2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

« 「きんかめ商店繁盛中キングカメハメハ産駒」募集馬見学ツアー2018 | トップページ | 「ハンパない奴は高かったな今年も。。。申し込み完了」募集馬見学ツアー2018 »

「夢は荒野にディープインパクト産駒」募集馬見学ツアー2018

Img_0125201806

(ドバイマジェスティの17)

 最後になりました。高くて私には400分の1のキャロットでさえ買えない感のあるディープインパクト産駒です。ハヤランダ、ニンフ、リリーオブザヴァレーは前出の記事をご覧ください。
 そういや、エプソムに今年行ったときに、63年続けてきているというオジサンに出会い、日本語読みのつまりインパクトの方にアクセントを持ってこない言い方を注意されたりしましたが。
 

Img_0072201806

(シユーマの17)
 ディープ、キンカメなどを見ているとなんでこの馬たちの何分の1かは、未勝利で、多くは500万でになってしまうんだろうと不思議に思えるというか、これからの人の関わり方のレベルを上げないと思います。
 ヤッパリ、人の関わり方の大事さは、ディープ産駒の結果が見せる牧場間の差、海外と国内の結果の差などを比較しても明らかです。

Img_0094201806_2

(プラウドスペルの17)

 騎手も大事なんだけれど、もしモレイラ騎手が日本に来るようなら、常に複数の外国人の一流騎手がレースに乗ることになり、外国人騎手のコーナーワークの厳しさは努力を怠った日本人騎手をすぐにはじき出してしまい、レースのレベルは上がってしまうので年老いてドバイでの落馬のトラウマがとれないのを馬の性にしている騎手は、本なんか出してないですぐ引退、若手騎手は私生活を忘れて研鑽に没頭しなくてはならなくなるでしょう。
Img_0123201806
(スターアイルの17)
 そんなことないよ日本のレベルは関係者が言ったことが正しいと大樹が大好きな人は言われるかもしれませんが、ちょうど福永騎手がダービー勝ったので、天才と言われた福永洋一騎手を思い出してみると、ちょうど武騎手が干されたと言われた状態で100勝以上してるんです。武騎手は60勝でした。

Img_0250201806

(アメリの17)

 当時は、厩舎が相撲の一門のようになっており、どれでも乗れるわけではなかったし、基本的に1日11レースだったし、1日5鞍以上天才と言われ続けた騎手でも乗れない状況だったし、一門の凡馬と素質のある他の一門の馬なら、迷わず一門の馬をとらなければならない時代だったからダービーを勝つこともなかった。

Img_9731201806

(スタセリタの17)

 だからその状況で100勝以上を何年も続けるのは奇跡的なことでした。つまり今のトップは、その最高のものと比べると6割程度のパフォーマンスなんです。いわば4割できていない。これを自覚してほしい。いま競馬をみているとこの自覚が不足してるんです。関係者すべてに。だから、こんな世界的に通じる素材が20近くいても1頭位しか育ってこない。馬だけでは4割を埋めきれない。

Img_9858201806

(アヴニールセルタンの17)

 日本の競馬は、馬券の売り上げが、馬の値段になる仕組みなので、馬券の売り上げさえ保っていれば、関係者は、お金もたくさんもらえるし、儲かるし、お金もうけた人がこの国では人格的にも偉いから、偉そうなことを人格者として正義として言えます。だから、それでいいってなってる、だからこのグループの意見が通る、それだけでレベルが低いのは変わらない。
 現状維持するだけでかなり良くなったって思えるのが第一次産業の欠点だから、その中でレベルを上げ続けるのは大変なのはわかるけれど、チャレンジしようとせずわかり切ってるみたいなことを言うのは良くないというより、今の人のレベルでは許されていないと思います。

Img_9938201806

(ベストロケーションの17)

 そういや、2日目のホテルロビーの出発時に、ドカンと数少ないソファーに腰を下ろしてふんぞり返って、ツアー参加者の必死の質問に答えていた関係者がいました。
 もちろん儀礼的な挨拶など一切ない。私は別のバスがきたので、先に乗ったけれど、そのバスの担当者でなければ、挨拶も見送りも席を譲ることもしない態度にあきれたもんです。
 内側ではキッとみんなこうなんだろうなって感じもしました。。同じ状況なら福永100勝武豊60勝それが今の日本の競馬の人的な状況。みんな毎日馬を扱っていても40%競馬のことなんて知らない、これを肝に銘じてほしいそう強く思った次第です。

« 「きんかめ商店繁盛中キングカメハメハ産駒」募集馬見学ツアー2018 | トップページ | 「ハンパない奴は高かったな今年も。。。申し込み完了」募集馬見学ツアー2018 »

募集馬見学ツアー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「きんかめ商店繁盛中キングカメハメハ産駒」募集馬見学ツアー2018 | トップページ | 「ハンパない奴は高かったな今年も。。。申し込み完了」募集馬見学ツアー2018 »