬の方を見てね。すっかりステイゴールドのことわからない厩舎になったんだから。とにかく無事で。お願いします。

Pr21_20200419161901

 

「ひょっとして君は打ち勝つ未来を持っているのかな」スティッフェリオ(テレビ観戦の日経賞は3着)

20022019_02_17_img_9999_31

発病はしていないがウィルスは持っているとして行動しないという行動をしなければならない昨今、私も含め、このいつもは凡人の群れにひょっとしたら、この国の近未来がかかっていると思うと、なにか大きなものをいつもより感じてしまうけれど。「禁止じゃなくて自粛だから」って行動してる人をテレビで見ていると、きっと誹謗中傷を拡散している人の姿も大差なくこうなんだろうって思って、普通の姿、普通の顔やファッションでの身振り手振りをこの機会に憶えておこうとは思うけれど。

さて、2月にグリーンウッドへ見学に行った際、さぞ激戦の疲労困憊から抜けていないんだろうなと思っていたらフレッシュな状態であり、グリーンウッドに来る前の10日間ほどの吉澤ステーブルでのトレッドミルなどでのリフレッシュ期間が上手くいったんだろうなと感じて。

家に帰ってから11月に見た時との画像を比較してみると全然違うとも言え、前回、馬は立派になって関心はするものの、こんな感じだったかとどこか思っていたので、やはり極薄馬場と言うか部分的に内側をラグビーの競技場よりまだ短くしてしまった高速馬場での秋の天皇賞の疲労と言うかこの馬のフォームが異常な馬場で壊れてしまった部分があるのかなと思った。

その後の2走は、なぜか馬体重が増え続けて、たとえG1と言えど負け方も大きくなり、斤量泣きする中級オープン馬で今後は落ち込む日常的な運命を持つことに、この馬もなってしまうのかなと。なにしろG1は無理でも、もうあと重賞2勝くらいして種牡馬枠の隅っこにでも入れれば、少し低い体高と少し長めの背中、中くらいの馬体と現在の活躍馬にない要素をたくさんもっているので必ず活躍できる可能性が大きいので、実質調教不足で惨敗したAJCも含め、残念だなと思っていました。なので、2月のリフレッシュした馬体には少なからず嬉しかったと。

20022019_02_17_img_9999_91

今回は調教もビッシリ、馬体重も440キロ台、マスクをしてマスクを外した時より少しリズムが柔らかくなった走りで僅差好走、直線強い向かい風で1周目も最後も勝ったミッキースワローに風よけにされての3着、でも勝馬2着馬とは1キロの斤量差、で1馬身程度の勝負、初めて2200以上の距離で長い脚を使って自分で勝負しての僅差負け、まだまだ可能性が十分にある走り。まだ出来には余裕があるし。次も期待できると感じられるのが嬉しいと。。ホントは宝塚記念だったかもしれないけれど、距離もこなせたし、状況からか次走は天皇賞だとか。距離が距離だけについて回ってワンテンポ早目に動いてあとは野となれ山となれって感じでしょうか。

自分としては久しぶりに出てきた京都で武騎手騎乗で負けたけれど、その時の返し馬のフォームが忘れられないと。なんとも言えないクビの楽な感じで静かで自由でそれでいて躍動感ある動き、一切無駄な締め付けをやっていないのにとても感動して。こんな馬だったんだって思えて、それでここまで来て。。空いてないかなぁ。。。写真は19年小倉大賞典。

 

より以前の記事一覧