2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

これぞジャパンカップ

「ルーレットは要らない。たとえ絶世の美女が微笑んでも。」ショウナンパンドラShonan Pandora(2015ジャパンカップ1着 Japan Cup)

2015_11_29_img_6140_1511

ジャパンカップは、平均ペースよりやや速い流れ、こうなると外を回っては不利、芝のない根だけが残るクッションだけは良くて芝の抵抗のない内側を通るのが絶対条件。
外側は外を回った分と芝が抵抗ある分不利、そして一番不利なのは、内と外の要素がまじりあっている部分。。ここを通ると右と左が全く違う芝の状態の時があって、走りにくいし、走りにくさからくる不安定なラインが他のそのコースを通る馬の不利になってしまう。。。それで勝負が決まってしまう。。ルーレット的な目が出てみないと自分がどうなのかわからない状態が絶対有利な状態の隣にある。。これは大変不公平だと思う。

2015_11_29_img_6115_1511

もう一つ厄介なのは、この根の残る枯れているように、剥がれているように一見見える馬場を走らせるのは騎手の方にも慣れが必要だということ。
名手ムーア騎手でも1週目は不慣れな面が見られたと思うけれど、それをジャパンカップだけ乗ってくる外国馬の主戦騎手にそこを怖がらずに追って来いというのは、東京が平坦な馬場で、気を付けるのが芝の状態だけならまだしも、三コーナーの下りと直線の上りとを考えながら乗って、しかも今回はレースの時が急に暗くなったのでその要素もプラスされて余計に無理があったと思う。特にイラプトはたとえばルメール騎手に変えていたらどうなったか。勝てはしなかったけれど確実に掲示板はあったろうと。

2015_11_29_img_6043_1511

そんな中をさすがにムーア騎手馬場を把握してシッカリ抜け出してやっぱりかぁーっと思ったところへショウナンパンドラが一刺ししてレースは終わったと。素晴らしいレースだったけれど、これがジャパンカップ?なんとなく内側の有利なところを走った馬がやはり物理的に有利だった。モザイク的なところを通ったミッキークイーンなど、外を通ったトリップドゥパリスなどが全く歯が立たなかったなど。。馬の力以外ですべての事実が説明できてしまう。。それが嫌というか。。。

2015_11_29_img_6202_1511

長年通ったジャパンカップだけれど、改善されない遠征馬の環境、歪な芝状態、テロが起こったのに後手をわざと踏み続ける場内管理。。。斤量が軽いディープ産駒が有利なレース。。。魅力がだんだん薄れていっている。。。ちょっと33年前に毎年見ようと思った決心が揺らいでしまっている。。。そんな自分が自分で残念。

「オールアロングAll AlongからトレヴTreve まで」2014ジャパンカップ考

Img_2079_914
(Treve)

史上最高と言われる2014年ジャパンカップですが、日本馬のレベルも上がり、確かに国際G1として日本馬だけでも問題がないように見えるレースになってしまったことには、感激があるものの違和感もあります。

史上最高のメンバーは82年です。次の年の欧州、米国の年度代表馬になるオールアロング、このレースを挟んでアメリカの年度代表馬になるジョンヘンリー、82年秋時点で世界ナンバーワンだったエイプリルラン、次の年のイギリス競馬の前半のヒロインに急成長するスタネーラと凄い構成であり、しかも調子落ちが明らかなジョンヘンリー以外は、出来の優劣はあったもののそれなりに世界級の脚を見せてくれたのです。それにしても場所取りが一切無かったパドック、馬を見て決めたいとする人が押し寄せてきて、体がガンガン押されてくるのに耐えながら、当時はほとんど珍しかった馬に話しかけながらパドックを歩くオールアロングたちを興奮しながら写真を撮ったのを憶えています。あの時パドックの方が押されていたいけれど健康的で自分は好きです。

日本馬のレベルが上がったこともあるけれど、いつまでも外国馬に検疫、移動、ゲート試験、土曜日の競馬施行日の不便さを押し付けて、海外とは違う馬場に慣れさせず、レースを行うのは、国が行う競馬であるから耐用年数が来るまで、その趣旨が間違いであっても作った施設を使い続けなければならないとする財政側など無関係な別人種の言い分が通ってしまう悪政のためにせっかく30年前に開いた一つの希望が何だったのかわからなくしてしまっている、それは早急に解決してほしいと思います。日本馬があれほど凱旋門賞で惨敗しているのに、その年に3頭しかやってこないのは異常事態なんです。異常事態を解決するのはスポーツとしての競馬としては必ずやらなければなりません。

App3794
(82年ジャパンカップ、オールアロングAll Along)

もう一つ、英国ジョッキークラブの絵画展が東京競馬場でありました。あこがれの伝説の名馬たちに興奮も覚えましたが、どれも繋ぎや飛節の作りが大きく力強く書いてあるのが印象的というかなんとか後世に伝えようとする意気込みに圧倒もされました。

日本ではシンザンが高齢になった時に生命力だけを伝えて 老いても頑張っている的な話にしてしまって、年老いても崩れない首と体、胸の形そしてトモへの線、トモの作りの衰えないバランスの素晴らしさを伝えませんでした。テレビ特番にもなりましたが、元競馬関係者で現在は有名な評論家のナレーターは少しもそれを伝えず、その人が自分の原点でもあるはずの馬自体のことを全く理解せずに暮らしてきたし語っていることを唖然ともし、悔しくも思ったものです。(自分は損をしてでも自分の暮らしてきた証であるサラブレッドの素晴らしさを伝えたい方なんです。だから)この人には絶対に人生で評価されるまいと要らぬ決意をしたりしました。

馬の縦位置での写真の傑作は昭和40年11月の目黒記念のシンザンの写真です。学生時代から僕はシンザンのこの写真をなけなしを投げ打って買い求め眺めてきました。何度も縦位置の写真を撮ってはシンザンの写真と比べこれに少しでも近づく写真を撮りたいと思ってきたし、それにふさわしい存在に出会いたい、その存在はどんなだろうと思ってきて写真を撮ってきた部分がありました。やっと出会った存在それはトレヴでした。失敗すると嫌なのでカメラは通常の横位置であとでトリミングをしました。場所は一度ズーっとロンシャンの直線のラチ沿いを歩いて縦位置にふさわしい場所を選んで縦位置の写真を取るつもりでシャッターを押しました。この写真、結構各国検索サイト(と言っても主に各国グーグル)で「treve 2014」と画像検索すると嬉しくなる位置に出てきてくれます。。だから今はシンザンに感謝、そしてたくさん良い写真を学生の私に見せていただいたPRコーナーの最上さんに感謝、感謝、感謝です。

続きを読む "「オールアロングAll AlongからトレヴTreve まで」2014ジャパンカップ考" »

「融けかけた氷の水を勝者に引っ掻けてやろうか。」ジャパンカップはジェンティルドンナ1着(2012JapanCup)

Img_0203

いまからちょうど30年前第2回JCの時の直線の攻防の鮮やかさ、馬群が密集してもなんの不利も起こらない一団で競い合いながら坂を上り、直線を走りきった迫力はいまでも最上のモノです。第4回のルドルフを間に挟んでの欧米の名手と岡部騎手のカツラギエースを目指しての加速の凄まじさ、あれだけ馬と馬との間を狭めながらも、一つの目標をめがけて馬を3人の騎手が走らせる技術。。それに応えるサラブレッド。。。今回のレースを見終わって昔のレースがどれだけ最上であったかと。

Img_0192

レースは、57㌔になったオルフェーヴルと53㌔のジェンティルドンナという自分としては斤量に敏感だろうと思う血統の馬だから逆に今回は走るだろうと思っていた馬が上位にきたので、フェノーメノがこれなかったのは残念だったけれど。。少し荒かったかなと。

私見ですけれど、コーナーをいくつも回る日本の競馬で一番不利なのは、各コーナーや例えば東京のようなコースなら、直線の坂を上がって、バランスが変わるところというか真っ直ぐ走らせないと速度が大きく落ちてしまうところでの進路妨害は大きく扱って良いのではないかと、かなりの確率で失格であっても良いと大きな不利があって立ち上がって落馬寸前のものと同じくらいにして良いと思うのです。たしかアメリカではコーナーで大きく膨らむ進路妨害は結構重くとっているので、それにプラス競馬場の傾向的に坂があるとかそういうもの、フランスのようにスタートから200や4コーナー曲がって200までは真っ直ぐ走らせるようなエチケット的なルールがある国もあるように、東京ならコーナーでの進路取りと、坂を上がってせめて50から100は、真っ直ぐ進路を変えずに走らせるようにして、今回のようなものはその降着失格のルールの対象にして良いと思うのですが、なぜか日本は、これだけのスピード競馬をやりながら、スピードが上がればコース取りが邪魔した馬以外はブレーキをかけかなればならない分大きな不利になるのにそれを徹底せず、盛り込まずに降着ルールをただただスピードの遅い欧州にならって変更しようとしているのはどうかなと思います。

Img_0186

もう一つは岩田騎手自身の問題、NHK、ダービー、前年JC、そして今年のJCと東京で進路取りによる相手馬への迷惑行為が後を絶たないのはどうなんでしょうか。内をつけば前がカベになる不利があるのは当たり前で優先的に外側の馬をはじき飛ばしても良いルールはありません。それに加え平坦だろうが坂のあるコースだろうが変わらない上下動の大きい騎乗フォームにも問題があると思います、これだけ大きいフォームなら各場面でフォームがもっと工夫というか変化があって当然と思いますがそれが一つもないのは傲慢としか思えませんし、ムチを持ったままワンハンドで押しまくって何故か相手馬のいる方にいつもヨレている騎乗はなにか不自然さ以上のものを感じざる負えません。騎乗フォームを整理し、同じ動作を行いながらも馬に同調して自然に見える外国人騎手のようにさらにレベルアップして貰いたいと思います。

このフォームにかえてテレビ写りは良くなったでしょうし馬は関係なく騎手の派手なアクションが好きな人は喜ぶでしょうが、馬のパフォーマンスで何かが変わっているわけではないのですから変える必要が東京コースでレベルの高いレースでは必ず斜行や妨害行為に繋がることがわかったのですからプロならば変えるべきだと思います、岩田騎手を真似したようなフォームの若手騎手も同様に行って欲しいというか今直そうとしていないと職業としては嘘だと思います。

Img_0148

この種の行為がまかり通るのは、日本でのムチ使用の制限がないことが背景にあると思います。ムチ使用の制限のある国から来た騎手達がどれだけ騎乗技術があるか、これだけ思い知っているのにそれを導入して追って伸ばす技術をつけようとしていかないのは全体として間違っているんじゃないのかと。自主的にもっと多くの人がレベルアップを目指してしてほしいと思いますし、それが競馬のスポーツとしての面を押し上げ、盛り上げる大きなものになると思います。

Img_0249

最後にレース前からジェンティルドンナには今回はルメール騎手を乗せるべきだと思いました新馬から見てきて彼女のベストを引き出せるのはルメール騎手です。そうなればエイシンにミルコが乗ってさらにレースが白熱したでしょう。JCにはそれが必要であると思います。そのことが自分としては残念に思いました。

「今日はもう夕暮れ、さあ明日に架ける橋を創ろう!」ブエナビスタ(2011JC)

Img_3630 

期待はしていたから、2ハロン目の通過が2秒近く遅い25秒くらいだとスタンドから見ていて分かったとき、上がりの競馬になり、結局は3ハロンの瞬発力だけの勝負になってしまうと分かってしまい、もう気分は下がりっぱなしになり、ブエナビスタが勝ったのはそういう競馬で何度も勝ってきているというか、そういう競馬しか全体が出来なくなってしまったから何度でも勝てるというか。。。

Img_3623

素晴らしい勝利にケチは付けたくないけれど、他のレースならそんなことを思わないのかもしれないけれど、やはりこのレースで一段高いレベルというか、もう少し淀みのない流れで、そのなかで力を振り絞ってくるレースをしないと結局は何も得られないのではないかと。

Img_3654

スローの上がり勝負になると結局は、府中の3角の急な下りから4角までの急カーブに近いコーナーをそつなく回り、そこから加速できる馬が有利になり、例えば、秋の欧州のレースであったような最後の凌ぎ合い、馬の底力というか、その血統が持っている力というか、競馬の全ての面で争っているのでなく、長くは遺伝しないモノというか、小器用さとか、気性がそれに向いているだけとか、つまりはコーナー部分をブレーキ踏まないで回れてそこから加速が速い小型車的な要素ばかりが求められて、力強さとか、最後にバテていてもあきらめない心だとかそういうモノを不要としてしまっているのでないかと。ひょっとしたら、ある側面で日本の馬作りは、こういう上がりの競馬を軽い芝の上でやることで、大きくここ数年で破綻してしまっているのではと。今回500万の2400が2分25秒8、その差は1.6秒。これはどうなんだろうと。。。

Img_3631

せっかく円高でしかも日本の一口馬主のクラブが、バンバン良い馬を外国のセリで買うような時代が来て、しかもワークフォースをはじめ、外国の良い馬を勝ってきて、その分欧州のレベルが80年代はじめくらいまで戻り始めていたのが、今後少しは下がってくるかもしれない時代になったから、また日本馬のレベルで主要海外の芝G1が手が届くところまで来るかもしれない時期になってくるだろうと予想できると。だから日本がレベルアップをすれば、その確率が上がるときがもう来ているんだと、なのにジャパンカップが機能しなくなっていると感じる結果になってしまっているのはなんとも惜しい結果だと。。

「幻のウィニングラン2010」ブエナビスタ

Img_2095

中山が始まると一気にJCが昔のことになってしまいます。

こんなこともあったなと。

Img_2064

「地球は丸いけれど2010」(JCパドックより)

Img_1906

(ローズキングダム)

パドックを見た感じと、JCの結果とそれに海外レースの日本馬の成績とか考えていると、わからんことが多いと言うか。。。

Img_1926

(ブエナビスタ)

ドバイでぶくぶくで首まで動きづらいダーレミにアッサリブエナビスタが負けてしまってそれが原因で多くの馬が来日したのが事実だろうし。。。しかし結果は惨憺たるもので、パドック見ていてもそんな感じはしたけれど。。まず若干以上に太めのこりだったし。。

ただ、この差は考える必要はないけれど欧州の馬場でやったらどうだったかと。。。

Img_1879

(ナカヤマフェスタ)

凱旋門賞で2着のナカヤマフェスタは、結局このレースで過去このレースで入着して来日してきた中では一番悪い着順であったのだから、レース自体がレベルが低かったことだけは確かだと。。。

Img_1882

(ジョシュアツリー)

はたしてどの形の馬が世界的な共通項を持っているのかが少しわからないのかと。。。軽い、重いなんて言ってるけれどそれも果たして。。。。

Img_1837

(ヴォアライシ)

「誰よりも美しくあるために」ブエナビスタ(2010JC2着降着)

Img_2041

スペシャルウィークがダービーを勝つとき、武騎手はいつだったか、府中での仕掛けが早いと再三言われたのを憶えているのか、直線で抜群の手応えの彼にたいして、追い出す前に、手綱を三度ホールドし直して、大向こうに三つ数えさせました。

「府中は坂を上がってから3つ数えてから追い出す」を全てに知らせてから追い出して衝撃的なダービーを演出しました。

Img_2050

フランスでは、エチケットというか武士道的、精神論的に直線に入って、200メートルはたとえ不利なところでも決して進路を変えてはいけないとされていると、83年の凱旋門賞の記事をイギリスのペースメーカーで読んだとき知りました。

Img_1998

その父の娘ならもう少し急がないで貯めた方が真っ直ぐ楽に走れたろうし、その国の騎手ならば、自国の誇りの種をこの日本の地にまいてほしかったと思うのですが。。

Img_2007

新しい今を積み重ねて30年。2010はブエナビスタ降着

Img_2013

(一度目)

ムチの使用規制が欧米にならって行われると発表されたとき、上手い騎手ほど巧妙にやっているムチを持ち替えたりする合間に少しヨレさせて相手にぶつけ気味に斜行したり、ムチを打ちながらあてている方に寄せて後ろの馬を真っ直ぐ走らせなかったりするいわば、アンフェアだけれど、上げていたらキリがないものについてどれだけ厳しくいつからやるのだろうと思っていました。いままではあまりにこれを繰り返す目立つ騎手が、それなりに罰をウケさせなければならない限界を超えたときに失格を食らう程度でしたから。。。やはりはじまりはJCからと。。。

Img_2015

(2度目)

短期免許の外国人騎手はこの辺はすぐに憶えて、けっこう巧妙にやっているかなと。思うときもありますが。。。

それくらい技術があってこれもやってだから勝てるわけです。これほどホントに馬が内に切れ込むのなら、もう少しフェアに外側でそれなりな騎乗をするか、それともムチを使わずに慎重に見ながら追うのが必要だったと思うしそうしてしまうのが自然だと思うのですが。。。

パドックとか見ているとブレナビスタが負けようが無いような気がしたので。。。

ローズキングダムが、武騎手の意地で2着で降着しやすくなっては。。。

「輝きこそカップの色」誰も語らない偉大な記録こそ史上最強馬の勲章シンボリルドルフ

App23003

JCが30年経過して振り返ったとき、もしあのときルドルフが84年菊花賞から中1週でJCを使わなくても誰も不思議に思わないでしょう。

そうすれば、その後の有馬記念でJC勝ちのカツラギと4冠馬シービーに完勝し、日経賞、春の天皇賞と勝って11連勝。。。。クリフジに並ぶわけです。。。

いわば3才での挑戦は、そんな偉大な名馬としての記録さえ捨てて挑んだものだったのです。

App2313

84年のJCは木曜日くらいからNHKの当時ニュースショーのトップ項目になったり、連日レースまで何本もの特集が各局から流されて、2年連続の三冠馬誕生直後にその2頭が最高のレースで勝負するという話題は、結局は下降線だった競馬をスポーツとしての一面を持たせることによって興味深いものにして、この後の競馬の盛り上がりを競馬ブームと認識できるほどになる、基礎の爆発的な拡大、つまり競馬がギャンブル、必要悪としての認識の比重を軽くして、参加してみたいとする気運を引き出したのです。

それにしてもクリフジの記録を持たずとも史上最強馬の一頭として数えられる存在、それがルドルフです。

この写真は不出来ですが、ルドルフがはじめて敗れて引き上げてきたときのものです。大敗したシービーへの怒号がスタンドではおこっていたのですが彼が引き上げて来たときの彼から出る悲痛なオーラがそれを静かにさせていきました。まるで静寂のウエーブがおこったようでした。

「輝きこそカップの色その3」「スミヨン」ライド「サダムパテック」

Img_9748

今年注目を集めるブエナビスタ、鞍上の魅力の大きさで一番手になっている感じは大きいでしょう。

写真は、サダムパテックでの未勝利戦のものですが、少し腰の高い乗り方ながら、見ている方には、他の騎手に比べて明らかにその騎手の重さを馬が感じていないように見えます。

Img_9747

それくらいのバランスの良さがあるから、彼の持ち味である素早い加速から、真っ直ぐ走らせて、素早く差を広げてしまうレースができるのでしょうが、それが4つコーナーを回る競馬で出来るかが今年のJCの注目点だったりすると思います。