2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

« 「ここからがこれから」ヴァルディゼール(シンザン記念1着) | トップページ | 「明日晴れる」ジュールポレール引退 »

「とはいえ」ジュールポレール

2018_05_13_img_9999_2912018nmg

 レーシングカレンダーの3月を見ていると、3月31日で引退しなければならない存在にとっては、魅力的な番組が例年とは違って3月にあるかなと。
 まずは例年、社台系の最後の一戦の場となる中山牝馬S、牝馬にとってこのレースだけが引き際レースと思っていたけれど、例えば30日にはマイルのダービー卿があるし、31日には大阪杯がある、中山牝馬を使ってもまだもう一戦できるとか、マイルが得意だからダービー卿の方を引退レースに選べば、シッカリ乗り込めたりもするし。
 爪が悪く、樹脂を入れているような状態なので、限界が来る前にが希望だけれど、走れるのなら、勝つ可能性があるのなら、レースに使ってそれなりに価値を上げてもらってのほうが、会員としては儲かるし、馬の字面だけれど、ランクも上がるし。いづれにせよ3月31日時点での吉報を祈るしかないけれど。

« 「ここからがこれから」ヴァルディゼール(シンザン記念1着) | トップページ | 「明日晴れる」ジュールポレール引退 »

私の愛馬ゆるピカ日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「ここからがこれから」ヴァルディゼール(シンザン記念1着) | トップページ | 「明日晴れる」ジュールポレール引退 »