2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

« 「私の淀40年物語」マックスビューティ(1987年ローズステークス1着、エリザベス女王杯2着) | トップページ | 「私の淀40年物語」サクラスターオー(1987年菊花賞1着) »

「私の淀40年物語」タレンティドガール(1987年エリザベス女王杯1着)

App37221

記録を見ると最後の最後で追いついて僅差勝った記憶なんですが2馬身勝ってるんですね。マックスビューティの牝馬三冠がかかっていたので、そこで記憶がフリーズしてしまったのかもしれません。

このころリマンド産駒がクラシックの距離で幅を利かせていたので、この馬の状態が上がっているとの報道は持っていましたが、そこまでとは思わなかったのが今でも本音で、いまだとわかりにくい中長距離血統ですが、このころは確固としたものというか、欧州直結的なものがあり、血統表を見る分にはというか、種牡馬関係本と新聞の血統ランを見比べながら想像するのは楽しいものがありました。

« 「私の淀40年物語」マックスビューティ(1987年ローズステークス1着、エリザベス女王杯2着) | トップページ | 「私の淀40年物語」サクラスターオー(1987年菊花賞1着) »

私の淀40年物語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「私の淀40年物語」マックスビューティ(1987年ローズステークス1着、エリザベス女王杯2着) | トップページ | 「私の淀40年物語」サクラスターオー(1987年菊花賞1着) »