2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

« 「またこの秋もクライクライクライ」カテドラル(野路菊S1着) | トップページ | 「まだ夏の名残か」イッツクール(ききょうS1着) »

「違いを感じた時」カンタービレ(ローズS1着)

2018_09_16_img_9999_831809

さて、サクソンウォリアーが、使い詰めに走って、結局屈腱炎で引退になってしまい、なんとなくそのニュースを聞きながらディープ産駒で母父ガリレオまではおなじ配合のカンタービレをみると、なんとなく背中のラインから後脚のあたりの感じは似ているのかなと。

2018_09_16_img_9999_771809

サクソンウォリアーが一番強かったのは、ロアリングライオンを問題にしなかった2000ギニー、2歳からトライアルを使わずに本番を圧勝したと、そうなると久々ってこういうタイプ強いんじゃないのかって。変な予感だけがあたった日曜でした。

« 「またこの秋もクライクライクライ」カテドラル(野路菊S1着) | トップページ | 「まだ夏の名残か」イッツクール(ききょうS1着) »

トピックス2018」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「またこの秋もクライクライクライ」カテドラル(野路菊S1着) | トップページ | 「まだ夏の名残か」イッツクール(ききょうS1着) »