2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

ザグレートホース

「凱旋門賞を3度走った偉大さをふたたび」オールアロングAll Along(83年凱旋門賞1着)

App3796

トレヴの2015年の目標である3年連続凱旋門賞制覇がどれだけ天文学的な目標なのかは、凱旋門賞自体を3度走った馬がものすごく少ないこと、加えてその3年のうちで一度でも勝った馬が思い当たらないことで想像がつきます。

82年にジャパンカップにやってきて、超一流馬の雰囲気を私に存分に感じさせてくれたオールアロングはその貴重な勝ち馬で3年連続で凱旋門賞を走った馬です。

App3783

彼女は、道悪が下手な馬で、当時3歳牝馬限定だったヴェルメイユ賞を勝って挑んだ道悪の82年凱旋門賞を大敗します。そしてジャパンカップにやってきました。2着でした。

83年は、秋になって遠征の疲れから解放されて、凱旋門賞を内からズバッとまっすぐ走らせて差し切り勝ち、そのあと北米のG1を3連勝して、フランス、アメリカの年度代表馬になります。

84年は、北米のレースを使って中一周で凱旋門賞を使い3着、いまでは考えられないローテです。そのあと第一回のブリーダーズカップを2着して引退となります。この年の凱旋門賞を勝ったのはオールアロングと同じ馬主の3歳牡馬のサガスで、サガスは次の年連覇に挑みますがレインボークエストに競り合った際、進路妨害を主張されて先着しながら降着となり連覇を逃す結果になりトレヴはアレッジド以来の2連覇ということになったのです。

App3792

気になるのは、オールアロングから今一歩良い産駒が出なかったことです。これは非常に気になることです。82年のジャパンカップのパドックで大人しいながらも推進力のある歩き方、そしてその雰囲気に僕は圧倒されました。。あの雰囲気をもう一度といまでも思っているのです。。写真は、82年ジャパンカップです。騎手はムーア騎手、現在のムーア騎手のパパだと。凱旋門賞制覇の時はスウィンバーン騎手が乗っていました。

「彼女は今年6月にエプソムに行くらしい」ドルニヤDolniya

Img_1937_914

写真は14年ヴェルメイユ賞です。

Img_1952_914

それにしても、この3月の彼女の変身ぶりというか、成長ぶりにはビックリです。今度はエプソムのコローネーションカップだとか。秋まで続かないでしょうが。。イケイケドンドン的に連勝してしまうのかなと。。

「甦るか燃え盛るか輝くか」ジャスタウエイJust a way(引退式より)

Img_0854_1411

確か一度見ただけ、なんだかアンバランスな感じを受けて、あまり良い写真にもならずに、それから見る機会がなかった彼の存在は、これだけの有名な存在になってしまわれると写真をしているものとしては失敗感があったのですが、最後で間に合った感じで、京都で待ちつづけていて良かったなぁと。。感謝です。

Img_0818_1411

去年秋フランスに行ったとき、日本馬イコールジャスタウエイであり、130のレートから、勝たれるのではないかとの憶測が飛び交っていたので、日本だと血統などの適性や馬場形状が似ていることが主にして語られるドバイ圧勝も、フランスでは強さの方を強調していたのが印象的であり。。。

Img_0764_1411

最後の有馬記念で、マイルから2000まで適性があるだろうけれど、外を回って僅差の2着は、レースレベルが低いレースとはいえ、彼自身の真価を証明して見せたと思います。

それにしてもレースが終わって1週間だと、馬って結構痛んでいるなぁとの印象を受けたし、福永騎手も少し首の高い馬の方が騎乗スタイルが生かせるのかなと感じられたのも自分にとっては発見でした。

「魂の弾丸チャームスピリットCharm Spirit 」アスコットQEⅡを制す

Img_2823_914

今度は道悪を圧勝してG1連勝、2着はナイトオブサンダー。それにしてもこの2頭をゆっくり見られたムーンランドロンシャン賞は素晴らしいものだったと。

Img_2744_914

凱旋門のトライアルが先に終わって、観客は少なくなったんだけれど、パドックを回る関係者の雰囲気はモロG1のものであり、ピリピリが伝わってきて、ほんとワクワクして、いいんだろうか凱旋門のトライアルの後でもう一つ世界的なレースを楽しんじゃってと思ったのがもう一月前。。。たしか2頭とも重い感じの馬体だけれど特に前足の運びがとてもしなやかで、思わず頷いたのを憶えています。

Img_2711_914

写真は相変わらずムーンランドロンシャン賞です。

「The True Dream TREVE」ありがとうトレヴ(泣けてくる凱旋門賞連覇)

Img_2079_914

馬場は少し水を含んでの良、風はなく、馬場は平均的なもので、不向きな点がヴェルメイユ賞と比べてなくなっていたこと。前走から自身のレースに専念させて直線やや早仕掛けでのレースの感覚を憶えさせていたし。枠順も内でレース運び、戦術には迷いがなくなっていたのもここまでとは逆に幸運だったと。

加えて流れる展開で内で揉まれることもなく、日本馬が直前叩かずに、能力がわからない状態であり、それが後方待機したものだから、チャンスがあると思っていた他の騎手はそれも気にしなければならない中で、早目に仕掛けて突き放す幸運もさらに重なったと。

美しいと感じたレース。凱旋門賞連覇。9月とはいえ彼女に出会えた幸せ。。拍手をして。泣けてきて。

Img_1918_914

日本馬は、2分35秒前後にならないと勝ち負けできないこのレース、良馬場で勝ち負けしようとしたら、馬場に慣れて、それなりのフォームを身につけることが必要だと。改めて思った。

トレヴが凱旋門賞までにやった8月24日のレースコースギャロップ、そして前哨戦、そして本番とのステップは必ず踏まないと、このレースの制覇は無理ではないかと。ただ後の日本のレースがあるからとかのエクスキューズを入れずに、偉大な彼女が出した答えに学んで、もう2週間滞在を増やしてほしいと。

ありがとうトレヴ、9月に帰ってきてからもなんだか旅が終わっていない感じだった.今やっと荷物を下ろした感じ。。できれば新しいトレヴを捜しにまた来年。。。

(写真はヴェルメイユ賞です)

「輝きは時を超える」トウカイテイオー

App3779

目は輝き、動作は俊敏で、後脚をひきつける力は大きくて強い、大阪杯で見せたパフォーマンスは胸を熱くさせてくれて今でも覚えていますが、やはり原因があったと。それにしても多くの人の心に残るほど瞳は雄弁で輝いていたんだなと。

(産経大阪杯の写真、元となったネガの色が赤みが強いので何とかしたいとながら、ソフトをいじくっていたらこうなりました。少し重いので。)

「21世紀もっとも有名な女性」アーバンシーUrban Sea

Ab10

彼女の産駒である名馬シーザスターズ、初年度産駒の今年になっての大活躍はイギリス、ドイツ、そしてドーヴィルと場所を選ばずに広がって、種牡馬としての大成功を早くも達成しています。そしてその兄は名種牡馬ガリレオ。10年後この驚異の兄弟の名前のどちらかがヨーロッパのサラブレッドの血統表に必ず見ることになるでしょう。そしてその全てに母であるアーバンシーの名前が存在することになる。その母を私は見たことになる。。ちょっとぞっとしているこの頃であり。。

Ab27

彼女の不屈魂、不利な状況でもあきらめずに走り続ける心、そしてその心にこたえる身体能力。。心主体の彼女の姿にあっという間に魅了されて早いものでもう20年です。。

Ab29

「ああやっぱり強いんだ」メジロマックイーン(91年天皇賞春)

App3749

92年の春の天皇賞2連覇の方が注目されるだろうけれど、自分にとっては、メジロマックイーンで春の天皇賞で印象的なのは91年の方が印象には残っています。

なにしろ3歳春の1年前にはコロコロなんでもない馬に負けていたから、秋に菊花賞を勝って前哨戦の中京で行われた阪神大賞典を勝ってきたからといっても中京だし、半信半疑であったことは事実だったと。

App3752

早目にグイというよりスーっと抜け出して、セイフティリードをとった時、「やっぱり強いんだ」と素直に強く思えました。あれからもう23年。。長居は有用でありますように。

「嵐を起こしてすべてに勝ってしまう2014」メイショウマンボ

Img_1338_a

((2013ローズS)

振り返ると、最初デカいだけの馬だなと感じていたものが、逞しくなるにしたがって、形が美しくなり、やがては輝きを持っているように感じてしまう。サラブレッドの良い面、競馬の楽しさを持っている馬です。

Img_1193_a

馬群を割って出てくるのでなく、まっすぐ走れる場所で、最後まで延ばされる競馬をすればそれなりに誰も見なかった域に行けるかもしれません。血統もより凱旋門向きかも。。。

Img_6404_r

(2013桜花賞)

特徴を生かそうとすると、外を回るレースになりその分最後のコーナーをいかにロスなく、振り回されることなく走ってこれるかが、春からの焦点。

Img_6406_r

小回りで男馬に勝ってしまうと。無敵に近い成績になってしまうでしょうが。。。

「集中力の怪物」ロードカナロワLord Kanaloa(セントウルSから)

Img_1101_a

初めて見たときは、やっと一線級に上がった2月の淀で、G1級らしいから短距離興味ないけれどパドックだけ見ておこうで、見て、冬なのに綺麗な馬体だなと思って、それで終わったことは憶えています。G1はG1でも海外G1級でしたが。。。

Img_1082_a

その時からパドックでの印象を比べると体は、さらにムキムキになってはいるけれど、そんなに強いかなとと思ってみていたら、まず無駄な動きはなかったんじゃないのかと。。レースに邪魔になることは一切しないというか、落ち着いているし、活気もあるけれど、悪さは一切なし。

Img_1109_a

返し馬でも最低限の走りで、馬場の具合を確かめているような感じすらあるし、ここでも無駄はなくて、レースになれば、逃げ込まれる、適わないとわかっていても執念でなんとかしようとするしで、この馬は人間並みの心があるんじゃないのかと。。。

Img_1049_a

より以前の記事一覧