2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

« 「ゆっくりと昔語り始めます②」ミホノブルボン | トップページ | 「ゆっくりと昔語り始めます④」ミスターシービー »

「ゆっくりと昔語り始めます③」オグリキャップ

App2813

中央2戦目、毎日杯の写真です。辛勝です。やっと勝ったイメージでした。現場にいたファンは私を含め3人です。女の人が「キャップ!!」と叫んでいました。まだ「オグリ!!」ではなかったんです。

競馬っていうのは面白いもんで、勝った後の方がファンが増えます。勝った後生まれるファンの方がそこまでのファンより多い現実はいまでも続いていると思います。当然ラストランの有馬記念を勝った後の方がそこまでのファンよりも多いはずです。だからその人たちが同じ夢があると思って競馬場にその後やって来て競馬ブームが起こったと思います。

個人的に言えばこの有馬記念の感動的な勝利で有馬記念の地位が今の暮れの大一番的な存在としてやっと確立したと感じています。

« 「ゆっくりと昔語り始めます②」ミホノブルボン | トップページ | 「ゆっくりと昔語り始めます④」ミスターシービー »

叙情的駄作集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「ゆっくりと昔語り始めます②」ミホノブルボン | トップページ | 「ゆっくりと昔語り始めます④」ミスターシービー »