2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

« 「ステイゴールドの輝き方」ステイフーリッシュ、パフォーマプロミス(京都記念より) | トップページ | 「良く見えたけど買えなかった」デアレガーロ(京都牝馬S1着) »

「スキがあったらかかっここんかい」スティッフェリオ(小倉大賞典1着)

19022019_02_17_img_9999_81

多分、北風が強くて向こう正面の緩やかなのぼりで先行馬が力んで走るので、その分最後差しが届いていたのが、メインの頃には風が止んで先行有利な馬場に。57キロ、久しぶりで、輸送で10キロ増で余裕ありでこれで負けなければのレースとなりました。

19022019_02_17_img_9999_31

54キロのタニノフランケルが多分完璧なレース、それを終始外を回っての差しきり勝ちで、平均ペースを上がりも34秒台前半でまとめて、一段上がったレベルを感じさせてくれました。まずは第一報ということで、個人的にはひょっとしたら秋の大仕事の期待を込めて、鞍上も先約があるのなら、ここは思い切って名手で日経賞あるいは大阪杯をと。

19022019_02_17_img_9999_187

PRです)

190112

« 「ステイゴールドの輝き方」ステイフーリッシュ、パフォーマプロミス(京都記念より) | トップページ | 「良く見えたけど買えなかった」デアレガーロ(京都牝馬S1着) »

私の愛馬ゆるピカ日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「ステイゴールドの輝き方」ステイフーリッシュ、パフォーマプロミス(京都記念より) | トップページ | 「良く見えたけど買えなかった」デアレガーロ(京都牝馬S1着) »