2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

« 「軽く飛びました」ラヴズオンリーユー(忘れな草賞1着) | トップページ | 「山よりでっかい猪は出んかった話」サートゥルナーリアSaturnalia(皐月賞1着) »

「時の流れのように花は散り風は吹いて」オジュウチョウサン(中山グランドジャンプ1着)

190042019_04_13_img_9999_109

久しぶりのレッドキングダムを応援に出かけて以来の中山グランドジャンプ観戦でした。あの日のように南風が強くて。桜が3週間以上も咲いていたことになるけれどさすがに散りだしていて。

190042019_04_13_img_9999_33

昔、ラジオ短波(ラジオニッケイ)が競馬中継のメインであったころ、大川慶次郎さんと皐月賞3連覇の記録などを持つ元祖フリー騎手の渡辺正人さんのクロストークが昼休みの時間にあり、長岡アナウンサーが進行をしていて、いろんな競馬のことをそこで聞いて憶えました。障害関係で印象に残っているのは、障害はまっすぐ飛ぶよりも少し斜めに飛ぶ方が飛びやすいし、スピードも落ちないとその時聞いて未だに耳に残っていますが、よく見ているとオジュウチョウサンの飛越はその理にかなった飛び方であり、その飛び方が上手いために前へ他より行けるのかなと感じたりしていました。

190042019_04_13_img_9999_63

レースをみていると、それをさせないようにとにかく真っ直ぐ障害を飛ばして少しでスピードをくじいてやろうと思いが他の騎手にはある感じもして、レースは昔はこういうレース平場でもあったんですが、とにかく相手のリズムで走らせないようにするにはどうするかってやってくるというか駆け引きしてくるっていうか。とにかく見ていてそれが面白かった。

190042019_04_13_img_9999_84

平場の脚がついた分、まっすぐ飛ぶのが速さがある分誤差が大きくなってその分苦労していたような。でも勝ちました。レースも大変面白かった。踏み切ってジャンプも生で聞けました。

« 「軽く飛びました」ラヴズオンリーユー(忘れな草賞1着) | トップページ | 「山よりでっかい猪は出んかった話」サートゥルナーリアSaturnalia(皐月賞1着) »

トピックス2019」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「軽く飛びました」ラヴズオンリーユー(忘れな草賞1着) | トップページ | 「山よりでっかい猪は出んかった話」サートゥルナーリアSaturnalia(皐月賞1着) »