2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

« 「今度はドンと迎え撃つ」エキサイター(園田の怪物2歳馬) | トップページ | 「やがて飛べるかもしれない①」スティッフェリオ(オールカマー1着) »

「頂へ行くのなら」オーソリティー(芙蓉S1着)

19092019_09_22_img_9999_39

レースは圧勝でした。パドックでは脚の長い馬の印象があり、ドシッとしてないような感じがあったけれど走り出すと結構重厚感がでて。パドックで途中からウマッケを出してたんで、幼さ全開だったけれど、レースになるとあっさりしたものでした。

19092019_09_22_img_9999_57

ただ、この馬、クロスノーズバンドをしており、この後が心配です。この厩舎でこの馬具で、天栄経由で足の故障を起こす馬かなりの確率なんです。レイデオロ、ソウルスターリングなど他厩舎とは言え、この馬具で結果を出した馬、なぜかダンダン気性が悪くなり、気性の悪さを理由にノーズバンドを外さずに顔の周り馬具だらけになっていっていかにも走りにくそうで。。杞憂に終われば面白いと思うものの。

19092019_09_22_img_9999_58

« 「今度はドンと迎え撃つ」エキサイター(園田の怪物2歳馬) | トップページ | 「やがて飛べるかもしれない①」スティッフェリオ(オールカマー1着) »

トピックス2019」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「今度はドンと迎え撃つ」エキサイター(園田の怪物2歳馬) | トップページ | 「やがて飛べるかもしれない①」スティッフェリオ(オールカマー1着) »