2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

« 「私の淀40年物語」エリモローラ(1984年日経新春杯より) | トップページ | 「私の淀40年物語」ニホンピロウイナー(1984年スワンS) »

「私の淀40年物語」モンテファスト(1984年天皇賞)

App4165

前年天皇賞で、名馬アンバーシャダイと接戦を演じたホリスキー。その後故障があり、出走してきたのが中山のオープン、ここを勝って本命で84年天皇賞に出てきました。前年の接戦がなければ、急仕上げの実力馬で死角が多い馬だったのですが、82年に菊花賞も楽に勝っていること、ほかにバリバリのオープン馬もいないので、抜けた本命だったのです。もしも程度で長距離の名馬モンテプリンスの全弟のモンテファストが注目されてはいた程度でした。

レースはモンテファストが鮮やかに勝つのですが、レースはゴール前まで混戦で直線一杯に使ってのレース、まだビジョンはなくて、肉眼でどれが先頭かを見極めなくてはならないので混乱したままレースが終わった印象でした、モンテファストをうまく収めた写真はこのパドックの1枚だけです、かろうじて。

« 「私の淀40年物語」エリモローラ(1984年日経新春杯より) | トップページ | 「私の淀40年物語」ニホンピロウイナー(1984年スワンS) »

私の淀40年物語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「私の淀40年物語」エリモローラ(1984年日経新春杯より) | トップページ | 「私の淀40年物語」ニホンピロウイナー(1984年スワンS) »