2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

トピックス2019

「ライジングサン」サダル(プリンシパルS1着)

19nmgimg_6150

先週の土曜日中止で、G1を含むオープンが3本、なんとなく得をした感じのこの日曜日、まずプリンシパルS。1着はサダル、本命のルヴォルグがさぁっていう時にあまりにもタイミングよくぶつけられて場内結構騒然とし。そのあとのキャロット2頭の競り合い、サダルの強さ、騒然を消せはしなかったけれど、鮮やかさは印象に残ったと。

これといった後継がいなかったディープインパクト、父であるトーセンラーのパフォーマンスは結構高く、期待が膨らみます。

19nmgimg_6147

「リボンがゆっくりほどける時代に」フィエールマン(天皇賞春1着)

190042019_04_28_img_9999_213

パドックを見ていて、後脚の内側の筋肉の強さが際立っているディープ産駒、反対に全体の筋力が古馬になって充実してきているステイゴールド系産駒、レースが途中緩んで瞬発力勝負ならディープ産駒、レースがさほど緩まずスタミナというか、上げ下げが少ないレースならエタリオウや京都実績があるパフォーマプロミスが何周パドックを見ても出てくる結論で。ゴール向かってきてその通りなってくると結構空しかったりしたレースでは個人的にありました。この日の馬場は、レースに乗っていくとついていけるけれど、控えたりするとドンドン置かれていく感じで、多分向こう正面の馬場で深さが極端に違っていたんじゃないのかって思うけれど、それが疑問の一日ではありました。

190042019_04_28_img_9999_194

思い返せば平成はじめは競馬ブーム、10万人以上くる天皇賞、でも写真は撮りやすかった、いまそれほど来ない、スタンドは一緒の部分が多いけれど、座るところがないのがなんでかと思います。この日もメインレース前に椅子席にはゴミとなったレープロ、新聞、ガムテープなどで座れるかどうかわからない椅子席が全体の20%はある状態、何とかしてほしいもんだと思うのと、少しでも座れるように椅子席の清掃もレース途中でやった方が良いのではと感じました。

190042019_04_28_img_9999_233

さて、レース後の印象が強くないこのレース、誕生日でもなければ、来場もないのに、天皇賞の名前をつけてやる意味があるのかと思います。天皇賞は秋だけにするか、それとも昔の京都、目黒記念のように2400、2500の距離で春秋に天皇賞を開催し、ジャパンパップは2000にし、菊花賞を古馬混合にして、春には新設のG2の長距離レースを設けて長距離路線を整備したほうが良いのかなと思います。それにしても凱旋門は遠いと、騎手だって、本番じゃ下手な部類に入るし。。。

「今日の驚き、明日の輝きを新時代へ」ダノンプレミアムDanon Premium(マイラーズカップ1着)

190042019_04_21_img_9999_191

直線強い追い風とは言え、促す程度に毛の生えた程度で、上り32秒台は凄いですね。前走はリスグラシューに1キロ差で内を通って1馬身ほどだったので、勝ったけれどもう少しって感じだったけれど、今回はモズアスコットは58キロだけれど、自身57キロで、他には1キロ重くてこの結果ですから、凄いです。母父インチカブ、スノーフェアリーの父でもあるはず。やはり京都は合うんでしょうか。

190042019_04_21_img_9999_181

このマイラーズカップ、天皇賞のこの時期に施行になってから、結構いいメンバーが出てくるにも関わらず、次の週がGWのせいか、人が少なくてパドックに早く行けば最前列でみられるのが何より、ダノンプレミアムの脚の太さには少し驚いて。いつも彼を見る時は阪神とか府中とかで少し頭目にみるので、テレビの延長程度の現場になってしまうけれど、脚の太さは発見でした。インディチャンプは太目、仕方がありません。次が血統的にも縁がある安田記念、ここ目一杯では壊れてしまいます。

190042019_04_21_img_9999_137

二転三転で万馬券も興奮するけれど、強い馬が強い、負けた馬もなにか感じさせてくれる。良いレースでした。

190042019_04_21_img_9999_232

「山よりでっかい猪は出んかった話」サートゥルナーリアSaturnalia(皐月賞1着)

190042019_04_14_img_9999_158

さて、阪神が調子が悪いと思わず思い出す言葉が「やまよりでっかいししはでん」です。これは阪神の熱狂的ファンだったラジオパーソナリティーの中村鋭一さんが阪神の連敗が長く続くときに、良く言っていた言葉です。5連敗は5連敗、それ以上のものでもなんでもないっていう意味で良く使って連敗で最悪でやり場のない気分を切り替えるために空しめだったですがラジオで叫んでおられました。

190042019_04_14_img_9999_167

怪物と噂されたサートゥルナーリアですが、時計が遅かったり、向かい風の時にギリギリまで風よけがいてくれたりして、楽なレースを持ったまま勝ってきました。これで追ったらどうなるとかから始まって無尽蔵に強い印象が休んでいる間に植え付けられて怪物までイメージが膨らんでいましたが、さてどうなんだろうって。例えば他のロードカナロア産駒を見渡すと、斤量が増えた時にパフォーマンスを落としている馬って結構いるんです。少しはいつもより刈ってあったかもしれない馬場のドバイで2キロ増えただけで、平均以上の時のローズSより遅い時計しか出せなかった馬も、マイルCSに3歳で勝ちながらそれ以降それより重い斤量で勝てない馬も等々みんなカナロア産駒。(4月16日20時補足)アドマイヤマーズが前走57キロで56キロのダノンキングリーに負けて陣営が、(関係者は過去良く聞いた原因だったから実感もあったろうし、負担重量の分の勝負になるのが面白くないので僕は馬券を買いませんでしたし)ホントは一番の敗因がそれ(斤量が増えたこと、斤量の差がある)なのに言わないので、本番に向けて斤量が増えることやそれに敏感な血統がいるというの面が珍しいくらい注目されなかったけれど、本来は本来なんで本来が起こったら圧勝はないだろうなって3月には確信していました。

190042019_04_14_img_9999_89

レースは、直線強い追い風、2000のレースだと6ハロン以上追い風、残りが逆風、追い込みでも後ろに馬がおらずまともに追い風を受ける馬は追い込めている条件。先行馬が多くいるしその馬が伏兵扱いなので、団子になって力尽きてくる感じがあるので、その先行軍団は避けたいところだし、馬場は内が掘れててそこが悪いかどうかと5頭目までくらいが芝が薄くて速く走れる状態で、ロスなく先行して直線でその芝の薄い部分を走る馬が有利かと。実はレースは結局は物理的に決まった感があると。タイムが速い一因にこの風も絡んでいるのは明らか。1秒は下駄はかせてもらっていると。

190042019_04_14_img_9999_144

審議のほどはわかりません。ただ東京と小回りで直線ゴール手前まで坂がある中山とでは、審議、降着の基準は変えて良いと思いますが、例えば小回りのアメリカのコースが4コーナーで外へ膨らんだりとかするのを厳しくとるのを随分前に聞いたことがあるけれど、坂の部分でまっすぐ走らせなかったことに対しては中山は厳しめに執ったほうが公平かなと思います。さてダービーが面白くなってきた感があるのが嬉しいと。

写真を見てもらえればわかりますが芝が薄すぎると思いませんか。仮柵の使い方などもう一度考えた方が良いと思います。

190112_2

「時の流れのように花は散り風は吹いて」オジュウチョウサン(中山グランドジャンプ1着)

190042019_04_13_img_9999_109

久しぶりのレッドキングダムを応援に出かけて以来の中山グランドジャンプ観戦でした。あの日のように南風が強くて。桜が3週間以上も咲いていたことになるけれどさすがに散りだしていて。

190042019_04_13_img_9999_33

昔、ラジオ短波(ラジオニッケイ)が競馬中継のメインであったころ、大川慶次郎さんと皐月賞3連覇の記録などを持つ元祖フリー騎手の渡辺正人さんのクロストークが昼休みの時間にあり、長岡アナウンサーが進行をしていて、いろんな競馬のことをそこで聞いて憶えました。障害関係で印象に残っているのは、障害はまっすぐ飛ぶよりも少し斜めに飛ぶ方が飛びやすいし、スピードも落ちないとその時聞いて未だに耳に残っていますが、よく見ているとオジュウチョウサンの飛越はその理にかなった飛び方であり、その飛び方が上手いために前へ他より行けるのかなと感じたりしていました。

190042019_04_13_img_9999_63

レースをみていると、それをさせないようにとにかく真っ直ぐ障害を飛ばして少しでスピードをくじいてやろうと思いが他の騎手にはある感じもして、レースは昔はこういうレース平場でもあったんですが、とにかく相手のリズムで走らせないようにするにはどうするかってやってくるというか駆け引きしてくるっていうか。とにかく見ていてそれが面白かった。

190042019_04_13_img_9999_84

平場の脚がついた分、まっすぐ飛ぶのが速さがある分誤差が大きくなってその分苦労していたような。でも勝ちました。レースも大変面白かった。踏み切ってジャンプも生で聞けました。

「軽く飛びました」ラヴズオンリーユー(忘れな草賞1着)

190032019_04_07_img_9999_12

1勝馬でも出られる可能性がある例年の桜花賞、今年は2勝馬でも出られずに、これは不運だと思いました、彼女は桜花賞の有力候補でしたから。

190032019_04_07_img_9999_13

レースは、道中馬をおかずに、外々で、それなりの勝ち時計を馬なりで。なんとなく伸びの迫力はこちらの方があったような。毎年桜花賞のパドックの関係で見るかどうか迷う忘れな草賞、今年は見ていて正解でした。

「花か薬か謎解きか」グランアレグリアGran Alegria(桜花賞1着)

190032019_04_07_img_9999_377

競馬場に着いた時、強い直線追い風、良馬場で、内側は剥がれた部分を芝のレースが終わったら大勢の係員がセッセと目土を入れて踏み固めて何日も過ぎ、内側は芝が薄い状態になり、少しは馬場をフェアにしようと多分部分的に刈った場合はアナウンスすることが要らないと決めているのかわからなけれど明らかに刈った芝の葉がその外側に位置して、暑い南風が吹いて馬場は高速化しているのは目に見えて明らかで、こうなると体の大きいサンデー父系の先行馬、母系が先行競馬が主流のアメリカ血統ならなお鉄板という状況になっているのは誰の眼にもわかって、そうなるとグランアレグリアが競馬場に着いた時の答えではあったと。(写真を見てみると芝の薄さは明らか)

190032019_04_07_img_9999_363

もう一つはウォッカの悲報、これに絡めて言えば、桜花賞でウォッカ負かした馬はダイワスカーレット、その兄ダイワメジャーは、桜花賞馬を出している、ダイワメジャー産駒は1頭だけでシゲルピンクダイヤ。しかもダイワスカーレットと同じ8枠で、名前にも8枠の色のピンクが入っており、騎手は和田騎手で、名前に新しい元号が一部入っている、レイジじゃなくリュウジなところが惜しいところではあると。

私、G1馬券は電話投票をほぼ止めて頻繁に競馬場に通うようになってからは、持ち馬出走以外は、新馬なり初勝利なりを見た馬の馬券を買うことにしておりシゲルピンクダイヤもその一頭に当てはまっており。これかなとガンバレ馬券。でも出遅れ。でも2着。

190032019_04_07_img_9999_272

レースは、いつも一塊になる集団が今回はやや縦長になって、その前にいる馬のアドバンテージが大きくなったと。案の定、大きなサンデーの先行馬が勝ったと。

190032019_04_07_img_9999_217

問題は早すぎるタイム、芝のないところに目土を入れて丁寧に人力で踏み固められた内側、それに合わせて刈られた外側、短すぎる水準の芝生、それで出されたタイム、馬中心主義じゃない。前年牝馬が速いタイムで走ってそれで凄いって世間が久しぶりに競馬で騒いだんで、そのおかげか招待されて出かけた海外でも少し薄めに刈ってあったけれど、それに味をしめて。。これはいくら自分たちが成功体験で気持ちよくなるからってやってはいけないことなんじゃ。それよりも番組表にラチの位置をBコースって書いてしまって、その文字を絶対守るために馬のためがどこかに行ってしまうんじゃなくて、臨機応変に仮柵を少し外側にだして一番芝が剥がれているところは使わないようにするのがやはり良いんじゃないのかって。理事長もタレントの横で馬場を一番上から見てるんだからなんとも思わんのかって。G1のパドックで馬主の人には気使うのに何で主人公の馬には何にもって。

エプソムなんてダービーの前日に関係者が前日のメインのオークスの馬群がそこまで来てるのにゴール前で次の日の馬場のコンディションをどうするかって喧々諤々やっていたけれど、日本でもそうしたほうが良いんじゃないのかって。馬中心の心と行動。競馬場で競馬やるんだから関係者くらいはその心を持ちたいって。

190112_1

 

「もう一回春一番」クロウエア(デビュー戦の未勝利1600m1着)

190032019_03_31_img_9999_56

愛馬応援のため写真はあまり良くないですが、素晴らしい馬体ですし、このレースはまだ直線強い向かい風の中でしたが、向かい風を走った返し馬の迫力もありましたし、強いのが出て来たなって感じです。トーセンホマレボシ産駒、なかなか走って来てます。

190032019_03_31_img_9999_64

「久しぶりの美味しいギムレット」ヒーリングマインド(アザレア賞1着)

190032019_03_30_img_9999_31

急に雨が激しくなった土曜日のアザレア賞、日刊スポーツで推されていたヒーリングマインドをパドックで見たところ、筋肉質で大柄で光っており良いなと思いました。

190032019_03_30_img_9999_21

だけれどほんとに来るのかなと思っていたら、最後にキッチリ決めてきて、久しぶりにタニノギムレット産駒で道悪もこなせて、距離も大丈夫で、期待は膨らみますな。

「冬の終わり春のはじめ何かが変わるかもしれない日」アルアイン(大阪杯1着)

190032019_03_31_img_9999_624

深夜に行われたドバイのレースでは、あちらの三軍に勝ったり負けたりで、ヤッパリロードカナロア産駒は気性が大人しい分仕上げがしやすくて、それなりに早い時期から完成度が高くて、その分斤量が軽い時期に良いパフォーマンスができるのかとか、やはり2400になると、日本では2000くらいをこなせる可能性でなんとかなってしまうけれど、それがドバイでさえやはり通じないのかなという思いはハッキリしたかなと。

190032019_03_31_img_9999_577

大阪杯は、朝から吹いていた直線向かい風になる強い西風の影響が必ずあるものと思ったけれど、15時を過ぎたころからレース時にはもうばたんと言った感じで止んでいて、こうなると、内の芝生が剥がれて浅い部分を通った方が最大1秒はメリットがある状態に変わっており、レースは内枠の馬で内を通った実力馬がの結果になったと。

190032019_03_31_img_9999_366

騎手は北村騎手が中央G1初勝利、滋賀県にルーツがある出身で、しかもいわゆる湖北出身という全く不毛といってよい地帯出身でこの勝利は、競馬が社会悪でなくて絶対悪に近いとらわれ方をまだしている地域ではとても嬉しい。おめでとうと言うよりありがとうが本音です。良かった良かった。

 

より以前の記事一覧