2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

« 「私の淀40年物語」メジロラモーヌ(86年、唯一の牝馬三冠馬) | トップページ | 「私の淀40年物語」ミホシンザン(1987年天皇賞春1着) »

「私の淀40年物語」メジロデュレン(1986年菊花賞1着)

App2872

さて、86年菊花賞です。勝ち馬のメジロデュレンの成績を調べると5月に初勝利、そこから5勝目が菊花賞。2着は暮れに有馬記念に勝つダービー馬ダイナガリバーというのですからレベルは高かったと。

父はフィデオン、うろ覚えですが野平雄二騎手がフランスに移住して、日本人馬主が共同で馬を買って、野平騎手騎乗で走らせて、海外の大きなレースに、という志の元の一頭で輸入され、種牡馬となり、メジロデュレンを出したと。

App2871

メジロデュレン自体はステイヤーと呼ぶにふさわしいのかもしれません。ペースがきつくなった12ハロン以上では強さが感じられる馬でした。メジロマックイーンの兄でもあります。

App4098

それにしても雨の中を、今のように場所取りして、パドックでもレースでも直前にやってきてしれっと最前列で撮っている輩と違い、ずっと待ち続けてのパドックもレースも写真撮影、偉いなぁ。

 

« 「私の淀40年物語」メジロラモーヌ(86年、唯一の牝馬三冠馬) | トップページ | 「私の淀40年物語」ミホシンザン(1987年天皇賞春1着) »

私の淀40年物語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「私の淀40年物語」メジロラモーヌ(86年、唯一の牝馬三冠馬) | トップページ | 「私の淀40年物語」ミホシンザン(1987年天皇賞春1着) »