2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

« 「弾け方注意報」ルヴォルグ(10月28日新馬1着) | トップページ | 「確実な伝達」トオヤリトセイト(11月3日1400新馬1着) »

「教訓」サクソンウォリアー2018 SaxonWarrior

Img_84082018nmg


 さて、2018年の平地競馬のシーズンがブリーダーズカップで、いわゆる芝レースを中心、ヨーロッパのサラブレッドを中心としたシーズンが終わります。ウィンクスがなんぼ強いと言ってもゴドルフィンの4番手くらいに少しは苦しんでいるのだから、ヨーロッパのサラブレッドは強いんでしょうし、5年ほどヨーロッパに行って見ていて少しづつレベルが上がってきているのかなと感じています。

Img_84012018nmg

 さて今年はディープインパクト産駒のサクソンウォリアーが2000ギニーを制しましたが、その後エプソムダービーで4着、愛ダービーで3着、連闘でエクリプスS10ハロンで僅差2着、体調不良が中間あったヨークのインターナショナルS10ハロンで4着、そしてアイルランドのチャンピオンS10ハロン僅差2着、レース後サンデー系無理に使えば屈腱炎で引退という成績でした。負けた馬は10ハロン戦はロアリングライオンとエプソムダービーはマサーでありともにレベルが高い馬、愛ダービーではレース後成績の振るわない馬に負けました。つまりロアリングライオン、マサーに勝った8ハロンは圧倒的、10ハロンで首位争い、12ハロンでは普通の馬以上程度であったという成績でした。

Img_856618nmg

 この結果って面白いっていうか、現在日本の競馬もマイルから10ハロンまでは海外でもバンバンG1を勝ちまくっていて、他の距離はそれほどっていうことが多いので、それがそのまま出ているのかなと感じます。多分日本の競馬はサンデーサイレンスによってレベルは確かに上がったけれど、その分12ハロン路線では段々戦えなくなっていると感じますね。

Img_799518nmg

 ディープインパクトって晩成の遺伝子を持ってるんだそうです。愛ダービーの後連闘で10ハロンのG1を使っておいて、シーズン後、成長がもう一つだったなんてオブライエン調教師言っていたけれど、そんなたわごとは置いといて、晩成の遺伝子を持っているから早熟な馬というか2歳の重要なレースを勝っているとか、春のクラシックシーズンで好成績だったとか、そういう馬と交配してるんだそうです。そういう組み合わせでジェンティルドンナとか生まれてきてるのでやめられなくなっているわけです。

Img_847018nmg

 やがてどうなるかといえば、だんだん12ハロンというか8ハロン以上の距離の日本馬全体のパフォーマンスが下がってくるんじゃないのかって思うんです。それもじわっとじゃなくてガクンガクンと音を立てて。12ハロン戦以上を国内で日本馬ばっかりでやってる時は良いんです。ジャパンカップだって、日本の気候に特化した芝の馬場で、ゲート試験と滞在場所を1度変えなければならない条件では、強い馬来るわけないですから国際競争の意味はもうないですし。現に去年の有馬記念のタイムなんて稍重に近い馬場でルドルフが最後だけ追っただけの有馬記念よりタイムが遅くなっているわけだし。レベルが下がるというより12ハロン路線の崩壊は結構進んできてるんだと思います。

  そうなると勝つべきレースは凱旋門賞じゃなくて、例えばブリーダーズカップマイルとかそういう矛先になってこないと行けないんじゃないのかって思うけれど。

  ヤッパリそれじゃ面白くないから、例えば菊花賞を国際レースにして、それで日本の中の長距離路線も確立して、長距離に強い馬も12ハロン戦に参加してくるとちょっとだけだけれど、戦いが10ハロンの延長の12ハロン戦じゃなくなってくるとそれなりに間違いで海外でも通用する馬が出てくると思うんですが。

(↓PR)です。

Pr

« 「弾け方注意報」ルヴォルグ(10月28日新馬1着) | トップページ | 「確実な伝達」トオヤリトセイト(11月3日1400新馬1着) »

叙情的駄作集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「弾け方注意報」ルヴォルグ(10月28日新馬1着) | トップページ | 「確実な伝達」トオヤリトセイト(11月3日1400新馬1着) »