2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

« 「私の淀40年物語」ニホンピロウイナー(1984年スワンS) | トップページ | 「私の淀40年物語」シンボリルドルフ(1984年菊花賞) »

「私の淀40年物語」ハッピープログレス(1984年スワンSより)

App4068

ハッピープログレスは、84年春のまだG1でないスプリンターズS、京王杯、安田記念を3連勝して、短距離の絶対王者と関東では思われたようですが、その間、ニホンピロウイナーが故障しており、関西では2番手と思われていた存在でした。

このレースでも圧倒的な差で3着に負けます。勝った時は美しい勝ち方が多い馬でしたが目の前で彼が勝ったレースを見ることはできませんでした。

App2563

騎手は武邦彦さんです。息子さんが撮られることはなんともないけれど、カメラを向けると露骨に嫌な顔をされました。当時はギャンブル色が強く、酒飲んでヤジ飛ばしてが当たり前の時代をズッと過ごしてこられた騎手には異様に見えても仕方がありませんが、その分を差し引いても嫌な顔をされていたようでそれが今でもどこかに残っています。

 

« 「私の淀40年物語」ニホンピロウイナー(1984年スワンS) | トップページ | 「私の淀40年物語」シンボリルドルフ(1984年菊花賞) »

私の淀40年物語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「私の淀40年物語」ニホンピロウイナー(1984年スワンS) | トップページ | 「私の淀40年物語」シンボリルドルフ(1984年菊花賞) »