2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

« 「勝たせてやりたかった」ワンブレスアウェイ(マーメイドS2着) | トップページ | 「募集馬見学ツアーは迷宮2018」サマーナイトシティーの17、エレインの17 »

「サクソンウォリアーから学べ!」Saxon Warrior(募集馬見学ツアーへ)

Img_84012018nmg

 さて、サラブレッドクラブの今年の募集馬の見学ツアーが今週末に迫ってきました。毎年前半に行っていたので、後半のツアーに参加するのは初めてです。

Img_84062018nmg

 イギリスまで出かけて行った経験がどれだけ役に立つのか、今年に入って、グループ内の唯一のG1勝ちはジュールポレール、先週はワンブレスアウェイが重賞2着、パスしようとしていた今年の募集に余裕をもって参戦できます。

Img_84082018nmg

 もちろん一口(40分の1)の値段が高級車より高いディープ産駒には手が届かないばかりか、400分の1でも一口30万超えになるキャロットクラブの募集さえ今から恐怖が募るばかりですが。

Img_80462018nmg

 価格が安いオルフェの中にアタリがないか、なにしろ「わたしの競馬写真術ノート1.1」で少しばかり解説してしまったので、その原則があたっているか。。あらたな不安も自分で増やしてしまいました。

Img_39782018nmg

 募集カタログを見ているとディープ産駒の牡馬の出来はかなり良さそうで。。そうなると牝馬、ロードカナロアは高いなぁ。。。
 シッカリ目を凝らさなければと思う反面、何人か知ってる牧場の方が良い馬の担当だと、気楽に話も聞けて助かるんですが。。。幸運がありますように。
 写真は2000ギニーのサクソンウォリアーです。これからはガリレオの血脈も日本にいても無視できないでしょう。参考までにどうぞ。
 それにしても、体高が「高くて、それでいて足も長く力強くて。。。いるんでしょうか。。

« 「勝たせてやりたかった」ワンブレスアウェイ(マーメイドS2着) | トップページ | 「募集馬見学ツアーは迷宮2018」サマーナイトシティーの17、エレインの17 »

叙情的駄作集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「勝たせてやりたかった」ワンブレスアウェイ(マーメイドS2着) | トップページ | 「募集馬見学ツアーは迷宮2018」サマーナイトシティーの17、エレインの17 »