2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« 「ツアー練習帳」サクソンウォリアーから | トップページ | 「新種牡馬もシルク」ラウダシオン(阪神新馬1200m1着) »

「美しい進化」リスグラシュー(宝塚記念1着)

19tour2019_06_23_img_9999_301

週のはじめに芝が刈られて、先週よりも1秒近く速い馬場になってしまいました。馬場が荒れてきていて、時計がかかってくる最終週に中間雨の予報がされていないにもかかわらず、芝を刈ってしまったのが何故かはわかりませんし、なんとなく前年のJCでの時計に競馬専門以外のメディアが食いついてから芝を刈ってしまう傾向が出てきたのはどうかなと思います。なにしろトライアル的な鳴尾記念との関連性が無くなってしまうわけで、そうなると競馬自体の面白みが無くなってしまうのかなと。早い時計の昨年の東京で良い時計を出した馬たちの決着といったところでした。右回り苦手と言われていたスワーヴリチャードもデビューした阪神で高速馬場となってはやはり走ります。

19tour2019_06_23_img_9999_307

リスグラシューの完勝には呆気にとられた感もありますが、やはり騎手の力も大きいかなと、アブミはまだ長めかもしれませんがそれでも来日当初の5月よりは短めであり、腰の低さ、全体の重心、なにをとっても日本のトップとずいぶんレベルが高いなと思うのが本音で、それに加えてレース運びの上手さ、敵いません。良いものを見た感満載です。

19tour2019_06_23_img_9999_170

« 「ツアー練習帳」サクソンウォリアーから | トップページ | 「新種牡馬もシルク」ラウダシオン(阪神新馬1200m1着) »

トピックス2019」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「ツアー練習帳」サクソンウォリアーから | トップページ | 「新種牡馬もシルク」ラウダシオン(阪神新馬1200m1着) »