2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

« 「ドンドン強くなる美しさ」メールドグラース(鳴尾記念1着) | トップページ | 「ツアー練習帳」サクソンウォリアーから »

「ツアー対策五里霧中」

Img_89311811

さて、今年も社台の募集馬見学ツアーへ。初めていったツアーが2015年、ツアー初日大雨が降り呆然としていた私の前をフイに横切ったのは「シリアスアティチュードの14」現スティッフェリオでした。彼は来週の宝塚記念に出てきます。この終末の雨で馬場がどこまで重くなってくるかがポイントかも。次のポイントが58キロの負担重量、これがどう出るか。他のサンデー系の馬よりは体高がない分斤量はこなせるでしょうから期待は大ですが、前脚を2月の小倉の時から接着蹄鉄にしてるのでそれがどうでるか、そのためか毎日坂路の調教形態が追切のみ坂路に変わってきています、ただ坂路がない函館滞在時に成績が上がってきているので、この調教が良い方に出れば勝ち負けまで行けるかもと。

距離は不安ないかな。後は左鞭を使わず右鞭でどこまで勝負できるかでしょう。馬はGW明けに見学してきましたが大阪杯の後ハッキリ成長しており、まだもう一段階以上成長がありそうです。

さて、キャロットも含め、前年のツアー写真はカットさせていただきます。募集馬の写真は、17日から掲載する予定です。弟を買うべきかどうか、ハーツのこの世代は出来は良いのかどうか。お得感を感じるエピファ産駒の可能性はなどなどになるはずです。

« 「ドンドン強くなる美しさ」メールドグラース(鳴尾記念1着) | トップページ | 「ツアー練習帳」サクソンウォリアーから »

私の愛馬ゆるピカ日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「ドンドン強くなる美しさ」メールドグラース(鳴尾記念1着) | トップページ | 「ツアー練習帳」サクソンウォリアーから »