2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

« 「一度が大きくなる前に」ストーンリッジ(阪神新馬1600m1着) | トップページ | 「アメリカ血統は野芝がお好き」アメリカンシード(阪神新馬1800m1着) »

「事情につまり事情に塞がれ」バイマイサイド(準オープン戦は4着)

2019122019_12_08_img_9999_83

枠順発表で1番をひいた時から嫌な感じはした。なにしろ性格が外に馬がいると怖がって伸びが凄く鈍るタイプ、そのために今だに準オープン、直線勝負で内に入ったら着もないかもしれない。。。何度も苦汁を飲んできたシーンが枠順だけで甦って来て。一番気性を知っている騎手が今回引き継いでおいてくれるかが、ケガで休養中だし、性格上も。。。案の定の結果。

2019122019_12_08_img_9999_61

馬は悪くなかったかなと、減ってはいたけれど、勝てば長距離重賞が待っているだけに、キッチリと勝ちに行きたかったが。50歳の天才騎手によると前でフラフラされたのがということだけれど、ビュイックだからそうして後ろを塞ぐのは当たり前、日本の騎手が持っていない技術を初見に近い日本の馬場でできるだけ。

最後に内の馬が寄ってきたは、今回試験に受かった騎手、これが得意技、顔は男前だけれど、技は小賢しい、ちょっといなくなってくれるのはだから嬉しい、だけど迷惑かけんなと、いつまでやっとるんだと、それだけ。それより天才騎手自身、これだけ暗く一気になったレースで年齢的に環境変化に反応が明らかに一番遅れているのは動画を見れば明らか、そういう環境の時にどうするか決めていないのはどうなのって。

ここ負けたんで冬の予定が狂ったと。現級の10ハロンかそれとも年明けのオープンの万葉Sか、悩ましいところ。

« 「一度が大きくなる前に」ストーンリッジ(阪神新馬1600m1着) | トップページ | 「アメリカ血統は野芝がお好き」アメリカンシード(阪神新馬1800m1着) »

私の愛馬ゆるピカ日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「一度が大きくなる前に」ストーンリッジ(阪神新馬1600m1着) | トップページ | 「アメリカ血統は野芝がお好き」アメリカンシード(阪神新馬1800m1着) »