2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

« 「それぞれの思惑が。。。」レッドベルジュール(阪神新馬1800m1着) | トップページ | 「仕上がることも素質の片鱗」シャレード(中京新馬1400m1着) »

「輝かず輝こうとさせず」スティッフェリオ(宝塚記念7着)

19tour2019_06_23_img_9999_276

負けました7着、実力差、騎手の差、馬場が速すぎたこと、もしかしてオーバーワーク、いろんな条件が重なりました。前に行った馬が4着までのレースでしたから、そのレースでスタートを決めてその後控えすぎて、馬群の中にしてしまった、この騎乗が応えました。私は不利は1つ0.3秒と見るので0.6秒これでついてしまいました。騎手も写真のように一人だけが押さえてしまっている、他の上位騎手に遠慮してしまっている「リスグラシューが出してきたんで控えた」なんてコメント、ありえないと思います。

写真を見てください。一人だけ抑えています。みんな行ってるのに。馬は1コーナーまで走ったら、ひとりでに落ち着いて走るんでそこまでは内を空けてキセキを行かせて自分も行って絶対2番手、中途半端な外側走って内側からキセキを追いかけるやつを少しでも窮屈にさせるのが本筋のはず、本筋もやらずにレースに全く参加しようとしないのは大馬鹿なことだと思います。

「馬込みに入れたら手前を変えなかった」これも札幌記念で聞いた言葉、同じことを繰り返すための騎乗もダメと感じました。続けて乗っている意味がないんですわ。手が合うといっても主場じゃないローカル競馬場でのこと、阪神ではいつか桜花賞で本命馬で馬群に入ってしまった戸崎騎手の騎乗と重なってしまいました。無理だったでしょうが彼の能力を良い方に向けてくれた武騎手の方が良かったかなと思います。右鞭でやっと手前を変えての7着、レイデオロに勝ってほしかったし、ノーブルマーズに刺されたのにはガッカリが。

19tour2019_06_23_img_9999_211

馬場が速くなり過ぎたことも原因の大きな一つです、できれば2分12秒台後半以降決着のいつもの宝塚記念の舞台であってほしかった。中間雨が降らないのに馬場操作のための芝刈、ひょっとしたら2秒近く先週と比べて速くなった馬場に唖然としました。この馬母系が欧州の重厚本流血統なんです。ハロン12秒台で走って淘汰をして進化してきた血統なんです、この血統の特徴は発展することが特徴、ハロン12秒を切りながらさほど爆発的に世界に広がらない日本の血統とは裏腹に、日本も含めてアッサリ広がっていくのが特徴、ハロン平均12秒を切っての決着はこのタイプでは、世界的名馬級でない限り対応ができません。でもステイゴールド産駒では一番先に来ている。ステイゴールドには向いていない馬場だったのも明らかです。

19tour2019_06_23_img_9999_157

追切がいつもは助手でもう少しビッシリやっていたのを、騎手を乗せて少し軽めで、それが凄く良いと思ったのです。坂路でない函館にいるときだってある程度の成績を上げているし、最後はフォームを整えながら追い切る欧州の方式にした方が良いかなと。少し軽めのそれでいて調教後の馬体重より12キロ減の当日の馬体重、ひょっとして紙面などには書かれていないけれど、追切後に余計な乗り込みでオーバーワークにしてしまったんじゃないのかって。。今のところそれが心配です。

適性が向いていないと大きく負けることのあるG1レース、秋にも期待。まずは無事を祈ります。パドックで素敵な横断幕が出ていて救われました。本当にありがとう。

« 「それぞれの思惑が。。。」レッドベルジュール(阪神新馬1800m1着) | トップページ | 「仕上がることも素質の片鱗」シャレード(中京新馬1400m1着) »

私の愛馬ゆるピカ日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「それぞれの思惑が。。。」レッドベルジュール(阪神新馬1800m1着) | トップページ | 「仕上がることも素質の片鱗」シャレード(中京新馬1400m1着) »