2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のトラックバック

« 「間違いの喜劇The Comedy of Errors」リスグラシューLys Gracieux(有馬記念1着) | トップページ | 「熱いのはどっちだ」ケープコッド(クリスマスローズS1着) »

「自然、必然のレベルアップの大舞台」シングンマイケル(中山大障害1着)

2019122019_12_21_img_9999_77

障害好きな人から比べたら、そりゃ関心度は低いですが、グランドマーチスの時代から見続けていると、中山大障害のタイトルの重さは自然と感じます。

2019122019_12_21_img_9999_28

この日は晴れ予報もあったのにずっと曇り空、でも障害には影ができない分多分好都合のはずで、風もなくて、全馬完走で、拍手、ちょっと恒例化している感はあるものの、レベルがオジュウチョウサンが注目されたのが良かったのか、相当上がってきたかもの感もあって、一団、多頭数で勝負は見ごたえあって、G1にふさわしいレースとなりました。

2019122019_12_21_img_9999_64

« 「間違いの喜劇The Comedy of Errors」リスグラシューLys Gracieux(有馬記念1着) | トップページ | 「熱いのはどっちだ」ケープコッド(クリスマスローズS1着) »

トピックス2019」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「間違いの喜劇The Comedy of Errors」リスグラシューLys Gracieux(有馬記念1着) | トップページ | 「熱いのはどっちだ」ケープコッド(クリスマスローズS1着) »