2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

« 「ゆるやかにひかりはじめるなら」スティッフェリオ | トップページ | 「ファインなスタート」ファインニードル(セントウルS1着) »

「夢でもなく幻でもなくマサーが世界一」マサーMasar(EpsomDerby winner)

Img_19052018epsom

さて、ヨークのインターナショナルSが終わって、ロアリングライオンが完勝。キングジョージ勝の2着ポエッツワードに3馬身以上の差をつけた。

Img_19231806eps

ポエッツワードは、たしかレイト1ポンド差で世界第2位のランクであり、3歳であるポンド差を差し引いて3馬身差を加えても多分ポエッツワードを上回ってくる感じになる。そうなると。

Img_852518nmg

このロアリングライオンに今シーズン3度対決して負けなかった馬が1頭いる。それがダービー馬マサー。たしかに2000ギニーは3着だけれど、枠順そして、馬場の良いところを走れなかった不利、スタートの出の悪さなど、全ての不利が重なっただけ、同じような馬場の位置を通ったロアリングライオンは5着、ギニートライアルでは約10馬身差をつけてロアリングライオンに勝ち、ダービーでは、同じようなところを走って最後で2馬身放した。勝負付けが済んでいる感じになる。

Img_809518nmg

そうなると、マサーが実際は世界で一番の。。たしかに故障して今年は出てこないのだけれど。。2度見られたことに感謝。(写真は上2枚がダービー、下が2000ギニー)

« 「ゆるやかにひかりはじめるなら」スティッフェリオ | トップページ | 「ファインなスタート」ファインニードル(セントウルS1着) »

叙情的駄作集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「ゆるやかにひかりはじめるなら」スティッフェリオ | トップページ | 「ファインなスタート」ファインニードル(セントウルS1着) »