2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

« 「ヒットマンか別世界か」ジゲン(3歳1勝クラス1400mダート1着) | トップページ | 「このやるせないモヤモヤを突き抜けろ」サウンドキアラ(京都牝馬ステークス1着) »

「記憶のスポーツと後で気がつく時も多々ある」フィオリキアリ(3歳牝馬1勝クラス1400m1着)

20022020_02_23_img_9999_63

それなりにそれなりにメンバーが揃った日曜日、フェブラリーSの指定席に外れ、見に行くほどはないとタカをくくっていたけれど、これは良いレースだった。

20022020_02_23_img_9999_49

差し切ったフィオリキアリはキズナ産駒、パドック見ながら、こういう馬場キズナが京都であの時は1800だったけれど、ズバッときたなって思ったけれど、昔赤木駿介さんが言っていた、ずっと続いているような悪い馬場は馬格が必要だってことを頑なに信じているんで。。。四位騎手のミズリー名を注目馬に入れてたんで。。。ウーン。自分の記憶が結局勝っているのかと。

« 「ヒットマンか別世界か」ジゲン(3歳1勝クラス1400mダート1着) | トップページ | 「このやるせないモヤモヤを突き抜けろ」サウンドキアラ(京都牝馬ステークス1着) »

トピックス2020」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「ヒットマンか別世界か」ジゲン(3歳1勝クラス1400mダート1着) | トップページ | 「このやるせないモヤモヤを突き抜けろ」サウンドキアラ(京都牝馬ステークス1着) »