2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

叙情的駄作集

「ギニーダブルかフルハウスか」チャーチルは愛2000ギニーへChurchill

2017_05_06_img_9999_3052017two_thou

ロイヤルアスコットか、ダービーかと言われていた2000ギニーの勝ち馬チャーチル。どうやら、まず愛2000ギニー(5月27日)に向かう模様です。
これでオブライエン厩舎は、愛1000ギニーには1000ギニー圧勝のウィンターが向かい、エプソムダービーは、各トライアルを上位独占した馬たちの7頭出し、エプソムオークスは、ロードデンドロンが固い本命、ということで、オブライエン厩舎がクラシックをスィープする賭けが成立していてオッズ21倍(20対1)だそうです。

2017_05_06_img_9999_3982017two_thou

なお、読み方でロドデンドロンとするのは間違いです。みんなRの次にあるhとOとを意識して発音していました。ひらがな発音的に言えば、「ろぉおどでんどろん」でしょうか。なのでロードデンドロンとするのが良識だと思います。そこんとこJRAさんよろしく。秋には彼女が大きくクローズアップされているかもしれませんので。

2017_05_06_img_9999_4402017two_thou

写真は2000ギニー、チャーチルです。

「合言葉はエクセプショナル」チャーチルChurchill 2000ギニーより Two Thousand Guineas Stakes2017

2017_05_06_img_9999_28712017two_tho

2000ギニーの写真をもう少し、チャーチルです。ラチ沿いとはいえ、早目に先頭に立って押し切ってしまいました。

2017_05_06_img_9999_2862017two_thou

ただ、ダービーに出走するかどうかは2000ギニー終了時点より、各地のトライアル戦で所属厩舎のオブライエン厩舎が1着どころか上位独占が続いている状況では、なんとも言えません。
ダービーでは、厩舎の中でチャーチルはオブライエン厩舎の8番手なのだそうです。しかしマイルから2000までくらいでは、秀でているとのこと。その部分で勝ち続けたいのだそうです。
 

2017_05_06_img_9999_2832017two_thou

いまのところの私の予想では、固い馬場を条件に出てくる可能性が残されているくらいかなと思っております。

2017_05_06_img_9999_2842017two_thou

2000ギニーのムーア騎手の鞭捌きというか、それは素晴らしいと感じます。あと300からで、ずっと右鞭をかざして何らかのアクションを付けているけれど、打った鞭の数は3発程度、後は見せたり、音をたてたりして、励ましたり、リズムを取らせたりしています。それで伸びている。

2017_05_06_img_9999_2802017two_thou

日本でも、この騎乗で、バテかかっている馬で、明らかに脚色優勢で、日本人上位騎手が鞭を思い切り打ちまくって先行している馬を、ゴール前追い詰めていたりする。マジックとか天才とかではなくてそれが基本なんでしょう。。このことは例えばヴィクトリアマイルの1着馬と他の差だったりもするわけで。。

2017_05_06_img_9999_2772017two_thou

それにしてもライアンにチャーチルはピッタリフィットしている。それが良いと。

2017_05_06_img_9999_2622017two_thou

 
 
 

「2017マイル路線の主役」バーニーロイ(2000ギニー2着)

2017_05_06_img_9999_1672017two_thou

なんとなくですが、ゴドルフィンはマイルに向いた馬しか、このギニーには使わないのかなという感じがして、マイルがいかにもって感じの馬が出てくるなって。。
バーニーロイは、マイル適性を感じさせてくれますけれど、少しカッカしすぎている感じで、それがって見ていたらそれはあまりレースには関係なくて、良いレースをしたと思いますがオブライエン厩舎の作戦にやられたというか、多分チャーチルと競り合おうとしたのだと思いますがオブライエン厩舎の2頭のチャーチルとの間に作った縦のライン阻まれて一度進路を変えており、それが着差にはなったかなと。

2017_05_06_img_9999_1652017two_thou

それが無ければは、わかりませんが、進路を変えてからも再び加速しているし、競り合ったら負けないとの自信があるのなら、意外とマイル路線ではこの馬の方が主役まで行ける素質が、多分チャーチルはダービーをどうするかはわからないけれど10ハロン路線に進んでいくような気がするので、そうなると主役はバーニーロイだと。。

「プリティポリーの名の下に2017」ホースプレイ プリティポリーステークス1着

2017_05_08_img_9999_752017maynmt

このレースはリステッドレースですが、2年前に訪れた時の勝ち馬も秋のオペラ賞まで3歳牝馬戦線を戦いましたし、この勝ちによってオークス5番人気まで来ていますので注目すべきだと思います。

2017_05_08_img_9999_642017maynmt

このレースは10ハロン戦。本命は11対10(11儲けるのに10かかるということで単勝2.1倍)でデットーリ騎乗のリダウツチョイス産駒で母父はガリレオだったけれど、いかにも父の産駒って馬体だったので、今からでもこの本命外して馬券買おうかと思ったのですが、何しろこのレースがゴールした途端にシャトルバスのところまですぐに歩き始めなければならない事情があって。。。ウーン。。。
勝馬はケープクロスに母父レイモンドドロップキッド、固い馬場では渋とそうな感じです。
 
 

「ダーリアと呼ばせてほしい」サムハウ 5月7日ダリアステークス1着

2017_05_07_img_9999_1272017maynmt

さて5月7日は、まず1000ギニーの1時間前にG2牝馬限定のダリアステークス。。このレース多分キングジョージを何度も勝った名牝の名前にちなんでいるはず。。当時はダーリアと言っていたけれど。。。それで覚えたもんで、どうしてもそう呼びたくなります。

2017_05_07_img_9999_1152017maynmt

勝ち馬はサムハウ。あと600以上前から気合を入れられて追われ、それで最後まで伸び続けて勝ちました。ファストネックロックに母父サドラーズウェルズ、そういう競馬が向いている血統なんでしょう。
この血統でも日本の若手騎手だとジックリ300まで押さえて最後切れずに終わり惨敗、全部馬の性。。その感じはどこにもありませんでした。牝馬路線を行くでしょうから、海外馬券には関係ないですが、こういう血統まで走れる可能性の広さ、それを引き出す騎乗術があるのが嬉しいところです。

2017_05_07_img_9999_812017maynmt

もう一つ感じたのは、この歩き方で日本だと前脚が伸び切って、後ろ足が連動する感じがあるのですが、どの馬も前足が伸び切るのには余裕があって、それで後ろ足が蹴り込んでくるというか、少し日本とその辺が違うかなと。。

2017_05_07_img_9999_1442017maynmt

なお、たとえばブリンカーとか、フランケルがしていたノーズバンドとか、競争のためにしていたものは、レース後すぐに外されていたのが印象的でした。日本だともう少し時間かかるかなと。。

「春のガリレオコレクション セブンスヘブン」5月6日ジョッキークラブステークス1着

2017_05_06_img_9999_442017maynmt

ジョッキークラブステークスは、5月6日2000ギニーの直前に行われたレース、日本と同様に直前のレースは見ないことにして、パドックだけになりました。
この体のなんだかまだらな感じというか、これはチャーチルとかもそうだったので、アイルランドからの直線飛行機輸送のためか、ガリレオ産駒の特徴かはわかりませんが。

2017_05_06_img_9999_292017maynmt

歩きの特徴は、クッキリクッキリ歩く感じで、日本のように後ろを蹴ってから余韻というか合間というかそれが少ないけれど、走る意欲がこちらにも伝わって。。
それにしてもがこのブログの常套句ではあるけれど、こういう形も含め走る形をしたガリレオ産駒は日本では見たことがなく、やっぱり日本には良いガリレオが入ってきていない感じもして。。
 

「サニースペルズインウィンター」ウィンター 1000ギニー1着 Winter One Thousand Guineas Stakes 2017 

2017_05_07_img_9999_3912017one_thou

ロンドンは寒かったいくら待っても気温は上がらなかった相変わらずの13度程度どまり。。ただし、曇りがちの空からは雨は落ちてこなかった。5日間の滞在期間中、雨に合わなかった。これだけ雨の降らないのはロンドンでは珍しいと月曜日に行ったグローブ座の見学ツアーの案内の人が言っていた英語をやっと捕まえて、ほかの見学者より後から頷いていたけれど。

2017_05_07_img_9999_4382017one_thou

さて、天気予報では、北風が吹き続けている関係で気温が上がらないが、そのために、暖気とぶつかる前線が南に位置している形になるため冬の空で気温は上がらないが、雨も降らないと、それで日曜は風向きが少し変わった関係で、Sunny spells (その時は晴れ間が続くと思ったけれど、後で調べたら晴れ間がある天気)だと言っていた。

2017_05_07_img_9999_3962017one_thou

とにかく天気であろうと、まず傘をホテルにおいて、地下鉄で、ロンドンのリヴァプールストリート駅にむかう。土曜日とロンドンから出る駅が違うのは、キングスクロスからの便が途中で工事を行うためにバス輸送区間があるため。こちらのルートの方が時間はかかるが聞き分けられない英語でバス乗り換えの際、右往左往するのが面倒なので、キングスクロスから以外でケンブリッジに出ている線がリヴァプールストリート駅からあるので、そこからケンブリッジへ。昨日の1時間ほど前に着いて、今度は空いていた3両の汽車に乗ってニューマーケット駅、シャトルバスで昨日より50分くらいはやく競馬場へ。。。

2017_05_07_img_9999_3932017one_thou

驚くほど空いているというか静か。。。30分ほどして人は増えてきたが、飲みながらやってくる人は少ない。。。場内で飲んでいたことは変わりがないが、前日からするとやっぱり宗教上の安息日の関係もあるのか、今日の方が正気の方が多い気がしたし、女性の比率も高かった。印象に残ったのは時間つぶしにスタンドに何台かある椅子に座っていると、関係者が馬場をずっと歩いて足を使ったりして確かめていたこと、特に馬場の真ん中あたりを時間をかけて確かめていた。

2017_05_07_img_9999_3442017one_thou

日曜の1000ギニーデイの方が番組の並びが良い。ダリアステークスがあって、1レースおいて1000ギニー、また1レースおいてプリティポリーステークス、この3レースは牝馬のレース。
この3レースを中心に見て回ったけれど、レースが終わって観客が少ないと思って振り返ると、スタンドは2000ギニーと同様に一杯の人。これには少し驚くというか。嬉しいというか。前日はプレミアエンクロージャーは売り切れって書いてあったから、ゴール前のプレミアエンクロージャーにいれば、さほど逆に昨日ががマックスで今日が9割以上なら変わりがないのかもしれないけれど。。土曜日と比べると飲む量が少ないとこうも人が合理的に歩けて空いているように見えるかって。。。

2017_05_07_img_9999_3712017one_thou

 
1000ギニーは、前評判の高かったムーア騎手騎乗の本命馬ロードデンドロンと4月の前哨戦圧勝のデットーリ騎乗のダバンの対決と思っていたが、直前のオッズではウィンターがグンとその位置を上げてきていて、なんやこの馬、、でも冬みたいな天気やから、ウィンターが勝ったりして。。。と言ってはやっぱり、ムーア、デットーリの勝負かなと。。ムーアが出ようとしたところを少しファーサイドから切れ込むようにデットーリ騎手がやってきて対決するそんな予想を立てていた。

2017_05_07_img_9999_3832017one_thou

レースは始まってみると、前日程スタンド側の馬場を意識したレースではなく、先行馬のオブライエン厩舎のコースの真ん中をハイドレイジアが先行して、まったく前日の2000ギニーと違ったレースになった。
ハイドレイジアの直後に入るはずだったのだろうロ-ドデンドロンだが、間にビュイック騎乗の馬が入ってしまい、これが多分故意的にフラフラしたため抜けるコースが仕掛けどころでことごとく塞がってしまい、すり抜けてくるのが得意のムーア騎手だけれど、思い切ってコースを変えてきた、やっぱりここでもビュイックが寄せてくるのだけれど、これををなんとかすり抜けはしたけれど、その前にダバンが仕掛けられて伸びていてこれはと思っている途端にウィンターが抜けてきて。決定的な差がロードデンドロンと開いてしまって。。ちょっとズームレンズのリングを回しながら右往左往して。。。結局はオブライエン厩舎の3頭だしの勝利。。。凄いね。と思っていたら。届かないと思っていたロードデンドロンが2着に来ていて、ゾッとして。

2017_05_07_img_9999_3892017one_thou

1000ギニーが終わって、ショップにグッズを買いに行った。2年前QIPCOのジャンパーを買い損ねて、今度は買おうと思っていたら、この関係がなかった。変わってニューマーケットのミュージアムのショップがあってここで、同等品としてジャンパーを買った次第。。。
それにしても疲れた。2日間でたった4レース見ただけ。競馬場にいた時間も、機材の重さも日本にいる方がハードなはずなのに。。。夢って疲れるもんだろうかと思いながら。

Img_27772017one_thousand_guineas_st

 
PS ひょっとしたら凱旋門の強敵ロードデンドロンとほかのレースは来週アップする予定です。また、ニューマーケット観戦の旅日記は、同じペンネームの別のブログで来週以降アップしますので、考えておられる方は御覧ください。
 

「やがて君はもっと優しいひとになる」チャーチル 2000ギニー1着 Churchill  Two Thousand Guineas Stakes 2017

2017_05_06_img_9999_28712017two_tho

なんだか、前年2歳戦のパフォーマンスをみていると、この春ニューマーケットに行って、なにかを感じるチャーチルを見なければならないような気がして。
 
前回の2015年には1000ギニーに行ったけれど、その時ちょうど良い時間にロンドンから往復していたバスは、さすがに乗客が行きも帰りも6人ほどじゃ動いているわけもなく、電車での2日間ギニーレースの見物となった。

2017_05_06_img_9999_2832017two_thou

2015年の時、1000ギニーの大変な盛り上がりに興奮していた私の背後で、物販のスタッフが「昨日の2000ギニーの込み具合は凄かった」と言っていたのがずっと気になっていはいたけれど。。。
案の定。。。ロンドンのキングスクロスからのニューマーケット行の中継点のケンブリッジまで向かう人が多分12両ほどあった車両に争うように乗っていたのに、ケンブリッジからニューマーケットまで向かう列車はローカル線のため3両。。。しかも、そのローカル線のホームに群れとなった半分くらいの人がビールでこの時点で出来上がっているし笑っている。。。昔の日本の競馬場とかの騒ぎじゃない。飲んでは馬の話。また飲む。笑う。超満員なので乗り込むのに時間がかかり列車は発車できない、発車すれば安全のためノロノロ。。車内はみんな大汗。。1時間早い列車にしとくんだった。。
 
やっと着いた小さな駅のニューマーケット駅前からはシャトルバスが十分あってホッとしたけれど、13時ころ到着し、1レースが始まるのが、13時50分の場内に入ると、競馬の祭典じゃなくてビール祭りやってるのかっていうほどみんな飲んでる。。。笑ってる。。。
 
飲めるから来ているのかもしれないけれど、年に一度のお祭りだとしてきている大多数の人は、一番のオシャレしてくる。つまり薄着、気温13度なのにノースリの女子、ワイシャツにジャケットのみの男子。。。いくら何でも寒すぎる。。。そうなると酒。。。ホンマに飛ぶように売れてる。。
いったい何個ジョッキークラブのマーク入りのプラカップ作ったんだって。仮設の馬券売り場はないのに仮設のビール売り場はドカンと作られているし。。。馬券売らなくても十分に儲かるってか。。そうなるとトイレ大混雑。多分京都競馬場のグランドレベルよりトイレの箇所は多いのに大行列。。赤い顔大行進。。。。行ったり来たりがより大きな大混雑を生んでいた。

2017_05_06_img_9999_2442017two_thou

レースは50分ほど前にプリパレードリングを、裸馬のまま周回し始めて、ウィニングサークルを兼ねているパドックでの前のレースの勝ち馬たちへの日本でいう表彰式があり、それが終わると入れ替わりでパドックに装鞍をして出ていくこれがレース15分前、何周かまわって、騎乗し、コースに出て行って、直線のコースを逆に走ってスタート地点にむかい、レースが行われている。
 
そのために、発走が15時35分なので、この大混雑を考えて、50分前にはまず2000ギニーのプリパレードリングを観て、そこから15分前には埋まり始めるだろう最前列に25分前に移動してレースを僕は見ようと思った。。つまり、前のレースは見ることができない。2000ギニーのパドックも見ることができない。
 
前のレースはジョッキークラブS。海外馬券の発売のおかげで日本でも名前が知られているセブンスヘブン出走、小頭数でかなりの確率で勝利が期待できる。。写真を撮るものとしては、大本命チャーチルがこけて、話題のフランケル産駒も負けて、なんだかなの結果になった時の保険としては是非とも押さえたい所ではあるけれど。。。なにかを感じた自分に賭けてみることにしてみようと。

2017_05_06_img_9999_1722017two_thou

「チャーチル。。」隣のおばさんが、出てきた途端につぶやく、裸馬の小さな星を持つ馬がチャーチルだよなとの疑問は3秒ほどで終わった。同じ厩舎のランカスターボンバーを前に歩かせて、その後ろで、少しカッカしながらも快活に歩いている。馬体は丸い形で、飛節から下が下が少し短い感じがするが、回転が良い歩き方は効率の良さを感じた。
丸い形はガリレオ産駒には珍しいかなと思うけれど、総じてガリレオ産駒は背の長さというか背から腰にかけての長さは、その丸い形のチャーチルも例外なくて、拳一つから一つ半長い感じがする。逆にここがそれほど長くなかったのがフランケル産駒。。
 
今日の馬場はグッドトゥファーム、風は向かい風気味、この中では多分フランケル産駒はドンと弾かせた差し脚の勢いに惰性を付けるのが多分ガリレオ産駒より、この背中が短い分劣るだろうと思った。。
 
2017_05_06_img_9999_1302017two_thou
 
25分前までいるはずのプリパレードリングは35分前を待たずに切り上げることになった。シャッター音に明らかにイラついてアクションが大きくなるチャーチル。歴史を変えてしまうのは御免。それならばゴール前の2年前から決めておいた場所に早めに行こうと。
 
前のレースがちょうど終わってドッとパドックへ繰り出す人を避けながら、ゴール前へ。もうかなりの人がゴール前には来ていて。。だけど場所取りは絶対ない。椅子席でも絶対場所取りはない。だからみんな座れるし見られる。スタンドは立つという意味。立っていることに邪魔な場所取りはない。それが素晴らしい。だからシルバーシートが必要ない。これが凄い。昔の競馬場に帰ってきた。それが嬉しい。早く来たものから自分の好きなところを選べる。ただし場所取りは絶対ない。

2017_05_06_img_9999_3052017two_thou

レースは、途中からスタンド側へ広がるコースが馬場が良いのでそこをめぐっての位置取りになるのだけれど、オブライエン陣営の2頭が前後でラインを作って他を入れさせず、チャーチルを内側に入れて、かなり有利な展開を作って、そのままその優位を生かしてチャーチルが押し切ってしまう。
スタンドはチャーチルの大合唱、カメラを覗いてホントは全体を見ながらシャッターを切ろうと決めていたし、しかもこのレース最初にこの位置取り争いをしたときに自転車のスプリント競技みたいに牽制しあうためにユックリと最初を走ったのでかなりのスローペース。。ということは欧州ならでは以上の上がり勝負。。ということは差はあんまり開かない。。でもこの声を信じてみるしかない。大合唱はやまない、彼にフォーカスして。迫ってきて。過ぎてゆく。ゴール。凄いぃぃぃ。。。

2017_05_06_img_9999_4412017two_thou

レースを終わった後の彼は穏やかだった。彼は成長していたが太目だったのかもしれない。加えて4月の前哨戦を戦ってきたメンバーが強力でどれも状態が良かったのに、それを押し切った。力は本物だろう。
後で写真を見るとラインを上手く作りすぎて彼は結局誰とも競り合わずラチだけを頼りに急な坂を上らなければならなかった。次の日には、このスタンド側のコースを通る戦法をオブライエン陣営はじめ、だれも取ろうとしていなかったことを考えると、2000ギニーの時点までに馬場が案外痛んでいたのかもしれない。そのことを考えると、ひょっとしたらこちらが思っている以上、結果が示している以上に何かを持っているのかもしれない。。。

2017_05_06_img_9999_3242017two_thou

最後に、ニューマーケットにこの集まった騎手は、昼間サイン会を行っていたピゴっと騎手を神様というか筆頭として、敗因を馬の性ばかりにしている日本の若手がよく行う鞍より横に乗り出して鞭を入れたりしていなかった。馬に合わせての上下動はあるものの、鞍の上から重心が大きくズレることはなかった。これが差なんだわ。馬の性にする前に自分の騎乗フォームをもう一度見直してほしい。
 
PS タイトルは、高石ともやさんの「君はランナー」からの引用です。バルセロナの有森さんのように感動的にはいかんかったけれど、使ってみると自分を確かめられる感じがして嬉しい言葉なんで使わせていただきました。お許しください。
 

「世界に並んだ明日は今日だから」(シンボリルドルフ、メジロマックイーンの春の天皇賞)

App3628201704201704201704

考えてみると、今日本の競馬は世界的に質、量を考えると、イギリスとアイルランド地域、アメリカ、オーストラリア、フランスに並んで世界のトップまで来ていると思う。サッカーとかよりも国としてのレベルは、質量ともにはるかに上位で、スポーツとしてなら、誰にも馬鹿にされる要因はないと思う。
それなら人が見に来て当たり前。なにしろ、大都市中心部から60分弱程度で行けるところばかりに競馬場があるなら、電車が混み合って当たり前。桜花賞の後、若い人が競馬のために混み合ってる電車を嫌がっていたけれど、なんだか不思議に思った。

App3727201704201704

だけれど、ギャンブルという側面、もう一つ伝わってこない関係者の闘争心はギャンブルの側面を途切れ途切れでよいのだけれど忘れさせないし、ハミを嚙む噛まないだの気が悪いだのソラだの訳の分からない内側の事項で馬の性ばかりにする騎手やそれを擁護するマスコミばかりでは、多様性や個性という言葉を持ち出さなくても、命が本来持っている生きているからこその何かが伝わってこないのがとても残念だし、場所取りなどでの自ら汚して綺麗にしない競馬場をワザと作らせている風景を見てしまっては、訪れるスポーツマインドを持った人の、世界レベルの馬たちへの淡いけれど生まれ育っていく興味と未来をみすみす削いでしまっている。それもとても残念。。
ルドルフの迫力は今でも忘れないし、馬場の悪いところに相手を誘い込んで、脚を上がらせたマックイーンの力も凄かった。。懐かしいとは思わないけれど、もう一回みたいな。

「トウカイテイオーと大阪杯」

App3779

トウカイテイオーが勝った大阪杯の日は凄い熱気でした。人も多かったけれど、熱気が違いました。一気に春になってきた感じの陽気の日だったんじゃなかったかと憶えているけれど、カリスマ的人気の無敗のダービー馬の骨折後の復帰戦を見ようとする熱気は春を超えていました。
 

App3780

ダービー以来の久しぶりで、当代一の岡部騎手に変わって、それで持ったままの楽勝。強い馬が強いのを再認識するのがこんなに嬉しかったかって。。岡部騎手の口笛の写真が個人的には好きかなと。

App37761703

写真を見ると、阪神の内馬場が使われていて、人がたくさんいます。なんとか復活してほしいものです。何にもすることがないと内馬場にいって、芝生に寝転んで寒いなってすぐに起きてしまって、また仕方なく馬を見に行く感じをまたしたいものです。

より以前の記事一覧