2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

« 「ほんの小さな出来事だけれど素顔は魅力的」スティッフェリオ(有馬記念1週前のひとりごと) | トップページ | 「安定感を求めて」ヴァラークラウン(さざんか賞1着) »

「冬なのか秋なのか風なのか光なのか」サリオス(朝日杯フューチュリティステークス1着)

2019122019_12_15_img_9999_121

安田記念の日に新馬戦を勝ったところを見ているので、その時に随分大きな馬だなと感じたので、今回のまとまって形ができてきて、活気があってと、半年の成長を見せてもらって、ちょっと感激した感じでした。

2019122019_12_15_img_9999_180

レースは、キッチリしたレースで正攻法で奇をてらわずに勝ち切ってしまって、抜け出してからは速さも感じたし、前半少し速かったので最後どたどたにレース自体がなるんじゃないかっていうところを結局2着以下はドタドタしたレースになったんだけれど、1頭キッチリ違っていたのが印象的ではあったと。

2019122019_12_15_img_9999_184

指定席で写真を撮って、ヤッパリシャッター音がするんで気が咎めるんですけれど、横で1口持ってるんだかかどうかは定かではなかったけれど、馬の名前を絶叫しまくる人がいて、後ろめたくなく写真を撮れたのは何よりだったと。

2019122019_12_15_img_9999_192

2歳はハーツクライ当たり年。今年のクラブ募集もハーツ産駒良い馬が多かったし、大ブレークの感も。暖冬とハーツ産駒激走との関連はどうなんだとウッスラ思ったりして。

2019122019_12_15_img_9999_240

« 「ほんの小さな出来事だけれど素顔は魅力的」スティッフェリオ(有馬記念1週前のひとりごと) | トップページ | 「安定感を求めて」ヴァラークラウン(さざんか賞1着) »

トピックス2019」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「ほんの小さな出来事だけれど素顔は魅力的」スティッフェリオ(有馬記念1週前のひとりごと) | トップページ | 「安定感を求めて」ヴァラークラウン(さざんか賞1着) »