2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

« 「She saw the UNABLE but」エネイブル現役続行Enable2020 | トップページ | 「今年の菊は名人の香りがした」ワールドプレミアWorld premiere(菊花賞1着) »

「泣くのは嫌だ笑っちゃお」スティッフェリオ(秋の天皇賞へ)

2019102019_09_22_img_9999_2011

勝手に盛り上がってきた秋の天皇賞気分、調教では前脚の掻き込みより後ろ脚の力強さが目立つようになってきてイヨイヨ本格化の入口まで来たなって感じで。

枠順にもよるけれど、先行馬はアエロリット、ダノンプレミアム、そして本馬、もしかするとサートゥルナーリアが先行勢でしょう。ダノンには56キロ以上での、アエロには1800以上での良いパフォーマンスがなく、この2頭は無駄なく立ち回ろうとしてくるので、これに遠慮して自然と先行できるのに包まれる感じになってしまい、手前を変えなかったが一番イカンことだと。とにかく先行しなかった分だけG1で負けている本馬、先頭にはこだわらないが先行は必須だと。左回りも中京は控える指示で東京は騎手が勝手に控えて無残に負けている、だから先行しかない。

2019102019_09_22_img_9999_258

当然2ハロン目3ハロン目がアエロリットが速いので内側に入れば様子を見ながらというか、少し外でフラフラしながら、行くことになるのかなと、自然と2番手でアエロがハイペース、この馬が平均、後ろがややスローで、直線うまく300先頭まで持ってこれたら。。。

2019102019_09_22_img_9999_202

肝心はこの馬最初のコーナーを曲がるまでは先行しなければならないと思っているけれど、その後は馬が勝手に落ち着いてしまうのでそこまでに良い位置をとること。それが出来れば。左回りはよく使ってるグリーンウッドの坂路が左回りなんで心配ないのかなと。。でもアーさん怖い。サーさんも怖い。アルさんもみんな恐いけれど頑張ってもらいましょう。笑いたいからね。

« 「She saw the UNABLE but」エネイブル現役続行Enable2020 | トップページ | 「今年の菊は名人の香りがした」ワールドプレミアWorld premiere(菊花賞1着) »

私の愛馬ゆるピカ日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「She saw the UNABLE but」エネイブル現役続行Enable2020 | トップページ | 「今年の菊は名人の香りがした」ワールドプレミアWorld premiere(菊花賞1着) »