2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年2月

「勝手にスティッフェリオ考」(小倉大賞典より)

19022019_02_17_img_9999_15

 さて次走は大阪杯へ。鞍上は田辺騎手、福島記念の前の東京で、先行してほしいとの指示を騎手の勝手な判断で先行せずに1番人気に推されたのに負けさせてしまった、そのおかげで福島記念はハンデが重くならず鮮やかに勝った、嫌だけど縁もあるへんな巡りあわせです。

1902172019_02_17_img_9999_9

 ルメール騎手の東西別の成績を見るまでもなく、上位数人のレベルは圧倒的に東が低いので、その中で3桁勝ったことがない騎手が自分で判断をするのは常識的に無理があるのかなと思います、多分なんにも事前学習をやらずになぜか自分の判断でやれる自信だけは大きくて、だからやられるんですが、それが藤田頼みの状況を作ってしまったんでしょうが。ホント、スポーツの選手なんですから、上を目指す向上心は必ず持っていて当たり前なんで、ホンマよろしくお願いします。昔天才新人騎手になったらもうこの時点でアウトだったので、極ほんの少しは可能性があるだけでも良しとしましょう。ドバイで上位騎手何人かはいないので、その分可能性はほんの少し。

1902172019_02_17_img_9999_202

 コーナーの入りを少し大きく回る可能性がある馬ですので、そこを膨れたと思って直してしまってスピードを落とさないように願いたいもんです。コーナーで馬の癖をわかってまがれるかどうかで事前にちゃんと研究してのってるか、ちゃらんぽらんに適当に自分勝手に乗ってるか分かるとは思います。関東のレベルが低いのは分かるけれど、どれだけ低いかわかる瞬間だと思います。

1902172019_02_17_img_9999_98

 馬は良くなってきました。小倉大賞典は、ハッキリ言えば、外を回りすぎたし、苦手としている左鞭を最初に使ったので、馬の行く気が少し出ない時間がありましたし、騎乗としてはあまり良いとは言えなかったけれど、プラス10キロで少し太目ながら勝ちました。福島記念のあと、グリーンウッドで見ましたが、前が充実してきたのに、他がそれに劣らないくらい成長していて、それより小倉大賞典の時は成長を感じましたし、レース後すぐに落ち着いていましたので心肺能力も以前に比べ格段に上がってきたのかもしれません。さらに良くなってきて大阪杯となるとこの鞍上でも、もしかがあると思えてくるのですが。

19022019_02_17_img_9999_93  

 強敵は揃いますが、キセキが出てくるかどうかで、展開が違ってきます、キセキがでてくるとレース前からわかりやすい展開になり、この鞍上でも2番手付近に行こうと思うのでそれを願っているのが現在の本音です。
 母父ムトトはユーチューブで簡単にレースっぷりが見られますが、欧州では珍しいくらいに推してでも早目に先頭に立って押し切っているので、そのレースっぷりができる時がこの馬も強いと思います。

19022019_02_17_img_9999_187

 さて最後に馬名の発音です。オペラのタイトルが馬名ですが、馬名の途中の「FF」を強めに発音しているのをオペラの関係者から聞いたことがあります。カタカナで言えば馬名の「フ」の部分を強く言う感じで発音するのが正しい発音と思います。フを強く言ったために後に続く「エリオ」が「エーリオ」に聞こえたため、解説によってはオペラ名を「スティッフェーリオ」としている解説もありますが、それは正しくありませんあくまで「スティッェリオ」です。

「確信的新星」サトノルークス(すみれステークス1着)

19022019_02_24_img_9999_60

新馬の時、たいしたことないなって感じたけれど、そういえばこの姉の時も新馬の時そんな印象をもっていて、結局そこから大きく変わってくるのがこの血統なのかなと。

19022019_02_24_img_9999_84

新馬の時の写真を見てみると、武騎手が3999勝の時の新馬で負けており、あーこの馬だったかと思うほど、馬は成長して、嫌なところが無くなっていたのではないかと。
19022019_02_24_img_9999_85
このレースの圧倒的一番人気は、暮れのG1でサートゥルナーリアの2着だけれど、2歳戦線は、夏以前にデビューした馬がこの世代席巻しており、つまりは厳しい夏にデビュー前の仕上げをしていた馬は、それに敵わないのがこの世代の特徴で、このままその地図が崩れないかと思っていたけれど、やはりクラシック前になってくると帳尻が合い始めて来たかっていう感じで、力で勝ってしまった印象が。

19022019_02_24_img_9999_91

「輝け復活!」スマートオーディン(阪急杯1着)

19022019_02_24_img_9999_148

 金杯の時、調教の動きとかで推す人もいたスマートオーディン、金杯は1秒の間に十数頭が入ってくるレースで、着差はわずかだけれど着順は大きくなってしまって。1400得意なフジキセキの系統だし、期待できるんじゃないのかって、ガンバレ馬券100円で結構な配当になるので買いましたがそれほど確信があるわけじゃ。

19022019_02_24_img_9999_146

 この日のパドックでは、ヤッパリ年齢が若い馬の方が行きの良さ的なものがあって、彼に対しては手足が軽くなったかなと思う程度ではありました。

19022019_02_24_img_9999_155

 外を回って伸び始めた時は半信半疑。勝つ時は鮮やかなもんです。強かった馬が強いのは何とも良いもんです。

19022019_02_24_img_9999_165

PRもしときます。上の写真は指定席からでガラス越しですが、それについては「わたしの競馬写真術ノート2017G1Japan」の<27>で書いております。

190112

「スポットライトは誰かのスターのもの」スティッフェリオ(小倉記大賞典から大阪杯へ)

19022019_02_17_img_9999_60

 G3を連勝して、57キロ以上を背負うのがこれからの当たり前になりました。次は大阪杯です。G1だけれどまた大きなレースの裏、次回はドバイの裏になります。ひょっとしたら強いかもと内心期待はしております。

19022019_02_17_img_9999_93

 さて小倉大賞典、まず北風がやんで向こう正面が向かい風、2回走るホームストレッチが追い風のこの日の14時までのレースではなく、芝が使われて内側が粗くなって走りやすい小回りの先行内枠有利な条件に変わっていました。外枠絶対不利を克服しました。レース前には3着あるいはそれ以下をを覚悟していました。写真が変な色でモヤッと写っているのはレンズの性能ではなく、実際に風が止んでモヤッとしてきたためです。

19022019_02_17_img_9999_98

 馬場は内側以外は重い芝で、ブックの推定タイムが1分47秒ほどを上回りました。1800でややスローで他の条件戦よりタイムが速いのですからそれなりのレベルです。
 幸運だったのはまず2着になったタニノフランケルの落鉄です。私は不利は一つについて0.3秒と考えるので落鉄がなければ2着でした。

19022019_02_17_img_9999_75

 もう一つ幸運はパドックが長かったこと。40分のインターバルの内25分をパドックに費やしました。これはパドックにも大音響で他場の特別レースの実況が流れるため、その時間は騎乗しないようにしているためでしたが、あまりにもパドックの時間が長すぎました。休養明けでありややオットリしており、加えて余計なことをしなくなった性格に成長したスティッフェリオと、レースに興奮している馬たちとは明らかに消耗が違いました。枠順は不利だけれど、これだけ精神状態の違いがあればとパドックで感じさせてくれました。

19022019_02_17_img_9999_15

 今回は、ヤッパリ右鞭で始めると伸び始めるのが遅かったですが、それでも反応してくれて差しきってくれたのは大きかったと思います。ただ丸山騎手の都合で小倉大賞典にと予定をしての騎乗依頼で、京都のどちらかの重賞に出ていても確実に上位だったことを考えると、大阪杯でステルヴィオに行かれるのはちょっとわからんなと言う感じです。
 タイム的には福島記念の1800通過地点が1分46秒1、今回の勝ちタイムがそれよりは外を回って1分46秒7で実質距離を縮めて時計を縮めていませんから、逆に2000より距離を伸ばしても多分最低でも2400くらいまではこなせる馬の数字の出方だと思います。

19022019_02_17_img_9999_219

 次走からの騎手ですが、写真でもあるように首の上下動が大きいタイプですので、これを邪魔しない騎手が物理的に合っているので初戦から4戦目まで乗った騎手は、それなりに今乗れていますが一番合わないと思います。この騎手を選ぶことは不正行為を意味すのかもしれません。それにいやな癖がついてしまいます。もうあんな嫌な思いは菊花賞での最悪騎乗をはじめ思い出したくないです。

2017_02_25_img_9999_611702

(これは初勝利の写真、上の写真と比べると、物理的に背の低い騎手がこの馬に合っていないかわかると思います。)
 阪神の経験値が解らないのですが藤田さんが、身体的にも向いているし、彼女はスタートが上手いので先行馬には良いだろうし、追い始める時の鞭の見せ方が素晴らしいと思いますので、まず1番手。現実的に一番手はG1をとってほしい北村騎手がまぁ。とは思いますが。長身でもダメなのは日曜の最後位になると腰を浮かせてフォームが小さくなるモテ男騎手は絶対ダメです。両方に該当する新人記録の元天才騎手も同様です。
 まだまだ成長するこの馬、本格化は今年の夏以降でしょう。その時に大目標が待っていればと思います。
 タイトルは愛唱歌の「最後の夜汽車」からです。

「土曜日からドヤ顔満開」ワールドプレミア(つばき賞1着)

19022019_02_16_img_9999_147

直線の出てくるベクトルの強さというか、それはぼーっと見ている私でも感じるものがありました。

19022019_02_16_img_9999_133

好調でひょっとしたら年間100勝どころか150勝も行く感じの武騎手、久しぶりにゴール前からの得意のポーズ。おっとこれは本物かもって感じましたね。

19022019_02_16_img_9999_159

帰ってくる時の写真をみると力をまだ持て余していて扱いづらいのかなと思いますが、それがドンドンいい方に向くと、ひょっとするかもって。
PRです。)

190112

「良く見えたけど買えなかった」デアレガーロ(京都牝馬S1着)

19022019_02_16_img_9999_206

パドックで良く見えましたけれど、大幅プラス体重で買えませんでした。ええなぁーって独り言は言うけれど、良く見えてプラス体重は、重め残りと思うことにしているので。

19022019_02_16_img_9999_208

ヤッパリーがゴール前大きくなってゴールイン。寒かったぁー。

19022019_02_16_img_9999_220

「スキがあったらかかっここんかい」スティッフェリオ(小倉大賞典1着)

19022019_02_17_img_9999_81

多分、北風が強くて向こう正面の緩やかなのぼりで先行馬が力んで走るので、その分最後差しが届いていたのが、メインの頃には風が止んで先行有利な馬場に。57キロ、久しぶりで、輸送で10キロ増で余裕ありでこれで負けなければのレースとなりました。

19022019_02_17_img_9999_31

54キロのタニノフランケルが多分完璧なレース、それを終始外を回っての差しきり勝ちで、平均ペースを上がりも34秒台前半でまとめて、一段上がったレベルを感じさせてくれました。まずは第一報ということで、個人的にはひょっとしたら秋の大仕事の期待を込めて、鞍上も先約があるのなら、ここは思い切って名手で日経賞あるいは大阪杯をと。

19022019_02_17_img_9999_187

PRです)

190112

「ステイゴールドの輝き方」ステイフーリッシュ、パフォーマプロミス(京都記念より)

19022019_02_10_img_9999_150

 さて、産駒が古馬になって益々活躍しているステイゴールド産駒、オルフェーヴルも1発はあるものの安定した産駒成績ではない感じもし、他もさほどの成績なので、血脈自体の魅力も枯れていくのかもしれないけれど、欧州で確実に通用した部分もあり、芝を密集させて馬場を重く作ってくる傾向が強まると必要度合いが上がってくるかもしれず、彼らにも大いに種牡馬価値はあるのかなと思います。

19022019_02_10_img_9999_180

 わたしの愛馬のラインナップにステイゴールド産駒が多いのは、良いなと思った馬が走ってくれた体験があるからです。直感と成績がある程度リンクしていること、それでいてディープ産駒より価格が安い、自分にとっては何よりの種牡馬でしたが、400口の方で試してからそれに気づくので少し遅すぎた面がありました。
 写真は、京都記念のステイフーリッシュとパフォーマプロミスです。母父は大きくタイプが違って、それが馬体にも返し馬の動作にも出ていると思います。これが血統でもあり、どんな時も馬体を全て入れて撮っているものがわかる特権でもあり、競馬の醍醐味でもあります。

「マカヒキはどうしてる?」京都記念3着より

19022019_02_10_img_9999_164

また不振だなと思いパトロールフィルムを見ると、内から馬群に寄られて、真っ直ぐ追い込もうと外に出して追い出した時をやられており、結構なアンラッキーになってる。

19022019_02_10_img_9999_226

馬自体は良くなっているのかもと。少しプラス体重も影響していたかもと。それならこれで十分かもと。ちょっと次厚く狙ってみたいような。一応ファンなもんで。

19022019_02_10_img_9999_100

「予感は吉とでるけれど」ダンビュライト(京都記念1着)

19022019_02_10_img_9999_214

さて、相変わらずの冬の京都は直線向かい風、一頭で追い込むのは辛いのが力は1番だけれどマカヒキの弱み、今日は加えてプラス体重、良く見えてプラス体重は、太目が若干ある場合が多く、それも割引と思ったし。

19022019_02_10_img_9999_222

 調教のビデオとか見ていて、ひょっとしたらダンビュライトって、抜群の動きをしたんじゃないのかって思っていて、それなら冬に重賞も勝っているしって狙いに入れて、それでパドックは良い毛艶で。

19022019_02_10_img_9999_124

 良いレースでした。向かい風が強いので、先頭付近に馬がくると風を受けてそれで伸びが鈍ってそこからの我慢比べ、古馬の迫力を堪能できました。
 加えてこの距離になると出走馬の割合を独占してくる社台系の出身馬、あらためで社台グループが中距離にフォーカスしているのがわかる出走馬の割合、独占を嘆くより、バリエーション豊かな番組と賞金体形を有馬記念を止めてでも構築してほしいと感じました。
 騎乗フォームの良くなった鞍上、返し馬も上手かったと思って今日は完璧でした。
PR)です。

190112

「雨に負けぬダイヤモンド」ダノンチェイサー(きさらぎ賞1着)

19022019_02_03_img_9999_99

 レースは呆気なかったですね。グンとダノンチェイサーが直線グイと出て、加速して、その価値を世間に知らしめた感じのレースでした。

19022019_02_03_img_9999_89

 レース前、雨がいきなり本降り的に振り出して、パドックは遠目から、遠目だと差がない感じがしたけれど。

 ダノンチェイサーは暑すぎた夏以前にデビューしており、ヤッパリあの夏にデビューに向けて仕上げていた馬とは差がこの世代にはあるのかなと。

19022019_02_03_img_9999_78

 写真を見るとこういうタイプどっかで見たなと、ダノンチェイサーはサトノダイヤモンド的なタイプかなと、そういやサトノダイヤモンドのきさらぎ賞の時も暗い感じの天気で馬場も良いとは言えなかったなと。

「立春を追い越した南風」アクアミラビリス(エルフィンS1着)

19022019_02_02_img_9999_162

土曜日は南風が強くて、向こう正面はどちらかといえば、馬を前において走りたいし、直線は追い風なので当然前にいた方が有利だし、さぁどうなんだろってエルフィンSも見ていました。

19022019_02_02_img_9999_150

勝ったアクアミラビリスは、直線で大外にだして、追い風を受けてビュンと伸びてきた感じで最後は抑える余裕がありました。

19022019_02_02_img_9999_180

写真を見ていると、ゴール前は馬にしがみついている感じのするミルコさんも、心なしか体を浮かして追い風を受けやすくしているような気も。

19022019_02_02_img_9999_98

外回り1600m、アクアミラビリスの父ヴィクトワールピサ産駒はジュエラーが走っているし、2着のブランノワールは父ロードカナロアで、今年のシンザン記念を産駒が勝っているし、これは憶えておきたいところかなと。
【PRです。新刊登場です。】

190112

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »