2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のトラックバック

« 「そろそろ春を想う頃」ヒルノマリブ(紅梅ステークス1着) | トップページ | 「お軽ハンに乗ったけれど」モズベッロ(日経新春杯1着) »

「どこまでも走るか」ソウルトレイン(白梅賞1着)

20200112020_01_19_img_9999_184

さて、日曜には1600mの特別があり、新種牡馬エピファネイアの牝馬が人気で、結果論の私、大体エピファネイア産駒はなるほどこうだろうが、自分的にわかって来て、キズナ産駒はまだ、もう一歩つかめないところ、本当ならこうだって書いてしまうところだけれど、お金も使って分かったんだし、結果論なんて誰も見たくもないだろうからと、自分はそれもあって少し負けるだろうと思うんだけれど違っているらしく、ここは記者の目を信じてエピファネイアを勝ったけれど。。

20200112020_01_19_img_9999_185

それは置いといて、勝ったソウルトレインは、レッドスパーダ産駒、レッドスパーダは下河辺牧場産、いつか東京サラブレッドでの見学の際に手厚くもてなしていただいて、ホントありがたかった。それだけでレッドスパーダというと応援したくなる、馬券はこの馬とエピファネイア産駒へのワイドで外れましたが。

« 「そろそろ春を想う頃」ヒルノマリブ(紅梅ステークス1着) | トップページ | 「お軽ハンに乗ったけれど」モズベッロ(日経新春杯1着) »

トピックス2020」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「そろそろ春を想う頃」ヒルノマリブ(紅梅ステークス1着) | トップページ | 「お軽ハンに乗ったけれど」モズベッロ(日経新春杯1着) »