2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

« 「常に頂上たれ」フィエールマン | トップページ | 「ゆっくりと昔語り始めます⑨」ニホンピロウイナー »

「ザハイウエイスター」アーモンドアイ

2019_12_22_img_9999_179202005

ヴィクトリアマイルの週の売り上げは、前年並みであり、観客を入れなくてもそれなりに回収できるなら、密な状態など危険な状態になるのは、主に馬券売り場か、場所取りしているパドックか、スタンド席の場所取りでの長時間の場所確保で飲む飲まないにかかわらずのバカ騒ぎかになるかなので、それを閉鎖か規制してもらって、なんとか大きなレースはダメとしてもそれ以外の開催日は競馬を見せてもらえないかと思っている次第。

2019_12_22_img_9999_171202005_20200521144601

5月になってからなんだか同じだったはずの芝丈が京都に比べて、内から半分ほどが短くなって時計も早くなってきた感のあった東京競馬場、金曜に雨でも降らなければ、多分勝ちタイムは持ったままで1分30秒を切っていたでしょうが、狙い通りにはいかなかったのだろうなと感じられて、それがなんとなく救いのような気もして。アーモンドアイは凄く強かったけれど、鞍上もそれを演出して抜け出してからは余計に楽勝に見せるような感じもあったし、やっぱりテレビだとそういう思いのほうがすぐに勝ってきてしまうので、つまらんなと。

2019_12_22_img_9999_160202005

現場にいるとしばらくカーっとなってから、いやまてよカナロア産駒ってさほど追って味はなかったよなとか、少しでも馬場が伸びると有馬記念みたいに坂を上るときに必要以上に力んでしまうよなとか、ガーっていう反動が起きて、その反動みたいな力で調べるとかする、いろいろ考えたりもする、それが結局は競馬自体を把握できる力になるし、それも競馬の魅力でもあるので、なんとなくそれをテレビの前でしていてもつまんないなと。

無観客競馬になって、それで仕方なくPATにして、計6000円入れて、ただいま残高8000円、なんとかの状態ではあると。だけど1日のべ3000円ちかく賭けることは賭けるので、この2か月半でのべ約7万ほど賭けていることになると、パドックを見て、自分とグリーンチャンネルの推奨馬とを合わせ買っているのであまり無意味な穴には手を出していないし多分こういう買い方か自分の見立てが新聞になるとかでさほど大差がない方法で買われているのだろうと思うけれど、そうなるといわば穴馬に来てもらうより人気サイドで決着して、的中した金で次も買ってもらうほうが、残高以上は基本的に無茶ができない現状では売り上げは稼げるはずでそうなるとアーモンドアイが負ける馬場は作れないと。だけれど、それでもアーモンドアイは強いし、馬場が向いていて馬が強いからの理由で中心にして馬券は完璧に当たったけれど、やはりそれでも馬場の刈り方には少し異議を自分は感じたと。写真は有馬記念です。

« 「常に頂上たれ」フィエールマン | トップページ | 「ゆっくりと昔語り始めます⑨」ニホンピロウイナー »

トピックス2020」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「常に頂上たれ」フィエールマン | トップページ | 「ゆっくりと昔語り始めます⑨」ニホンピロウイナー »