2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

« 「アメリカ血統は野芝がお好き」アメリカンシード(阪神新馬1800m1着) | トップページ | 「最高の組み合わせ最高の結果」レシステンシア(阪神JF1着) »

「やっぱり逃げるんだね」ヒュッゲ(エリカ賞1着)

2019122019_12_07_img_9999_81

さて、2000m特別、2週前に2000m重賞があったので、多分年末のホープフルSにつなぐ意味はわかるものの、ちょっと稚拙な設定な感じもするのですが、2000mでキズナ産駒が良績を上げているせいか、11頭のうち3頭がキズナ産駒、本命のディープ産駒を合わせ計4頭が(母父デイープと合わせると11頭中5頭)ディープインパクト系になっていると。1頭の種牡馬の成功で、今までキンカメ系全盛がコロッと変わってくるのは面白いと。

2019122019_12_07_img_9999_76

レースは、やはりレース名の性なのか、この時期の2000だと先行したほうが有利なのかわからないけれど、キンカメでもディープでもないヒュッゲが逃げ切って1着。展開の利以上に結構強い印象を受けました。

2019122019_12_07_img_9999_28

« 「アメリカ血統は野芝がお好き」アメリカンシード(阪神新馬1800m1着) | トップページ | 「最高の組み合わせ最高の結果」レシステンシア(阪神JF1着) »

トピックス2019」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「アメリカ血統は野芝がお好き」アメリカンシード(阪神新馬1800m1着) | トップページ | 「最高の組み合わせ最高の結果」レシステンシア(阪神JF1着) »