2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

« 「成長を見る嬉しさ変化を見る苦しさ」モルトアレグロ(紅梅S1着) | トップページ | 「まずは一輪花が咲く」パフォーマプロミス(日経新春杯1着) »

「力を出し切って輝く美しさ」エテルナミノル(愛知杯1着)

2018_01_13_img_9999_1841801

このレース、自分の持ち馬が2頭出ていて、直線どうだっていうところをエテルナミノルにドカンとやられて、ガッカリしたんですけれど、レースはここから面白かったっていうか、なにしろ葉山に出たところから粘りに粘って、追い込み勢を完封して初重賞制覇、レースとしては1級のものだったと思います。

2018_01_13_img_9999_1831801

本来、力をためてゴール前で差しきるのがカッコいいのかベストなのかはしれませんが、またレースの常識のようにされるのですが、僕はそれより少し早めに脚を使って最後は、騎手の技術とそれに応えようとする馬、応えようとする気持ちになった馬が、心が通じあわせた人と馬が頑張るのが競馬の醍醐味だと思っています。

2018_01_13_img_9999_1701801

結果的にそうなったのかもしれませんが、こうレースは素直に美しいなと思うんです。

2018_01_13_img_9999_1061801

Cover2131710

PR)我流でやってきた競馬写真の技術を公開する電子書籍「わたしの競馬写真術ノート」を作成しました。我流ですが簡単設定です。このシャンティイの項目のその2、その3は同じ設定、考え方で撮っています。競馬は時速60キロでレースが行われるため競馬を撮れる技術があればほとんどの屋外スポーツを撮りこなせることができます。そのためスポーツ写真が趣味の方にも大いに参考になると思います。またいままでカメラにまかせっきりにして大事な場面で決定的なショットを逃された方に必見の書となっていると思います。どうぞよろしくお願いいたします。 

 

目次をカテゴリー「わたしの競馬写真館」「に掲載しております。どうぞこの機会に、ご検討のほどよろしくお願いします。

 

« 「成長を見る嬉しさ変化を見る苦しさ」モルトアレグロ(紅梅S1着) | トップページ | 「まずは一輪花が咲く」パフォーマプロミス(日経新春杯1着) »

トピックス2018」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「成長を見る嬉しさ変化を見る苦しさ」モルトアレグロ(紅梅S1着) | トップページ | 「まずは一輪花が咲く」パフォーマプロミス(日経新春杯1着) »