2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のトラックバック

« 「最高の組み合わせ最高の結果」レシステンシア(阪神JF1着) | トップページ | 「冬なのか秋なのか風なのか光なのか」サリオス(朝日杯フューチュリティステークス1着) »

「ほんの小さな出来事だけれど素顔は魅力的」スティッフェリオ(有馬記念1週前のひとりごと)

2017_02_11_img_9999_751703

さて、今回3歳夏からつけていたメンコを外して調教を積んでいるスティッフェリオ。小さなことだけれど、この素顔がとても良いので是非この馬が気になっている人はチェックしてほしいと。多分レースは、牝馬2頭が先行して、2コーナー出口でスローになり、3コーナー過ぎからペースが上がるので、グズグズしているとその後の集団に揉まれて大きな損になることは確か。ペースが上がる3コーナーまでに2番手付近、4コーナー手前で先頭付近あとは行儀よく走らずにあるがままにだと。。。夢がかなわないかなぁ。。。

有馬記念の雑感をダラダラと。強力なメンバーながらなんとなく突き抜けない感じがする今回の有馬記念、アーモンドアイは出走してくるし1位候補だけれど、折角ルメールを切れる機会だったのにコンビ継続でこれではって。もうフランス騎手じゃない鞍上継続では凱旋門賞制覇は無理なんで、なんでそうなったかとは正直思う。出来れば今回勝って引退、種牡馬として先が見えてるガリレオにいち早く種付けにディープの縁を使って行ってもらえるとが切なる望み。

リスグラシュー、アエロリットは引退で、ロードカナロアをノーザン枠の1月から2月の時期に種付けする感じがムンムンであるような感じを個人的には思うし、無茶するのかは疑問と考えてもよいかなと、とにかくディープのいない今、成績の良い牝馬をカナロアなりにつけて早目に市場かクラブのカタログへだして、早目に高馬の値段を固めないと、もし日高の種牡馬が大成功すれば、高馬の値段が大幅に下がってしまうことは間違いがないからグズグズしていられない、もしそうなると今の絶対王朝的なサイクルはアッという間に崩れるんで。

アーモンドアイだって引退時期間違えると、クラブ既定の競争生活一杯まで走った社台やノーザン系の名牝が名前が大いに傷つく程度の勝馬しか出せない状況になってしまうし、もう一年走って成績が完璧になって、それで国内の変な種牡馬をつけて当然の超高値でクラブ募集をかけて、それで大損させたらそのクラブ自体が揺らぐことになるんで、それだったら種付けするだけで牡馬の場合には種牡馬価値が生まれる存在を選ぶ必要があるので、そうなるとガリレオか落ちるけれどフランケルが相手になって、ガリレオはもう今年か来年かで終わりだろうし、フランケルだってもう10歳超えてくるんで時間は少ないわけで、もう走っている場合じゃないので。

凱旋門賞組は、日本で軽い馬場を刈りこんで走って来て優位だったのが、ロンシャンの普通の刈り高の芝生でさえ、後ろ脚がひっかるほどの歩きしかできなくてレースじゃなく、馬場に出た途端に勝負がついてたんで、そうなると馬って仮想のその芝生を飛び越える走りを憶えてしまってるんじゃないのかって思うし。キセキが行けなくなってる可能性もあるかもしれないし。フィエールマンだって。

あとはノーザンだけれど主にキャロットに乗ってくる外国人騎手がどう乗るか。天皇賞みたいに内側をさっと開けてそこをアーモンドアイが抜けるなんてことは今回もアエロリットは日本人騎手が乗るから、そういうことできるんだろうけれど、いわば有力馬にのるスミヨン、ビュイックがどれだけどうするか。

そうなると、クロコスミアがマイペースで行って、アエロリットがスローでなら逃げる平均ペースなら2番手で先行して、その後ろをアーモンドアイが行くとすると、2コーナーの出口付近でスローにはなる。そこでキセキとかサートゥルとかスワーヴとか外国人騎手が、アエロリットの後ろにいるアーモンドアイを閉じ込めてしまうだろう。そうなるとアエロリットに内を空けさせない役目がつまりこの集団の前に複数いれば大波乱必死になるけれど。でもノーザン系の出来レースだとなぜかみんな少しだけ内を空けるだろうし。リスグラシューにも有利な走路が確保されるだろうし。

もう一つは今週の中山の馬場と、枠順が出た後の馬場にも注目だろうと。多分アーモンドアイ外枠の場合は外まで馬場を刈ってくるはず、それにも注目。なにしろ馬場を刈るのって全体を施行しなければアナウンスの必要がないので黙って作為的にできるんで。

 

 

« 「最高の組み合わせ最高の結果」レシステンシア(阪神JF1着) | トップページ | 「冬なのか秋なのか風なのか光なのか」サリオス(朝日杯フューチュリティステークス1着) »

私の愛馬ゆるピカ日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「最高の組み合わせ最高の結果」レシステンシア(阪神JF1着) | トップページ | 「冬なのか秋なのか風なのか光なのか」サリオス(朝日杯フューチュリティステークス1着) »