2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

« 「スターまであと一歩なのに」バイマイサイド(グレイトフルS2着) | トップページ | 「2020前夜は快晴」コントレイル(ホープフルステークス1着) »

「この冬がやがて幸せな虹の夢に繋がっていますように」スティッフェリオ(有馬記念惨敗)

2019122019_12_22_img_9999_26

有馬記念の過去レースをみると、4コーナー過ぎから後続が一気にきて、急坂前に先行馬を飲み込んでしまうレースが一般的な感じで、先行馬で善戦しようとすると、急坂までにセーフティーリードを取らなければならないのが明白で、ハイペースになる今回はそれは無理かなぁと感じていて、G1の記念品を買って有馬までやってきた感で感激するのが精一杯で。

レースは超ハイペース。中山って下りながら1コーナーに入るんで、それまでの随分前からスピードを落とさないと必ず自滅的なハイペースになるんで、内から先行する馬がいるのに、大外から4コーナーまでに先頭に行かせたんでは、雨が降って少し重くなって、内も荒れて伸びなくなっている馬場で、しかも直線逆風での先行では自滅100%の超ハイペース必至、このハイペースを引退レースとはいえ関東の騎手が解っていてワザとやるのはどうなんだろうと、なにかのペースメーカーとして出てきてるんじゃって。引退レースだからって出たい馬押しのけて出てきてペースメーカーじゃ、それはレース自体に失礼なんじゃないのかって。

レースは前と後ろが見事に逆転して、後ろにいた馬が全て来て、斤量の有利不利も含めての実力順の結果になっただろうと、中団の馬はそのまま中団で終わり、1着と2着の差は距離適性の差でそのために2着馬がバテた分、他の差し馬が差のないところまで来たと、その差し馬の中に菊花賞馬が多いのがこのレースを差そうとするとスタミナが必要だったということを物語っていると。

2019122019_12_22_img_9999_296

さてスティッフェリオはどうっだったかといえば、まずは何にもせんと最後に差してきた馬よりは立派だったと、何しろ13着だけれど、12着は先行したJC勝馬、先行すればハイペースに巻き込まれて必ず惨敗のレースの中一度は先頭だったし、立派ではあったと。

2019122019_12_22_img_9999_271_20191225232102

残念というか気になるのは七つ。返し馬を順周りでやったのがどうだったかが一つ、馬体重の急激な増加がどうなんだろうが二つ目、牝馬で先行馬がいるレースを力んで走ったのには訳があるんだろうかが三つ目、コーナー4つ以上のレースはこれで6戦全敗善戦すらなし反対にコーナー4つのレースは出遅れか2戦目のように騎手の明白なミスなど理由がある場合以外は全てまずまずの結果をどうこれからするかが四つ目、距離適性が計れるレースだったのかそれとも違うのかが五つ目、メンコがない方がどうだったのか六つ目、サートゥルがドバイに行きキセキが控える競馬をするとなると意外と春のこの路線チャンスかなが七つ目。

PR)

190112_20191225233101

 

 

 

 

 

« 「スターまであと一歩なのに」バイマイサイド(グレイトフルS2着) | トップページ | 「2020前夜は快晴」コントレイル(ホープフルステークス1着) »

私の愛馬ゆるピカ日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「スターまであと一歩なのに」バイマイサイド(グレイトフルS2着) | トップページ | 「2020前夜は快晴」コントレイル(ホープフルステークス1着) »