2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

« 「まだ秋の名残」グローリーヴェイズ(日経新春杯1着) | トップページ | 「いまだ黄金たり得ず」シュペルミエール(日経新春杯3着) »

「エメラルファイト、サトノソロモン、タニノミッション、マイネルウィルトスが気になる」

19012019_01_12_img_9999_203

土曜日白梅賞は、先週同様クロフネ産駒のマイル外周りということで、エメラルファイトが勝ちました。なんか、だんだん見ているうちにだんだんこの馬強いんじゃないのかって思える馬で、やっぱり勝ったかっていう感じの1着でした。

19012019_01_13_img_9999_65

日曜、大物と言われていたサトノソロモン、550キロを超える大物でした。写真見ていると、大型の馬体の割に、鋭敏まで行かないものの神経質な面は持ち合わせているかな。新馬は楽勝でした。この馬も6月デビューです。今年は実力馬に6月デビューが多いのが特徴かも。

19012019_01_12_img_9999_148

白梅賞の2着は、マイネルウィルトス、キリッとしていて、スクリーンヒーロー産駒、これから成長して、次走の結果次第では面白い存在になるかも。

19012019_01_12_img_9999_102

白梅賞人気になったタニノミッション、馬体は、この父にしては脚が長く、体高もあって良いなということだけれど、ウオッカのファンが少なくなったなぁが実感、返し馬の時なかなか加速しないような感じだったので、4コーナー曲がってガンと上げる感じのレースは出来ないので苦しいと思ったのですがその通りの結果にはなったと。

« 「まだ秋の名残」グローリーヴェイズ(日経新春杯1着) | トップページ | 「いまだ黄金たり得ず」シュペルミエール(日経新春杯3着) »

トピックス2019」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「まだ秋の名残」グローリーヴェイズ(日経新春杯1着) | トップページ | 「いまだ黄金たり得ず」シュペルミエール(日経新春杯3着) »