2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

« 「花の大障害へ踏み切ってジャンプ」アップトゥデイト(阪神スプリングジャンプ1着) | トップページ | 「2018私のダービーの夢終わる」シュナイデン(ゆきやなぎ賞3着) »

「最後の傑作は女王」サトノワルキューレ(ゆきやなぎ賞1着)

2018_03_10_img_9999_2101803

愛馬を応援に出かけたゆきやなぎ賞、敵は同じステイゴールド産駒かサトノワルキューレ、パドックは馬体減ながら完璧だったと。

2018_03_10_img_9999_2111803

この日、北西風が強くて西北西に向いている直線は向かい風、多分内ラチ沿いや、馬が固まる内側が風よけが出来て有利、そのため内側の馬場が例年よりも良くて、先行有利と言っていたテレビ観戦の人もいるほど。
スローのところでまくっていっただけだし、その時は馬群で風よけが出来ている部分だし、鞍上の良い判断だったはあるかもしれないけれど、強い。。。なんで桜花賞使わんのだろ。それが気になるけれど。

2018_03_10_img_9999_2781803

どんな条件でも、長く良い脚を使える彼女、角居厩舎の最後の傑作はやはり女王なんでしょうか。

« 「花の大障害へ踏み切ってジャンプ」アップトゥデイト(阪神スプリングジャンプ1着) | トップページ | 「2018私のダービーの夢終わる」シュナイデン(ゆきやなぎ賞3着) »

トピックス2018」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「花の大障害へ踏み切ってジャンプ」アップトゥデイト(阪神スプリングジャンプ1着) | トップページ | 「2018私のダービーの夢終わる」シュナイデン(ゆきやなぎ賞3着) »