2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

« 「見納めよりもはじめの一歩」アルジャンナ(9月阪神新馬2000m1着) | トップページ | 「鬼の本懐」メドウラーク(阪神ジャンプS1着) »

「何かが繰り返されるとき」マイラプソディ(野路菊S1着)

2019_09_14_img_9999_118

9月毎年のように小頭数の2歳オープン戦である野路菊S、ここを勝つと賞金面で優位に立てて、クラシックまでに十分な時間があってと良いことだらけ。今年は中京で目立つデビューをしたマイラプソディが快勝、グッと沈み込みながら体を伸ばすフォームは健在でした。

2019_09_14_img_9999_123

昔ラプソデーという馬がいて菊花賞馬なんだけれど、前哨戦のセントライト記念でアラブの怪物セイユウに負けたなんてことがあるので、うんちくファンは少し名前でウっと来ますが、関係はないでしょうと。

2019_09_14_img_9999_64

« 「見納めよりもはじめの一歩」アルジャンナ(9月阪神新馬2000m1着) | トップページ | 「鬼の本懐」メドウラーク(阪神ジャンプS1着) »

トピックス2019」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「見納めよりもはじめの一歩」アルジャンナ(9月阪神新馬2000m1着) | トップページ | 「鬼の本懐」メドウラーク(阪神ジャンプS1着) »