2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

« 「まずは善戦マンに復活を!」フェルメッツァ(中山金杯出走) | トップページ | 「馬は競馬に飽きないんだろうか」ブラックムーン(京都金杯1着) »

「一次試験は難解」アイトーン(福寿草特別1着)

2018_01_06_img_9999_1611801

このレース、というかこの時期の京都の2000、3歳戦、逃げ切りが多いです。何の気なしに逃げ切りを許してしまう感じで評判馬が負けます。差しきって勝つ馬は強いです。これは、若駒ステークスにも言えること。

2018_01_06_img_9999_921801

逃げ切ったアイトーンは強いです。でもこれを差しきった馬が、クラシック候補だったのですが、現れませんでした。ということは、このメンバーレベルは低い、強いと自分は思っていたのですが。そうなるとこれと比べて来た馬たちも強さの印象を一段引き下げなければなりません。まだまだチャンスが後続組にもあるということなのかもしれません。

« 「まずは善戦マンに復活を!」フェルメッツァ(中山金杯出走) | トップページ | 「馬は競馬に飽きないんだろうか」ブラックムーン(京都金杯1着) »

トピックス2018」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「まずは善戦マンに復活を!」フェルメッツァ(中山金杯出走) | トップページ | 「馬は競馬に飽きないんだろうか」ブラックムーン(京都金杯1着) »