2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

トピックス2019

「行くんじゃなかった後祭り」ロールオブサンダー(中京新馬2000m1着)

19nmg2019_07_21_img_9999_68

さて、2000mの新馬戦、一本かぶりのキンカメ産駒が負けて、一番内をエピィファネイア産駒のロールオブサンダーが押し切り勝ち。。だけど、これでキンカメ系は走らないと思った、ついでにスクリーンヒーロー産駒がこの中京の芝にあっていると行きの名鉄の中で思いながら、蒸し暑くて忘れてしまって中京記念にシコタマいってしまって。この新馬でで引き上げたんで、帰りに寄ったゴルフ練習場のテレビの前でひっくり返り。後の祭りとはこのこと。

「ヴィンテージかブームか」ペールエール(中京新馬1400m1着)

19nmg2019_07_20_img_9999_49

大きくて力強い馬ですが、武骨なレースではなく、理想形を描ける、まさに良いダイワメジャー産駒なんですが、前年のクラブの募集の時にも感じていたのですがこの世代ダイワメジャー産駒デキが良いんじゃないのかって。この馬もその一頭だと。

19nmg2019_07_20_img_9999_39

中京の芝はいかんですな。内側を最初から刈っていて、内を通る、つまり先行馬有利、仮柵をしてから刈っている部分を最終週は外に出したけれど、通ってなかった分と蒸し暑さで芝の密集が上がって刈ったところで芝の抵抗力は相当で、結局最初に刈ってあった部分が仮柵で狭くなっているのにそこをみんながめがけるレースになってしまっている。もう少しフェアな運営が欲しかったです。

「子供は元気な方が良い」マイネルグリット(中京新馬1600m1着)

19nmg2019_07_20_img_9999_33

人気はキングカメハメハに父が変わったハープスターの妹に集まったけれど、なんとなく覇気というかガツンとしたものがキンカメ産駒らしく新馬戦では感じられなくてマイネルの方が良いかなと思って馬券を買って、ありがとうです。

19nmg2019_07_20_img_9999_23

勝ちタイムは、その後に行われた2歳ステークスより若干遅いだけで、レースが初めての分、同等程度のレベルがあったというか、道中はタイム的にも変わらないし、このレース、レベルが高かったなと思います。特にこの直前の勝馬のもたれで内側の馬は不利を受けているような。次走狙いかもしれません。

「話題も気温も上がります」ラインベック(中京2歳ステークス1着)

19nmg2019_07_20_img_9999_167

さて、蒸し暑さが増してきた中京競馬場、今年はなんとか気温は上がらずでその分楽ではあったけれど、やはり3時間程度が限界で、2歳戦中心に。私自身この中京開催のメインと思っている中京2歳ステークスへ。

19nmg2019_07_20_img_9999_165

1番人気は、ディープ産駒で母アパパネのラインベック。8頭立てで、勝ち馬は3頭のレース、ま勝つだろうと。パドックでは、ディープによく似てる感じがしました。でも走らせると少し脚が長いかなと。兄姉は関東なんで何回も見たことはないけれど、ラインは似ているかなと。

19nmg2019_07_20_img_9999_72

レースは、堂々の勝利、芝の抵抗のある部分をメンバーが手薄とはいえ、伸び切ったのはさすがという感じで。マイラーかな。スパッと切れるというよりはジリジリ伸び続けるタイプつまりはマイル前後でとなるはずでしょう。だから距離をもたせることに定評のある友道厩舎でクラシックを目指すのかなと。

19nmg2019_07_20_img_9999_235

それにしても変な人が多い中京競馬場、蒸し暑いだけにイラっと来てしまいます。システムの改修で指定席は販売が急な変更でいつもより取りやすかったし、ログインしてもシステムが何度も応答してくれなかった以外は良かったし、普段の発売なら、いかにもその筋って人が目立つのにそれが今回は目立たなかったので比較的平和だったのも良かったのでその点でイラっとくることはなかったものの。カメラ小僧とカメラお嬢の会話「SNSにあげた写真を勝手にSNSで使われた」「こっちは場所取りしてチェーンで荷物を括り付ける苦労して撮ってるのに何だ」。。。阿保の会話です。いい年して場所取り肯定は社会人失格です。写真の共有の仕方は1981年以前の優駿の編集の仕方に寄り添うのが一番良いと思うので、どうせよとは書いていないけれど見ていれば答えが出てきます。そこんとこよろしく。

190112_20190722200601

「キリッとしたタイプが走るかも」クリアサウンド(中京新馬牝馬限定1400m1着)

19nmg2019_07_14_img_9999_70

さて、滑り出し順調な感のするキズナ産駒、中京ではクリアサウンドが1着、黒くて形がキリッとしている感じで、この形がキズナは走るのかなって思って見てはいますが、まだまだ結論は先でしょう。キズナ自身は2戦目でガラッと変わってきた印象があったので、産駒は2戦目でどれだけ変わってきているか注目したいですな。

19nmg2019_07_14_img_9999_67

「同じ瞳の妹」トレミエール(3歳未勝利1着)

19nmg2019_07_14_img_9999_33

持ち馬でないし、人気もしてないし、競馬場に着いたばっかりだし、応援馬券は買わんとこと結論はだしたものの、新聞をよく見るとスローの新馬を大敗して、未勝利を10着、だけれど姉も3戦目で勝ってるし、新馬から2戦目は差を詰めてるし、体重は減ってないし、ハーツ産駒で道悪の適性はあるだろうし、ひょっとしたらこの兄妹、雨を含んでいる感じの馬場で走るのに他よりも抵抗がないんじゃないのかって思って、それならって予感がしてのスタート。

19nmg2019_07_14_img_9999_36

外から先行して外を回っての押し切り勝ち、強い内容、適距離が長目になるかもしれないので苦労はするだろうけれど。強い内容に変わりはない。

19nmg2019_07_14_img_9999_47

それにしてもなんでこんなに嬉しんだろ。馬券も買っていない、一口持ってないのに。姉と瞳が似ているだけで。

19nmg2019_07_14_img_9999_52

「加速の違いも素質の一部」マイラプソディ(中京新馬2000m1着)

19nmg2019_07_07_img_9999_81

何故か中京の芝コース、内側数頭分を刈ってあり、明らかに芝丈が短いのがわかります。大外からの追い込みが決まらないのも開幕して2周目だからでなく、ただたた芝の長さの違いで芝の深い外側を通していてはその部分芝が長すぎて追い込みが出来ないのです。

19nmg2019_07_07_img_9999_78

7月で2000mの新馬戦、スローペースを大外から追い込んで芝の深いところではジリジリしか伸びず苦労していたけれど、芝の薄い部分に入れてからはアッサリ上がり勝負を抜け出してきた素質は凄いと感じました。

19nmg2019_07_07_img_9999_55

「仕上がることも素質の片鱗」シャレード(中京新馬1400m1着)

19nmg2019_07_06_img_9999_13

この時期新馬戦が観戦のメインになる私。何しろ中京は暑い。そのため観戦は3時間まで、新馬戦を見ればメインは見れません。暑くなるイコール馬券ワイドボックス馬券の的中率はガクンと下がり、何しろ的中させ続けないと儲からない馬券のため、気分は滅入り気味になり、3時間以上もちません。

19nmg2019_07_06_img_9999_11

夏の中京の新馬戦1400m、すなわち後のマイル適性を試す一戦、本命シャレードは仕上がり切っている部分があるなの印象も、1分22秒台は重馬場で凄いことの部類に入るかもしれません。

「それぞれの思惑が。。。」レッドベルジュール(阪神新馬1800m1着)

19tour2019_06_23_img_9999_45

さて、評判馬、話題馬が揃った新馬戦、宝塚記念の日もあって、レースがある正午付近のパドックは混雑して、なぜか後から来た人にこの時間帯にもかかわらず押される始末で、厄介なもんでした。

芝を刈った効果がハッキリ出ているので、きっちり仕上がっているレッドベルジュールが勝つだろうなって感じにしか見えなかった上に、レッドは藤原厩舎、調教師も周回には加わらないものの付きっ切り、圧倒的1番人気の馬は、周回で差が開いても修正せず全頭を歩く感じになり、それもあって馬はイラついて、騎乗の時も暴れていました。この厩舎のこと複数の人がガッカリをツアーの時、参加者にぶつけていたた、そんなにひどいのかと思いましたが、こういうことが積み重なっているのかなと感じてしまいました。

19tour2019_06_23_img_9999_28

さて鮮やかな勝利に文句は全くないものの、少し傾向として例年通り重めの馬場だからと、出走することを決めて、1週前追切をして、その後馬場が刈られて、速い馬場になってしまったと、軽くなるってもっと前からアナウンスがあれば、中京にしたのにって思っている陣営もあるんじゃないでしょうか。でも追切したから変えられない。なんとなく公正さを欠くというか。

馬場をいきなり最後になって例えば中間に雨が降るんで芝が伸びすぎるのがマズイっていうのでも、もう最終週なんで少し理由として通りづらいのに、なにか釈然としませんね、馬も、他より重い馬場が良いんだって阪神開催使ってきている馬だっているわけで、なんとなく馬本位じゃないっていうことと、ヤッパリここで優先権とか逃したらその後出れない馬もいるので、急に刈ってしまったら、どれだけの速くなるかとかレースがいくつか終わってみるまで分からないので手探りのものに賭けさせられるし、そこで未勝利なんて全てを決められることになるし、公正さを欠いているというか、そこまでして何に利益があるのかって思います。不真面目な感じが凄くするんです。

「新種牡馬もシルク」ラウダシオン(阪神新馬1200m1着)

19tourimg_6122

圧倒的な人気で、新種牡馬だし、これでこけたら嫌だなという思いでした。しかし鮮やかなもんです。写真を見ると相当全身運動ができるタイプのようで、他のディープ系と違うかもしれないと。次観るのが楽しみな存在登場です。(写真はいつもの7Ðでなくミラーレスで撮っています。)

より以前の記事一覧