2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

« 「さて暑さが終わるまでに」タワーオブロンドン(セントウルS1着) | トップページ | 「何かが繰り返されるとき」マイラプソディ(野路菊S1着) »

「見納めよりもはじめの一歩」アルジャンナ(9月阪神新馬2000m1着)

2019_09_08_img_9999_38

毎年のように社台スタリオンに2回以上訪れていると、アレッていうくらいディープインパクトの老化というか枯れ方が前年位から進んでいて、年齢相応なんでしょうけれど、自分の禿げあがった頭と比べて、ヤッパリあっちの進み方の方が激しいかなと思ったもんです。

2019_09_08_img_9999_21

ひょっとしたらこの2歳世代が最後の黄金世代なのかもしれません、レースは2000で小頭数、スローで上りだけ、直線追い風だけにあまり差は開かなかったけれど強いと思います。母系にはアメリカ名馬がズラリっていう感じ、凄く体が収縮するので邪魔をする騎手が乗ると負ける可能性はあるものの強い一頭と思います。

2019_09_08_img_9999_4

« 「さて暑さが終わるまでに」タワーオブロンドン(セントウルS1着) | トップページ | 「何かが繰り返されるとき」マイラプソディ(野路菊S1着) »

トピックス2019」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「さて暑さが終わるまでに」タワーオブロンドン(セントウルS1着) | トップページ | 「何かが繰り返されるとき」マイラプソディ(野路菊S1着) »