2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

« 「割り増しか割引か分からないけれど」ニホンピロタイド(1月14日京都新馬1着) | トップページ | 「力を出し切って輝く美しさ」エテルナミノル(愛知杯1着) »

「成長を見る嬉しさ変化を見る苦しさ」モルトアレグロ(紅梅S1着)

2018_01_14_img_9999_1331801

モルトアレグロは、函館の新馬戦で見た馬で、その時は非常に形が良くてもう出来上がっていて今日は強いかもしれないが、後はどうかなと思いましたが、そこからここまでで、カッコいいというより、力強く、逞しくなってきていて、それが戸惑うというか。パドックみているとどうかなって。。迷う苦しさがありますね。でも強くなったことは強くなったと。先週のシンザン記念よりこっちのほうがって思う部分もありました。

2018_01_14_img_9999_1371801

 それからこのレース、1番が早く歩いて、最後の馬に追いついてしまって、止まれの合図の時、2番を先頭にしていたのは疑問だった。

 1番が先頭でパドックに入ってきたから当然1番が最初に止まるのが当たり前、そうでなければ合図を掛けるものが、なんらかの配慮をしてから合図をするか、それとも何周か前に少しそういうことを促すのが決まりだけれど、なんら見て見ぬふりで当たり前のように、2番を先頭に止めてしまって合図をしていたが、これって構成という観点から見ると、小さいことかもしれないが不合理だし、とくに京都では若い方が合図を掛ける時に、それまでの周回を全く見ずに時計だけ気にして、自分の都合でやってしまっている感じだから、品質的にも悪いし、1番が圧倒的な人気だったから、それに配慮したように見えるのは、不快だし、ちょっと内部で社員教育をやり直してもらえないだろうかと。

« 「割り増しか割引か分からないけれど」ニホンピロタイド(1月14日京都新馬1着) | トップページ | 「力を出し切って輝く美しさ」エテルナミノル(愛知杯1着) »

トピックス2018」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「割り増しか割引か分からないけれど」ニホンピロタイド(1月14日京都新馬1着) | トップページ | 「力を出し切って輝く美しさ」エテルナミノル(愛知杯1着) »