2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

« 「言い訳を考えるか思い切った判断をするか」レッドレオン(1月8日新馬1着) | トップページ | 「ありがとうをもう一度」シャルール(愛知杯6着) »

「アーモンドにしてはボリュームたっぷり」アーモンドアイ(シンザン記念1着)

2018_01_08_img_9999_2831801

雨の中、パドックで各有力馬特に牡馬の出来の悪さにはガッカリしました。人気のファストアプローチは外向で脚を放り出してまともじゃないし、他にも太目が目立つ馬だとか、評判だけれどそんなことない馬だとか、成長してない馬などなど、ホンマに重賞かいなと思いました。目立ったのはツヅミモン、シンボリクリスエスの系統の特徴か馬はホントに良く見えて、迫力もあって。。

2018_01_08_img_9999_2811801

アーモンドアイは、ガリガリにやや近い体形でどうなんだろって、でも460キロ台の馬体であり、雨が降ったんで、少し馬格がないとと思っていたのでやっぱりこれかなって。。。

2018_01_08_img_9999_2711801

鞍上の戸崎騎手は京都苦手の印象があるけれど、この日はここまで絶好調で、ちょっとスピードが落ちた馬場の方が、普段の高速馬場より乗りやすいのかなって9レースを勝ったときに思ったりもして。。

2018_01_08_img_9999_1921801

レースは、ちょうど引退式の本馬場のキャンターをやったコース、つまりは今年は内は芝を張り替えていて外は秋の道悪馬場の影響がある馬場でやっているので、内側の一番外側が安全で走りやすいといえば言えるコースになるけれど、そこをほんとあっという間にやって来て、並びかけて、それなりに流れているのを追い抜いて、差をつけてと、たいした勝利になりました。

2018_01_08_img_9999_2931801

凄いのが現れたんですが、あまりにもメンバーがカスカスのような、重賞勝ち馬のカシアスだって、やっぱり1400までかもしれないし。。ただキッチリ権利を獲得できたのは大きい、これは良い、春から縁起がいいとはこのことだと。

Cover2131710

PR)我流でやってきた競馬写真の技術を公開する電子書籍「わたしの競馬写真術ノート」を作成しました。我流ですが簡単設定です。このシャンティイの項目のその2、その3は同じ設定、考え方で撮っています。競馬は時速60キロでレースが行われるため競馬を撮れる技術があればほとんどの屋外スポーツを撮りこなせることができます。そのためスポーツ写真が趣味の方にも大いに参考になると思います。またいままでカメラにまかせっきりにして大事な場面で決定的なショットを逃された方に必見の書となっていると思います。どうぞよろしくお願いいたします。 

目次をカテゴリー「わたしの競馬写真館」「に掲載しております。どうぞこの機会に、ご検討のほどよろしくお願いします。

« 「言い訳を考えるか思い切った判断をするか」レッドレオン(1月8日新馬1着) | トップページ | 「ありがとうをもう一度」シャルール(愛知杯6着) »

トピックス2018」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「言い訳を考えるか思い切った判断をするか」レッドレオン(1月8日新馬1着) | トップページ | 「ありがとうをもう一度」シャルール(愛知杯6着) »