2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

« 「ひたすら戦うあなたの旅に幸あれと」シュペルミエール(オリオンS1着) | トップページ | 「気にはなるけれど」グランアレグリア »

「着順も結果も異常なし」」アドマイヤマーズ(朝日杯フューチュリティステークス1着)

2018_12_16_img_9999_1351812

 グランアレグリアが人気だったけれど、2戦とも東京でのもの。前年の大雨の時、水が溜まる場所(やや低く、馬場も抵抗がある)とそうでない場所(やや高く馬場が固い)が、直線に沿って平行にあるのが分かったものにとっては、開幕週以外は、前年雨が溜まってなかった場所が他とは違ってよく伸びていた以上だったし、一番そこを厳しくついてレースをしたルメール騎手が勝ち星を量産するのもわかるし、勝った馬がレベルが違うように見えるのも仕方がないと思っていて。

2018_12_16_img_9999_1251812

 それならば、グランアレグリアは、そういう場所のない阪神に来たら、思われているより走らないのは当然のことで、ほかの世界レコードも含めて、全部この場所で行われたものであり、1秒程度以上足してみておく必要があるだろうと。
 パドックで、一番よく見えたのは、前走よりキリッとしてきて、仕上げたんじゃなく仕上がった感があるアドマイヤマーズ、土曜日の予想番組で穴馬と紹介されていて意識した中では、馬体に迫力あったクリノガウディーとあり、半信半疑でグランアレグリアって感じではあったと。馬券は当たりました。
 レースも写真見ている感じでは楽勝だし、そんなもんだろうなってレース前思っていた感じから少しもズレてはいなかったと。

2018_12_16_img_9999_1961812

 それにしても、年間最多勝の記録にあと僅かのルメール騎手、武騎手の時より、3連休の変則開催など、騎乗可能日数は4日は確実に増えており、早い話、この時点でペース的には追い越せないことになる、(でも年始は騎乗停止で乗っていないや海外遠征など比べられない部分はあるけれど)たしか武騎手の時は夏の小倉の固め打ちが決め手にはなったんだけれど、凄いペースで武騎手が勝っていたことに今さら驚く次第で。

« 「ひたすら戦うあなたの旅に幸あれと」シュペルミエール(オリオンS1着) | トップページ | 「気にはなるけれど」グランアレグリア »

トピックス2018」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「ひたすら戦うあなたの旅に幸あれと」シュペルミエール(オリオンS1着) | トップページ | 「気にはなるけれど」グランアレグリア »