2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

トピックス2018

「理想郷の若者」サートゥルナーリア(ホープフルS1着)Saturnalia

2018_12_28_img_9999_3521812

 さてホープフルSはサートゥルナーリアでした。完璧に強かった。でもとも思います。まずは、当日の直線向かい風が強かったこと。外を回した差し馬は差せません。前半スローペースならなおさら。先行して、できれば直線、抜け出すまで前に風よけを作って抜け出すのが有利。それを一番強いと言われた馬がやれば楽勝にはなります。だから分かりません。
 もう一点は、もう一つの朝日杯等もそうだけれど、上位馬は、いわばあの狂気的に暑すぎた夏前にデビューした馬なんですね。だからよほど秋にデビューした馬は今年はレベルが低いというか順調に行けない馬が沢山いたと思います。
 10月ごろの例年デビューする馬のレベルが高い時期に勝ち上がった馬たち、ここがもう少しシッカリしていたら、勝ちタイムも今年は有馬記念が2分32秒台ですから、競り合いがもっと激しくなって自然と勝ちタイムは1秒は速くなってきたかなと。
 暑過ぎた夏で疲れがたまり、出遅れている馬の中に相当数素質を秘めた馬がしれません。それだけは考えておかないとと思います。個人的には、未完成な部分が多かったニシノデイジーがさほど差のない競馬をしたので、これはとは考えてはいますが。

2018_12_28_img_9999_4261812

 もう一つ、ルメール騎手の年間最多勝記録についてです。ホープフルSなどの開催日を含め、騎乗できる開催日が年間で増えましたので、武騎手の最多勝記録が破られる可能性は常にあり、215勝以上勝つジョッキーが今後出てきても不思議ではありません。
 ただ、ルメール騎手の記録を見てみると、関東に少し重心を移した2017年が199勝、そして2017年よりも関東の比率が高くなった今年が215勝ということで、関東で記録の半数の勝利数、で北海道と新潟で50勝しており、残りが関西地区でのものです。たしか最後の中山2日間で10勝近くしていると思いますが、最終日見ていてもなんだか関西で見る時より余裕をもって騎乗して簡単に勝っている印象を持ちました。良い馬が集まっていると言われれば仕方ないですが、関西の勝率の1.5倍の関東での勝率は、改めて関東の騎手の全体レベルの低さがあると断言できると思います。この状況でモレイラ騎手に免許が下りて関東で乗っていたら多分2019年から300勝近く毎年勝ってしまうだろうって想像ができてしまい、関東のサークル、メディアの面目丸つぶれ、ファンからは不信感が与えられ、関東の競馬自体が立ち行かなくなってしまう。これが不合格の主たる理由だったとなんだか、現時点では確信をもって思えてしまいます。

2018_12_28_img_9999_3891812

 この日も出遅れたとはいえ、前走先行していて楽勝して、パドックでも活気のあったキングリスティアを、スローペースが解り切っていて、直線強い向かい風で差すことが難しいとわかり切っているのにアッサり後方待機させてしまった関東のトップjジョッキーの騎乗には呆れるというか、それが許されるような状況があること自体許されないんじゃないのかって思いました。
 騎乗技術を磨いて、スキルを上げることって、タレントと付き合って結婚することより、はるかに簡単な努力ですむというか、全休の日に騎乗機会作って競馬に向き合っておればよいのですから、はるかに簡単なはずなんですが、それがなんでこうも集団まるごとできないのかがあたらめてわかりません。恥を知ってほしいが本音です。

2018_12_28_img_9999_1151812

 さて、もう一点、ちょっと不思議なのが、ルメール騎手が馬場の良いところを知り尽くしていることです。たとえば東京では、仮柵が移動しているのに、同じ場所をズッと走らせ続けて勝ち星を量産していました。外国のようにコースを全周10人近いチームで調べて事前に有利な場所を話し合う時間は日本にはありませんし、日本は朝から夕方までレースがあるので天候が変わって、馬場の良いところが変わる場合もあるのですが、逐一それが把握できているのがどうしてなのかが疑問というか、それに重きを置いている部分があるなと感じます。。そうなるとブレーン的なものを持っていると必然的に考えてしまうのですが、それが良いのかどうかが。
※PRとお知らせ、さて年末年始でカテゴリー「トピックス」「募集馬見学ツアー」を整理するなどブログの整理をする予定です。募集馬見学ツアーは2017年分を削除します。

Pr

「ガチンコ」チュウワウィザード(名古屋グランプリ1着)

2018_12_24_img_9999_1531

 青春18きっぷと楽天スーパーセールで格安のビジネスホテルとを組み合わせて、2泊3連続の競馬観戦、最後は一度は見たいぞハッピースプリントで、名古屋グランプリへ。最後は青空の下の観戦でした。

19012018_12_24_img_9999_139

相変わらずあおなみ線の往復切符提示で入れる指定席のブルーホールは前の方が日光で眩しすぎてガランとしており、そこでしばし休息して、ここで予想すると当たらんのが常なんだけれど、また予想してしまい。

2018_12_24_img_9999_147

 パドックでチュウワウィザードが良いのはわかるんだけれど、比較ができないので、ミツバが1着の馬単で少額で高配当狙い、ケチるんじゃなかった結果的には3頭の3連単ボックスが正解だったと。

2018_12_24_img_9999_27

 レースは、4コーナーポケットをスタートして2周する2500、そのため3度スタンド前を走るこのレース、独特の面白さがありました。最後はグリム、ミツバ、チュウワウィザードの、武、福永、川田のデッドヒート、でチュウワウィザード川田が1着、砂が深くてスピードが出ない分、馬体と鞭をぶつけ合うようなレースで迫力がありました。100点。
PRです。)

Pr_2

「振り出しに戻って今年もお終い」ブラストワンピース(有馬記念1着)

2018_12_23_img_9999_164

 中山の馬場は8頭目くらいまでが短く刈ってあって、それで雨が降って来て、芝のレースが多くて、内がその分荒れてきて、その外側が馬場の良いコースになって、関東に来るとレースに関東の騎手が入ってくる分レースがより甘くなって、その分勝ち星を稼げるルメール騎手が、難なくその芝の良い部分を突いてきている感じで有馬記念まできて、そこを通ったのがブラストワンピースだったと。なんだか東京でもこんなレースばっかりだったし、また中山でもでなんだか時計が速かろうが接戦だろうがアキアキした感じがありました。

2018_12_23_img_9999_275

 キセキを基準にすると、レイデオロとアーモンドアイは多分さほど変わらんでしょうから、この2頭の間にどれだけの馬が入れるかが自分としては焦点でしたが、最大3頭、最小1頭はそういう存在がいたという結果だったと思います。結局なにも生まれてこんかったんだろうと。
 パドックは、上の方から見たんでハッキリわからなかったですが、馬自体がというより2500という距離を戦う馬としては、レベル自体は数年前と比べても確実に落ちてきているかなと思いました。上の方から見ても馬体が光っていたミッキーロケット、中山での大幅馬体増が課題だったシュヴァルグランは変わりなく見えて、プラス2キロ、即ガンバレ馬券を購入しました。

2018_12_23_img_9999_215

 レースの印象は、「イシノアラシみたい」でした。菊花賞で絶対人気で負けたあと有馬記念を勝ったイシノヒカル、それがイメージとしては出てきました。長いこと競馬見てるとこんなもんです。写真は完敗です。Gシートの後ろの方から撮りました。よくぞ当たった有馬記念指定席。雨なのでとても助かったが本音です。
 

「ベストセヴンスペシャリスト」ダイアナヘイロー(阪神カップ1着)

2018_12_22_img_9999_234

ダイアナヘイローが、2つある阪神1400古馬重賞を同じ年に制覇して、このスペシャリストだったんかなと思った次第です。

2018_12_22_img_9999_227

この日は、夜に降った雨が上がって、ダートの1800で2秒くらい速い馬場で始まったのが、1時ごろには0.5秒程度時計的にはかかりだしたので順調に回復しているなと思っていたのですが、10Rあたりに降った雨がシッカリ量もあったので、これでは芝の薄くなっている内を通れる先行馬が有利であり、その通りになりました。菱田騎手はじめてのG2勝ちですね。

2018_12_22_img_9999_230

PRです。)

Pr

「気にはなるけれど」グランアレグリア

2018_12_16_img_9999_751812

 この馬もクロスノーズバンド、そして首のアクションが小さく、自分なりに楽に走れる時や、固すぎる馬場なら良いかもと思うけれど。この馬具のおかげでひょっとしたら。
 パドックで馬を見て思ったのは、意外と後足が細いという点、首が他の馬より下に降りないので、下におろすと馬具のおかげで痛いのかなと、そうなると血統的になんとなく早熟なような気もするし、首のアクションが小さいので1400くらいまでなんかなと思った次第。案の定失速してました。

2018_12_16_img_9999_791812

 ちなみにクロスノーズバンド、レースが終わると早い段階で外しているほうが欧州では多いかなと、表彰式で馬に鞍を乗せず、負担を軽くする理屈はあっても、馬具はそのままなんてことが日本では当たり前のように多くあるけれど、鞍を下ろしたら他の馬具も外せるものは外すのが馬のためかなとは欧州を旅して思いましたが。
 ここは人間のカッコが馬より優先する日本であり仕方はないのかもと。そういやこの厩舎のソウルスターリング、この前の府中牝馬Sでクロスノーズバンドに、口に硬質のマズルネットっぽいのを付けていました。お気の毒な感じが私はしましたが。
(PRです)

Pr

「着順も結果も異常なし」」アドマイヤマーズ(朝日杯フューチュリティステークス1着)

2018_12_16_img_9999_1351812

 グランアレグリアが人気だったけれど、2戦とも東京でのもの。前年の大雨の時、水が溜まる場所(やや低く、馬場も抵抗がある)とそうでない場所(やや高く馬場が固い)が、直線に沿って平行にあるのが分かったものにとっては、開幕週以外は、前年雨が溜まってなかった場所が他とは違ってよく伸びていた以上だったし、一番そこを厳しくついてレースをしたルメール騎手が勝ち星を量産するのもわかるし、勝った馬がレベルが違うように見えるのも仕方がないと思っていて。

2018_12_16_img_9999_1251812

 それならば、グランアレグリアは、そういう場所のない阪神に来たら、思われているより走らないのは当然のことで、ほかの世界レコードも含めて、全部この場所で行われたものであり、1秒程度以上足してみておく必要があるだろうと。
 パドックで、一番よく見えたのは、前走よりキリッとしてきて、仕上げたんじゃなく仕上がった感があるアドマイヤマーズ、土曜日の予想番組で穴馬と紹介されていて意識した中では、馬体に迫力あったクリノガウディーとあり、半信半疑でグランアレグリアって感じではあったと。馬券は当たりました。
 レースも写真見ている感じでは楽勝だし、そんなもんだろうなってレース前思っていた感じから少しもズレてはいなかったと。

2018_12_16_img_9999_1961812

 それにしても、年間最多勝の記録にあと僅かのルメール騎手、武騎手の時より、3連休の変則開催など、騎乗可能日数は4日は確実に増えており、早い話、この時点でペース的には追い越せないことになる、(でも年始は騎乗停止で乗っていないや海外遠征など比べられない部分はあるけれど)たしか武騎手の時は夏の小倉の固め打ちが決め手にはなったんだけれど、凄いペースで武騎手が勝っていたことに今さら驚く次第で。

「1番人気が勝つそれこそがファンタジー」ダノンファンタジー(阪神JF1着)

2018_12_09_img_9999_2381812

前走のファンタジーSの勝ち方があまりにも楽勝だったので、母系の血統的にプラス、ファンタジーS組からのこのレースの愛称の悪さを割り引いても強いだろうなとは思っていたものの。。いつもは返し馬を、一度スタンド前を歩かせて、長目を走らせる北村友騎手がそれをやらずにサッと返し馬に行ったので、これかなと思ってみたり。

2018_12_09_img_9999_2401812

風がパドックで感じない北風ということは直線向かい風でにはならずに、少しは追い込める風にダンダン変わってきていたので、土曜日のようにまともな直線強い向かい風だと追い込もうとしても無理だけれど。。その分土曜日の風のつもりで前に行った組は不利かなと。

2018_12_09_img_9999_2831812

分からない風の要素が大きいこの土日、いまだに混乱はしております。

「粉雪より淡く」パクスアメリカーナ(リゲルS1着)

2018_12_08_img_9999_1951812

 「今年の3歳はレベルが高い!」ってテレビとかで毎年言っているような感じがするのは自分だけでしょうか、去年もそう聞いていて、グラフにして誰かがしゃべっていたような、去年、前々年、そういわれていた世代を相手に3歳馬パクスアメリカーナが1着、3歳馬は強いんでしょうなぁ。

2018_12_08_img_9999_1891812

 向かい風が強い直線で、抜け出す直前まで前の馬を風よけに使った騎乗はさすがだと、なにしろこの向かい風、いつでも風を切っている騎手がひょっとしたら一番強弱を肌で感じない代物だけに、事前にこれくらいだろうを察しないと、その騎乗ができないはずで、鮮やかだったと個人的には思います。
 付け加えるとこのレースキョウヘイが激走しており、スペシャルウィークって冬が得意かなと何となく。

「鮮やかでしたでも」ルヴァンスレーヴ(チャンピオンズカップ1着)

2018_12_02_img_9999_1901812

昼に散水車がでて、2回撒いているんで、少しだけ馬場は基本的なタイムがあるとしたらそれよりも速かったと思います。なので、3着狙いなら差しがきくものの、他だとどうかなと思っていて。

2018_12_02_img_9999_2411812

本命のルヴァンスレーヴは好スタート、内枠、負けませんねぇ。。ただシンボリクリスエス産駒というとサクセスブロッケンであり、それの方がと思ってしまう時もあり、それが歯が立たないヴァーミリアンがいて。。いまはこれがいないので。。

2018_12_02_img_9999_1351812

PRです。ご祝儀お願いします。)

Pr

「王道の衝撃」アーモンドアイAlmondEye(ジャパンカップ1着)Japan cup 2018

2018_11_25_img_9999_1201811

 やっぱり勝ったか、強いなのあと、ロンジンの勝ち時計表示を見てビックリがレースの結果でした。年度代表馬確定。

 この日、指定席が当たらずに、ここならって箇所に行って座り込んで、レースを待ってになって、馬券は買って結局プラスだけど、110人ほどの椅子席に55人しか座らず、ほかは荷物置きという、椅子席での場所取りの醜さを眺めながら、(丁度同じような状況のロンドン地下鉄、ごみか荷物かわからない状態のところに仕掛けた爆発物のテロ、これは危ないなと時々考えながら)レースだけを見ながらジャパンカップを待っていました。

2018_11_25_img_9999_831811

 どのレースも時計が異様に速いんです。1000万条件で、さほどテンから行っていないのに1800で1分44秒台など、驚くような時計と、芝コース内側を通る馬がバテているのに差し返せるほど内側の馬場が軽い、4頭分が緑はあるけれど馬の蹄が隠れる程度、その内2頭分は特に固さがある、その外4頭分がやや軽く、その外は草も長いのだけれど、そこにしたって普段よりも短い芝丈に写真を見ると写っている。やはりこれも去年秋の大雨の影響がまわりまわった結果かと。 

 去年秋大雨で、芝がボロボロになった、春は応急処置したけれど、オークス前に土を入れて固めないとだ目な状態だった、秋は急速に芝を密集させて育成したけれど、それが最後になって晴天続きと野芝が剥がれて、短く固く走りやすい馬場に内2~3頭分はなったと。でジャパンカップは、そこにこだわってレースをした馬が3着までを独占したと。

2018_11_25_img_9999_821811

 こうなると、外国馬は来れません。スタート出てからが元来遅いから内側のポジションを前目でとれるのは不可能だし、そこへきて、ゲート試験のための時間を割かなければならず、もう1~2本の追切ができない、なら来日を早目にと思われるかもしれないけれど、ブリーダーズカップの結果と香港の登録とを見比べなければ何も決まらない日本側の招待システムになってしまっていて、優柔不断な招待方針とゲート試験だけは厳格に実施するお役人丸出し主義、だからモレイラ騎手は失格なんですが、机上満足主義が充満しており、   カプリだって父ガリレオなんで、本国で種牡馬にするよりは日本に買ってもらった方がっていうところもあるから来ているんでホントに本気なのかというか、こんなやり方で本気になる奴がいるのかどうか。

2018_11_25_img_9999_801811

 勝ちタイムだけれど、当日の1000万1800で1分44秒台なので、36秒足すと、2分20秒になり、さほど驚かないレベルのかなと。
 驚愕の時計より面白いのがパトロールフィルム、ルメール騎手の周りの馬を気にせずに内側をとりに行く一周目、抜くまで最内を走らせる最後の直線、ミルコのなりふり構わず、内に入れる1週目の騎乗は、晴天続きで、最終週で芝のレースが多く、内側の芝がますます剥がれて根に近い分しか残らず超高速化したこの馬場の特殊性を見て取れると思います。

2018_11_25_img_9999_1071811

 パトロールフィルムはもう一つ、ルメール騎手の府中牝馬、天皇賞、ジャパンカップとほとんど馬場で通っているところは縦位置で同じ、仮柵が開催が進むにしたがって外に来ている分内側を通っている感じがするけれど、縦位置で見るとほとんど一緒、つまり一番馬場の軽いところを知っていると。
 キセキなんて天皇賞では丁度ジャパンカップのラチ沿いになるポジションへ天皇賞の時は直線外側へ出していたりする。つまり縦位置で言えば、伸びるところは変わらなかったということ。そこをいかに取るか、いかにそこをとるまでに前目で良いポジションにいるかが勝負の重大なポイントになったと。
 その有利な場所の芝が剥がれて短くなった状態に加えて晴天が続いてとんでもない高速馬場になったのがジャパンカップ、そこを通っての驚異的レコードタイムであると。馬場の特性について詳しくはこのブログの天皇賞のところを見てほしいけれど、この秋芝の馬場を急激に回復させたのでこういうことが起こってしまったと。

2018_11_25_img_9999_1331811

 ただ、ルメール騎手、レースで通る馬場の位置に加えて、返し馬の時に通らせる馬場の位置も決めているような気がすると思う、つまり少し重めのところを返し馬では走らせておいて、レースではそれより軽いところを必ず通ているような。それに加えて他よりも返し馬のキャンターの距離を短めにしてとか速さも他より遅い感じがして。重さを返し馬で感じさせ、レースでは軽いところを最後走って、馬の気分をもたせる効果。軽くすることで、レース前の疲労感を抑える効果。その辺が絶妙なのだろうと。一番軽い馬場の部分を見分ける力と合わせて、この返し馬のマッチングが東京コースではルメール騎手は絶妙かなと。

2018_11_25_img_9999_1291811

(馬場の草丈の差を感じてもらえるには絶好の一枚かなと、馬の後ろの黒ずんでいる部分でも十分に草丈は低いけれど内ラチ沿いはもう一段低くて芝がまばらで、土がいれてあって、固くしてあってで、多分内側を通るのと4頭分くらい外を回るのでは最低でも2秒弱は変わるかもしれない。)

 返し馬の強弱について、持ち馬が極悪馬場で長目の返し馬をされたときにクレーム付けたら関係者も関係ないって言ってたってお前は変わりものだって散々バカ扱いされたけれど、欧州行っても返し馬の疲労度はみんな考えてるし、日本人より優秀な外国では中堅クラスの外国人騎手だってちゃんと考えてるかもしれないし。。今回あらためて意識の差を感じたし、それが一役買った大レコードでもあると。意識の差も大きさでもあるし、レース前から差があるんじゃ勝てっこないはず。
2018_11_25_img_9999_1171811
 個人的には、キセキも2分20秒台で走れているのが嬉しい、母親は元持ち馬、それも下河辺牧場で歩かせてもらって感動して買った馬、牧場での調教中に転倒してそれでものにならんかったけれど、その子供がこうして凄いタイムで走れているのは嬉しいこと。だけれど騎手が早目に諦めて腰、上体を上げてしまっているのが残念な点。逃げ馬での活路を求めるなら、これはイカンと。
 こうなると海外でしょうが、55キロのドバイは良いとして、58キロの欧州はどうするんだろうって、いっそのことブリーダーズカップの方がっていう風に思うけれど、その方が間隔を大きく取れるけれど、それよりは55キロで出られるジャパンカップで連覇の方が美味しいだろうけれど。 

2018_11_25_img_9999_421811

(馬が蹴っている土の上がり方を見ると内側に多めに土が入れられて固められているのがわかります。)

(PRです。ご祝儀お願いします。)

Pr

より以前の記事一覧