2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

« 「黄昏に輝いて」ルックトゥワイス(目黒記念1着) | トップページ | 「タイムじゃなく感動するレースが競馬」インディチャンプ(安田記念1着) »

「もはや昨日ではない」ディアンドル(葵S1着)

19nmg2019_05_25_img_9999_44

重賞になって2回目になった葵ステークス。前年に比べるとグッとレベルが上がってきたような気がしました。直線も熱いものがあって、楽しかったなと。

19nmg2019_05_25_img_9999_41

父、母父にディープインパクトがいない重賞ですが、それで何かが足りない感じは全くなくて、ルーラシップ×BMS名馬級サンデー産駒のレベルの高さを垣間見た感じがします。

19nmg2019_05_25_img_9999_12

例えば2歳の新馬戦とか、ダートとか、ハンデ重賞と葵ステークスの2本立てとか、ダービー前日は京都で短距離レースフェスティバルみたいなものをやるのはどうだろうと。暑くなってきて、長い勝負、ちょっとめんどくさい感じもするし、高松宮、サマースプリント、スプリンターズの間にこのフェスを挟むと丁度良いような気がして。

« 「黄昏に輝いて」ルックトゥワイス(目黒記念1着) | トップページ | 「タイムじゃなく感動するレースが競馬」インディチャンプ(安田記念1着) »

トピックス2019」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「黄昏に輝いて」ルックトゥワイス(目黒記念1着) | トップページ | 「タイムじゃなく感動するレースが競馬」インディチャンプ(安田記念1着) »