2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

すばらしいレース

95年ラジオ短波3才S「真冬のダービー始まる!」ロイヤルタッチ、イシノサンデー、ダンスインザダーク

95rt1

サンデーサイレンスの産駒の登場とともに特に2才戦は様変わりしました。このラジオ短波賞までが早熟馬も戦える舞台、このレース以後がサンデー産駒達のダービーまでの競合路線となってしまったのです。

95rtrt1

このレース、及びこのレース周辺の2000の新馬戦などで高いパフォーマンスをみせたサンデー産駒を中心にその後は語られ、競馬も作られて行くようになりました。

それほどサンデー産駒は、仕上がってしまえば早くからレベルが高く、他の血統の馬よりも徐々に成長が出来てその総体的なレベルの高さを今までの血脈の馬達より長く保つことができたのです。その最初のレースが95年のラジオ短波賞でした。

95rtrt3

ロイヤルタッチ、ダンスインザダークは12月の2000の新馬戦を勝って大物であるとの評判を得ていました。

1番人気はイシノサンデーでしたが、勝ったレース内容が完璧なのでそれで当日は馬券の中心として売れていたように記憶しています。

95rtis1

(イシノサンデー)

レースはペリエ騎手騎乗のロイヤルタッチが初戦の新馬戦で見せたレベルの高さをここでも難なく再現して勝ち、イシノサンデーが2着で、新馬戦の大きな斜行から難しい印象のあったダンスインザダークが3着でした。

なお、このレースには第1回NHKマイルに勝つタイキフォーチュンも出走しています。

95rtdid4

(ダンスインザダーク)

このレースでもっとも印象に残ったことは、とてもこの日は寒い日だったのですが、レース後カンカン場で表彰式を待つために引かれているロイヤルタッチを相当深刻なまなざしで吉田照哉さんが見つめていたことです。(他にはついてきた奥さんしかいなかった。)

他の関係者は誰もいませんでした。まだサンデーがどの母方の系統からどんな馬がでるかわからなかったころです。

だから成功例を必死に目に焼きつけようとしていたその態度にはレース以上の凄みすら感じたものです。

「何年ぶりかの桜の仁川へ。。私の桜花賞史」82年~

Af4 

(90年アグネスフローラ)

今年は、抽選がどうなるか分かりませんが、桜花賞当日の忘れな草賞に愛馬出走のため、なんと14年ぶりの桜花賞見物となります。

82ouklg02

最初に見たのは82年リーゼングロス、圧勝した後、止められず、当時では珍しいウィンイングランになりました。

App2923

App2922

85年はエルプス、この馬は桜花賞を勝つために生まれてきたような感じさえしますが、雨の中で見事な逃げ切りでした。

App2884

App2885

86年は、メジロラモーヌ、盤石の強さです。どうやっても勝てない、まさに圧勝です。

88ouk01

App4294

88年はアラホウトク、トウショウボーイ時代を揺るがせないものにした彼女の活躍でした。

Ouka891

89年はシャダイカグラ、武豊初めての桜花賞制覇は、大外枠、出遅れを克服してのもの、力が違いました。

App3287

App3293

90年は旧阪神最後の桜花賞。ラストを飾ったのは、なんとアグネスフローラです。タキオンを通じてその輝きは永遠のものとなるのかもしれません。

App4220

91年は京都での史上最高と言われた桜花賞です。例年より遙かに粒が揃ったレースに、阪神よりもフェアな京都でのレース。

冬から胸が高まりましたが勝ったのは、シスタートウショウです。父はトウショウボーイ、母方はトウショウ牧場が重ね合わせたまさに日本競馬の縮図的な血統、それが居並ぶノーザンテースト、ノーザンダンサー系の居並ぶ強豪を全てを打ち負かしてしまった衝撃のレースとなりました。

93oukv02

93oukv06

93年はベガ、桜花賞馬の中で初戦を見た馬、初めての馬です。新種牡馬トニービンに洒落た馬名で可能性を感じた一頭でした。

95ouk04

95ouk03

95年は、震災のため再び京都での開催でした。勝ったのはワンダーパフュームでした。2着はダンスパートナー、いよいよサンデー時代の幕開けです。

さてさて今年はどうなるか。。。気楽に羨ましがりながら、見たいと思います。

「10年物語は三分咲きの桜の下で」09年高松宮記念はローレルゲレイロ一着

Img_1526

Img_1529 

Img_1533

 

今回はサンデー系が全く絡めないレースとなりました。スピードを落とさずに走れる軽い馬場で、脚をもつれさせずに走ること、つまり強い筋肉による反復運動でスピードを落とすことがなく走れるサンデー系が得意とする馬場でなく、馬場は固いので時計はでるけれど、芝自体には重さがあって、一気の瞬発力や一歩一歩の力が強い馬でないとこられない馬場となっていたようです。

Img_1550 

そうなると欧州随一で一番能力の高いダンシングブレーブの血が騒いで当たり前です。鮮やかな1着でした。

Img_1419_3 

直線は着差以上に差がありました。何処まで行っても逆転はない感じでした。

そのためスリープレスナイトの頭当たりにピントを固定して、気持ちの良い逃げ切りを鮮やかにとろうと意識を持つだけの時間ができました。

JBCクラシック「負けられない横山と譲れない武豊」ヴァーミリアンとサクセスブロッケン

Img_5628

Img_5620

Img_5624

Img_5626

2日の大デッドヒートの天皇賞の余韻を引きづりながら3日園田へ。

行きの電車で新聞を見ている天皇賞ラスト1ハロンは12秒6とかかっており、いわば3頭ともに最後はバテていたこと、ウオッカとディープスカイがその前の2ハロンを10秒台の脚を使ったことがわかり記録的にもゾッとしていました。

Img_5608

Img_5610

(レース1周目)

こんなレースの後で平凡なレースは嫌だなと思いながら、人で溢れる園田へ行き、それに匹敵するだけのレースに出会ってきました。

レースはフリオーソを挟んでのマッチレースに終始しました。

横山騎手もサクセスを内ラチギリギリに当たりそうになるくらいにドライブして逃げこみをはかりますが、キッチリ最後はヴァーミリアンに勝たれてしまいました。

しかしながらあきらめずに最後まで差し返したサクセスにも感動です。。。

Img_5527

Img_5631_2

Img_5643

(ヴァーミリアン)

園田は、まるで砂浜でレースをやっていると感じるくらい砂が深く、また粒も細かい感じがしてそれがヴァーミリアンには向いていたのでしょうが、休養あけの馬をここまで仕上げた技術にも感服する次第です。

マッチレースでしたが、良い馬が良い騎乗で力を出し切った良いレースでした。これぞ競馬です。

Img_5534

Img_5617

(サクセスブロッケン)

ただこういう舞台なのですから、たとえばラチを塗り替えるとかでもっと綺麗にスタンドではなく、馬場を綺麗に大きなレースらしくして馬に誇りを持たせられるようにして欲しかったと思います。

Img_5579

メイショウトウコン

Img_5522

Img_5604

フリオーソ

Img_5510

チャンストウライ

Img_5548

ボンネビルレコード

95年桜花賞「夢に降った雨」ワンダーパフューム、ダンスパートナー、プライムステージ、ライデンリーダー、ユウキビバーチェ

95ouk04

95ouk03

App4500

雨が止まない日でした。帰りの電車でレープロを読み返していたところ、「桜花賞に行って来られたの?」と向かいの席のおばさんに声をかけられ、「ええ、そうですが。。」「今日の勝ち馬の厩務員は私の娘で。。。。。」

「直接、厩務員になられたの。。」「社台で2年ほど働いてから。。。。」。。。不思議な出会いでした。

App4430

App4431

(安藤勝己騎乗)

震災の影響で、京都開催になった95年桜花賞は、サンデー産駒の登場。そして地方からのライデンリーダー等、自然と心が動いてしまう馬が多かったような気がします。

1400のトライアルをライデンリーダーは電気ショックのような末脚を炸裂しさせて圧勝しましたが、この雨馬場への適性、レベルの高いメンバーで、自由奔放な走りができるかなど、マイナス面も多く、悪い予感が的中した形で4着と敗れました。テンポイントの姉の子供が彼女の父のワカオライデンで、テンポイントとの関連も当時としては若干報じられていました。

またテンポイント一族の最高勝利数が11勝であり、彼女はトライアルで無敗の11連勝でしたので、少し本番でこの因縁で危ないのでないかと訳の分からない理屈も当時思っていました。

App3473

App4422_2

  (6番チューリップ賞)

2着になるダンスパートナーは、出遅れては少し負けるレースをして、桜花賞に出てきて強いところを見せました。サンデーの初年度の産駒です。いつでも細く見えました。

馬体がたいしたことしたことないわりには、レースでのパフォーマンスがやたら高いのが当時としては不思議でした。この後オークスに勝ちます。

App4419

(チューリップ賞、京都で施行)

プライムステージは、夏の札幌3才Sを制するなど、2才戦で好成績をだして、サンデーサイレンスの広告塔の役目を果たすこととなりました。ダイナアクトレスの子供ですが、気が強いカッカカッカした馬だったことを憶えています。

App4428

App4415

(上11番桜花賞、下3枚チューリップ賞)

ユウキビバーチェは、トニービンの産駒でチューリップ賞でダンス、プライムを押さえて勝利しました。サンデーがまだ初年度でもあり、トニービンは、ブレークしていましたからこちらのほうにクラシックホースらしさを見つけていました。

ほんと先入観とは怖いものです。。。。。think

App4497

レースはワンダーパフュームが勝ちました。これが全く知らない馬でした。桜花賞の週の木曜あたりから、名前が急に上がり始めたのは憶えていますが。。。

美しき「完全試合」安田記念はウオッカ。

Img_6794

Img_6740

久しぶりのウオッカは目が輝いていました。何かが違いました。

Img_6645_2

レースでは、ハナを叩いて、先行馬をハイペースで追い抜かせてペースを落とさせず、内で我慢してキッチリ一番後に仕掛けての完勝、後200からはCM撮影かと思わせるような岩田騎手の大向こうを意識した騎乗に見事に踊ってみせた美しさ。

こういうアクションが出来るのが超一流の証。映画の中にいるようでした。

Img_6671

Img_6704_5

(アルマダ)

Img_6681 Img_6694

(グッドババ)

Img_6699

(ブリッシュラック)

Img_6587

(エイシンドーバー)

Img_6709

(スズカフェニックス)

香港からの3頭は、グッドババが、大きい割には、異質の軽さがあると思っていましたが少しその辺が感じられなかったのが残念。アルマダは、標準的な一流馬の感じでした。

Img_6790

秋にはブリーダーズカップにウオッカを。。。

エルプス 桜花賞馬らしい85年桜花賞馬

App2925

App2921_2

才時に、スピードに任せて、マイルまでの距離を圧勝して評判になり、早熟との噂と戦いながらも、クラシックシーズンまでトップを譲らず、桜花賞を快勝し、その後のオークスでは、距離の壁で泣くのだけれど、その後もマイル位のレースになると、踏ん張ってさすがだなと思わせてくれる桜花賞馬らしい桜花賞馬が、彼女でした。

App2923 App2924

82年皐月賞 大混戦の結末は、大歓声。。。

App3747

(1着2アズマハンター、3着15アサカシルバー)

今年も皐月賞は大混戦ですが、82年も大本命だったサルノキングがスプリングSで故障離脱して、もう訳がわからない位に大混戦になってきました。これは面白いと言うことで中山競馬場へ初めて出かけました。

App4306 App4309

本命というか1番人気は、ハギノカムイオー。デビューからスプリングSまで逃げ切りばかりの3連勝。華麗なる一族の系統であり注目度は高いけれど、小頭数か同型馬がいない楽なレースをやって勝ってきた部分を払拭する程の大物感はないと言ってよく、勝てるとは思えないのに成績や血統がチラチラする最も危ない本命馬でした。

App4307 App4278

2番手はワカテンザン。シンザン記念2着、きさらぎ賞1着、スプリングS2着で堅実な成績。テンポイントの姉オキワカにミルリーフを負かしたことのある2頭の内の1頭のマイスワローでこれも血統と成績が良いのですが、パドックで踊っているのかといういわば入れ込みでは、不安、不満が残りました。

3番手以下は大混戦、この時代関東馬が圧倒的に優勢でしたが関東のトライアルレースは全て関西馬が制しており、関西優勢の違和感がこの混戦に拍車をかけていました。

App4303

ただ、スプリングSで良いレースをしたアズマハンターと特別を圧勝してきたロングヒエンは、レース直前になって出来が良いのか指示が上がってきていました。

App4308 App4311

後は堅実なアサカシルバー、血統が世界的な母方の血脈に父がノーザンテーストであるアスワン、東大牧場の生産馬のタケデンフドー、関東の2才戦で常に勝ち負けをしてきたイーストボーイなどが注目されていました。

(↓15アサカシルバー、8タケデンフドー)

App4299 App4304

パドックでは、ワカテンザンのいつもの踊りがスキップ位に落ち着いていた事を含め、みんな良い出来なのですが、長所、短所が見え隠れしていて、どれかが抜けている感じはしませんでした。(↓3アスワン、5イーストボーイ)

App4313 App4312

App4310

レースは、カムイオーの逃げをロングヒエンが潰し、この先行勢に遅れずに付いていったアズマハンター、アサカシルバーなどがしのぎにしのいで先頭に出たところをこれらとは全く別の大外を通ったワカテンザンがじわりと差し込んでその2頭の間に入ってきてゴール。

App3748

千葉県東牧場産のアズマハンターの優勝、関東勢劣勢の中での圧勝、オヤジには絶大な人気を誇る中島啓之騎手の優勝で俄然ゴール後はオヤジ達、知り合いの知り合いの知り合いくらいが凄いことやったから熱狂せざる負えないオヤジが熱狂しだしてそれが収まらないうちに表彰式がはじまり、馬場にオヤジファンがコースになだれ込んで大混乱。

乱入した奴らが関係者に握手しか求めないから、大盛況というか、やってることは目茶苦茶なのに美しい光景になってしまって。。。しかも誰も止めない。。。警備員すらやってこない。。。とにかくあれほどの盛り上がりは。。。。

91年桜花賞 前評判は「史上最高の桜花賞。」シスタートウショウ、イソノルーブル、ノーザンドライバー、スカーレットブーケ、ミルフォードスルー、リンデンリリー

App4220

91年桜花賞は阪神競馬場が改装のため京都での桜花賞。ゲーム的要素が含まれている阪神よりも、公平なレースが行われることへの期待、そして何より京都の方が桜が綺麗なことでいつもの年より心が弾んでいるところへ、他の年なら、間違いなく一番人気で桜花賞を勝ち負けするだろうなと思われる馬が群雄割拠していて誰が言い始めたのかわからないけれど、「史上最高の桜花賞」として認識されていきました。

App4227

App4226_2

App4216 App4213

App2664 App2665

App2668

(3才牝馬S、桜花賞、女王杯)

一番人気は、イソノルーブル、12月の京都での牝馬ステークス(ラジオ日経賞の前身)をスカーレットブーケ以下に当時2才としては破格の時計で楽勝します。

3月中京で1200の桜トライアルも圧勝して本番に挑みますが、桜花賞レース前に落鉄し、暴れるため、ゲート前で鉄を打ち替えられず5着に惨敗してしまいます。

(その後オークスでは、素晴らしい粘り腰で無念を晴らします。)

91d3nd4 91d3nd5 91d3nd3

91d3nd6 91d3nd7

App4215

(デイリー杯、桜花賞)

2番人気はノーザンドライバー、牡馬に混じって2歳の時から走り、デイリー杯を完勝、トライアルとして使った中京の1700のペガサスSを楽勝し、ノーザンテーストの傑作として、私はこの馬が勝つものと見ていましたがパドックから猛烈な入れ込みにより消耗し、大外枠からのレースなのに、少し制御が効かずギクシャクしたレースになり、チャンスを自ら逃した形で敗れます。

App2641 App2640 App2642 App2645

App3721

(チューリップ賞、桜花賞)

シスタートウショウは、3月の中京のチューリップ賞で強い競馬をします。例年なら彼女が大本命になるはずですが、4番人気でした。

3才になってから露出してきたため他の馬より認知度が少ないこと、母父ダンディルートでしたから、1段ランクが上がった時にどうなのかなと考える人が意外と多かったようです。

レースは鮮やかな圧勝でした。早めに先頭にたって稍重を1分33秒8で押し切っています。

91d3ms1 91d3sb3

(デイリー杯)

ミルフォードスルーは、北海道で活躍して、1月にシンザン記念すら勝ちますが、それでも他の馬たちよりは、見劣りがする感じがしました。大きな馬でした。

App3239

App2644_2

(3才牝馬S、チューリップ賞)

スカーレットブーケは、ずっと堅実な馬でした武騎手が乗って人気があり、桜花賞ではシスタートウショウを押さえて3番人気になっています。

App2649

タニノクリスタル、アネモネSを勝って桜花賞へ小さな馬でカッカしており、これも見劣りしました。(↑チューリップ賞)

App2669

リンデンリリー、エリザベス女王杯勝馬、女王杯の返し馬)

これだけのメンバーが揃っていたのですから、秋以降も他の世代を押さえて、最強世代として君臨したのかというと、秋には、スカーレットブーケが生き残っていただけ、女王杯にイソノルーブルも出てきただけの惨敗、その後もスカーレットブーケが活躍しただけでエリザベス女王杯を勝ったリンデンリリーさえどこかに行ってしまって、2年後には何も残っていない年代になりました。

その後スカーレットブーケがダイワ兄妹を、タニノクリスタルがタニノギムレットをだして世代のレベルの高さを証明してくれましたが。。。

82年牝馬クラシック  リーゼングロス、メジロカーラ、ヤマノシラギク

82ouklg01 82ouklg02

ビクトリアクラウンの不在の82年クラシックはそれでも個性派揃いでした。春はリーゼングロスのものでした。

桜花賞を圧勝してしまいます。たしか2枚目の写真は止まらずに1周してウィニングランのようになってしまったものをとったものだと思います。距離不安のあったオークスでも2着でした。

82kyd0282kyd01 82kydmk01

App2970 App2973

桜花賞2着だったメジロカーラはメジロアサマの産駒です。

受胎率が低いため産駒が少ない(全部で19頭だそうです)アサマの2頭目の重賞勝ち馬です。秋になり、朝日CCでヒカリデュールの2着の後、京都大賞典でカズシゲ、この後菊2着のパッシングサイアー等相当なメンバーに勝ち、女王杯を期待されましたが入れ込みで敗れます。その後は古馬重賞で戦いますが、斤量に敏感なために勝てませんでした。写真は82年京都大賞典(上3枚)、83年日経新春杯(下2枚)です。大好きな馬でした。

App2757 App2511

ヤマノシラギクは、大きな独特の流星がトレードマークの派手な馬でしたが、全ての競馬場で走り、2才夏から6才冬まで56戦走り続けて、古馬重賞で2勝するなど無事是名馬のお手本となる馬でした。写真は81年京都3才Sと最後のレースとなった85年有馬記念です。