2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

« 「伏兵が芽吹く季節」マンオブスピリット(つばき賞1着) | トップページ | 「記憶のスポーツと後で気がつく時も多々ある」フィオリキアリ(3歳牝馬1勝クラス1400m1着) »

「ヒットマンか別世界か」ジゲン(3歳1勝クラス1400mダート1着)

200220022020_02_22_img_9999_46

速いイメージのあるジゲン、ダートの新馬は基本無視する私ですが、しまったと思いながらそのレースを見ておりました。スマートな馬体ながら走り出すと速くて強くて力も感じる。ちょっといいなと。

20022020_02_22_img_9999_8

雨が強くて、馬場が軽くなって、それでいて外々を回ってそれで楽勝で、1分23秒台、ちょっと楽しみです。少しだけ負けてほしくない存在です。

« 「伏兵が芽吹く季節」マンオブスピリット(つばき賞1着) | トップページ | 「記憶のスポーツと後で気がつく時も多々ある」フィオリキアリ(3歳牝馬1勝クラス1400m1着) »

トピックス2020」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「伏兵が芽吹く季節」マンオブスピリット(つばき賞1着) | トップページ | 「記憶のスポーツと後で気がつく時も多々ある」フィオリキアリ(3歳牝馬1勝クラス1400m1着) »