2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 「僕が100になるころ彼はバイアリータークと呼ばれているかな?」キタサンブラック引退式1月7日Kitasan Black | トップページ | 「アーモンドにしてはボリュームたっぷり」アーモンドアイ(シンザン記念1着) »

「言い訳を考えるか思い切った判断をするか」レッドレオン(1月8日新馬1着)

2018_01_08_img_9999_1331801

 さて、1600の新馬戦、パドックでのお目当ては、アリマージュ、第一希望で申し込んだが外れた馬、素晴らしいデキで、たしかにディープ2頭も良いデキだけれど、負けようがないなと、心配なのは、馬体重が420を切っているので、念押しに減量の若手騎手が、大ヘグリをすること。でも新馬戦で、スタートさえ良けりゃ、中団とり前の位置で行けるし、直線でドンだし、秋の道悪で傷んだ内側は芝を総取り換えしてるから、ある程度直線ドンでは、有利不利がないしで負けは考えにくかった。欲しかったなぁ。。姉、姉と2頭持ってるのに。。。
 レースはスタートしてすぐに遅めに落ち着いて、いつものレースでアリマージュのガンバレ馬券が美味しい結果をもたらすはずが。。。ミルコのレッドレオンが、向こう正面でまくっていき、それにびっくりした鞍上が、そちらを見ることで、重心が後ろになり、あまりのビックリ加減に馬は進むことを邪魔されて、後手後手に、そうか若手で、ぬるいから、途中でまくれば、頭の隅にもないからあわてて自滅するって。。その手があったかって。。
 直線もハミのところから血が滲んでいたくらいだから、どこかで下手打って、傷がついたんだろうけれど、その性か追われてからすぐには反応がなくて。。それに勝った馬はまくって、この思い馬場を粘り切ってで、思い切り力があったから。。気になるのはさっそく言い訳をしていたこと、壁がどうだの、進めないだの、しっかり想定してこないから、スローペースまくられただけで、慌てまくって、馬が心配して、それでだめになっただけでないの。。

2018_01_08_img_9999_1311801

 よくソラを使うっていうけれど、例えばエリモジョージの福永洋一騎手、結果は楽勝なのに、直線でソラを使う前に、鞭を連打している。ムチではないけれど、外国人騎手も同じようなことやってる場合があると思う。事前に防ぐことをしないで、ソラだって、言い訳にしているのが今の騎手。。長いこと見ているとこれが不思議、馬の性にして逃げれるところは逃げるのを構わない当然としているのは可笑しくない?なんで若いのにそんなことだけ覚えるの?少しは馬に乗ること覚えたらどう?
 さて勝ったレッドレオン、今年はアーリントンカップが4月に以降して、マイルカップを狙うなら2月デビューでも十分間に合うことになり、それまでに賞金など自分に有利な条件を積み上げることができる勝利、大きな1勝でした。逆に負けたアリマージュにとっては、素質だけなら上位クラスなのに一気にクラシック戦線が終了に近くなってしまい。。。

« 「僕が100になるころ彼はバイアリータークと呼ばれているかな?」キタサンブラック引退式1月7日Kitasan Black | トップページ | 「アーモンドにしてはボリュームたっぷり」アーモンドアイ(シンザン記念1着) »

トピックス2018」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「僕が100になるころ彼はバイアリータークと呼ばれているかな?」キタサンブラック引退式1月7日Kitasan Black | トップページ | 「アーモンドにしてはボリュームたっぷり」アーモンドアイ(シンザン記念1着) »