2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

« 「2着の方が気になる」オールフォーラヴ(忘れな草賞1着) | トップページ | 「なにもしてあげられないまま散ってしまうのがね」ジュールポレール(阪神牝馬S5着) »

「ザロケットウーマン」アーモンドアイAlmonde Eye(桜花賞1着)Oka Sho

2018_04_08_img_9999_2981804

 前日とは比べ風は穏やかになったし、風は冷たいけれど条件は大舞台にふさわしいものだったと。パドックでリバティハイツの出来がもう少し上がった方が良かったかと思った以外はみんな良いデキだと思いました。

2018_04_08_img_9999_2961804

 特にアーモンドアイ、マイナス2キロなのに充実した馬体、前走シンザン記念の時はガリガリに見えたのにそこからマイナスなのに細い感じはなく充実してるし感じが凄いと。毛艶は良いし、目は輝いているし、馬が素晴らしい方に変わってきたと感じました。

2018_04_08_img_9999_2851804

 レースは、平均ペースで緩みがないので、先行馬に辛く追い込みが届きやすい展開、芝のレースをこの週末結構な数、前日は重馬場から回復する途中の馬場でやられたこともあり、1番枠から内内をずっと先行したラッキーライラックには理想のレースをしても馬場にも不安定な部分もあって若干辛かったレースになったかなと。

2018_04_08_img_9999_3041804

 なんというかアーモンドアイの末脚も独特というか、姿かたちが似ているので強い時のミッキークイーンというか。。一気に追いついてくるというより、ドンドン最後に向かって早くなってくる末脚は、感動ものでした。

2018_04_08_img_9999_1381804

 レース後リプレイを見ているとツヅミモンも頑張っていて、騎手の差を加味するとシンザン記念と勝馬とは同じくらいの着差であり、ひょっとしたら驚くほど勝馬が強いまでは行っていないのかもと思うことと、今年のシンザン記念のレベルの高さと、そのレースも見ておれた幸せとを一緒に味わうことができたのでした。

2018_04_08_img_9999_2121804

(2着はラッキーライラック)

(さてPRもさせてください)

1801

レースを楽しみながら、競馬写真を安定して撮るための電子書籍を作りました。このブログの写真は、たった一つのメソッドに簡単な隠し味的設定をして撮っています。興味のある方は是非よろしくお願いします。

« 「2着の方が気になる」オールフォーラヴ(忘れな草賞1着) | トップページ | 「なにもしてあげられないまま散ってしまうのがね」ジュールポレール(阪神牝馬S5着) »

トピックス2018」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「2着の方が気になる」オールフォーラヴ(忘れな草賞1着) | トップページ | 「なにもしてあげられないまま散ってしまうのがね」ジュールポレール(阪神牝馬S5着) »