2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

« 「名のみの春に咲く花よ」スワーヴリチャード(大阪杯1着)Suave Richard | トップページ | 「冬がもどってきたら花は?」ミスパンテール(阪神牝馬も快勝!) »

「どつくぞ」「自己中下手がやってどうするんじゃ」(阪神牝馬Sより)

2018_04_07_img_9999_1341804

ゴール直前のことと思って写真をみたら、結構長く(一連の斜行の事例より)長く)不利を受けたジュールポレール。

普段こういう場合、パトロール見ると被害馬がふらついてる場合もあるが、今回は一番まっすぐ被害馬が走ってる。

2着馬のレッド、3着馬に大きく、4着馬にも不利を受けている。2着馬が外に膨らんでくるのをみて少し控える形になったところを、3着馬、4着馬が囲まれており、3着馬は他の進路を取れたがなぜか、斜行を選んだので大きく不利を受ける結果となった。

4着馬、3着馬の騎手は、鞭を持ち替える技術がなく、また不利を与えることを少しでも避けようとしていないので、被害が長くなってしまった、5着馬に足が残っており不利を受けた分も下がっていないことを考えると、早めにひかなかったら死亡事故の可能性あり。

なぜ5着馬の被害が大きいかは、直線の向かい風が強いので、5着馬などを風よけに使ったから、そのすぐ横にしか当然進路がないから。つまり風よけに使った3着馬、4着馬は5着馬より脚に余裕がなかったからそうしたのだと思う。

2018_04_07_img_9999_1261804

(前というかもう被害を予想して、5着馬だけ控えている。70m前)

3頭が絡んで1頭をイジメた形になり、脆弱な制度と採決では降着制裁なしになってしまうけれど、被害を受けなかった馬の隊列(着差)は、事象の前後で変わっていない。こういう場合被害馬の脚がなくなっているケースがあるけれど、被害以上に着差はついていないので、現実的には脚は残っていて、安全を考えて引いたために脚がなくなった形になってる。

変な話だが、5着馬もこの場合まともに騎乗せずに早めに内側に切れ込んで、1,2着馬を立ち上がらすくらいにして追い込んで勝ってしまい、それで2,3着馬どちらかが1,2着馬を交わせば、それで騎乗停止まであるかもしれないが1着になれた可能性もある。被害の程度は同じ。

降着騎乗停止が2~4着馬にないので、次回からはこうして差し支えないはず。

2018_04_07_img_9999_1341804_2

(3着馬はずっと、2着馬の斜行の次に、3着馬が斜行ゴール50m前)

 ※気になるのは2着馬が斜行した際に3着馬がより内側に意図的に斜行させていること。3着馬の騎手は被害馬に騎乗経験があり、圧倒的な1番人気の時に、外に出せるスペースを使わずに内側の馬群に閉じ込めて馬圏外に負けさせている。今回なぜか意図的に長く斜行させている。3着馬は1着との着差はどこを通しても変わらない。向かい風がきつくて馬が斜行するならその分考えて乗るべきだがワザとやらなかった。自分お下手さが被害を生んでいる。元来競馬嫌いだからまた自分のテレビで噓ついて謝りもせんでしょうが。技術不足は自分で何とかしてほしい。

 2着馬は鞭を入れている側に斜行している。

 あの自分の愛馬なんで、まずは馬が心配です。次に早めに控えたために着順は下がって、目標のヴィクトリアマイルに出られなくなりましたが、これだけ斜行した側が50メートル以上、やり続けましたので、控えるのが遅ければ死亡事故になったと思いますのでそれにならなくてよかったと。あとは3着馬にワザとやられた分傷みが激しいはず。それが心配です。

2018_04_07_img_9999_1421804

(ゴール前3着馬は約50m不利を与え続けていたことになると、特徴的なのは、ずっと引っ張っているのに着差が開かないこと、つまり不利がなければ。。。)

 個人的には※も気になりますが、やっぱり2~3着馬の騎手も下手なのに遊んでるからこうなるんだと、凄く良い素質の馬がいて海外の大レースを勝てんのはヤッパリこいつらの性なんだとわかりました。

 それから一口馬主が競馬の一部分を支えている部分もあるので、法務局で土地取引の際に利用できる簡易訴訟制度に競馬法も加えてもらって、だれでも利害関係者は簡易訴訟ができる制度を早急に作ってもらえないでしょうか。

 訴訟してもほとんど負けるでしょうが簡易訴訟だとたしか6万円ほどと費用も安く、訴訟の決定内容は個人のものとなりますので、後で個人が公開することができます。公開出来ればどんだけズサンかわかるはずですし、そうでもしないと閉鎖的な社会に良いようにやられてしまうどこかの国技のようになっていしまいます。

 それに、そうでもしないと採決の中にに斜行なんて死亡事故でもないと罰しないからドンドンやれって弟子にハッパをかけている人に対抗できません。

 

 

« 「名のみの春に咲く花よ」スワーヴリチャード(大阪杯1着)Suave Richard | トップページ | 「冬がもどってきたら花は?」ミスパンテール(阪神牝馬も快勝!) »

トピックス2018」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「名のみの春に咲く花よ」スワーヴリチャード(大阪杯1着)Suave Richard | トップページ | 「冬がもどってきたら花は?」ミスパンテール(阪神牝馬も快勝!) »